« 横浜中華街 | トップページ | 三浦淳宏泥沼化? »

2007年6月26日 (火)

三浦淳宏の男気

サッカーJリーグ、ヴィッセル神戸・三浦淳宏選手の退団が決まりました
三浦淳宏選手は日本代表歴もある選手です

2005年ヴィッセル神戸へ東京ヴェルディから移籍してきて
その年、ヴィッセルはJ1からJ2へと降格します
日本代表級の選手はそういう時、大抵J2ではプレーしないと
J1の他のクラブへ移籍していきます
しかしアツは違いました

「J2のチームからは代表へ選ばない」方針だった当時の日本代表監督ジーコ
2006年ワールドカップイヤーだったその年は
アツにとっても大きな意味があったはず
日本代表へ選ばれる可能性もありました

でもアツは「日本代表」よりも「自分のチーム」を選びました

自分が移籍してきて一年でJ2へ神戸を降格させてしまった事に責任を感じて
「一年で神戸をJ1へ復帰させる」を公言してチームに残留しました
そして公約通り主将としてチームを率い見事一年でJ1へ返り咲きました

こんな男気がある選手はなかなかいないと思う
育ててくれたチームをあっさり捨てて強豪チームに移籍する選手も当たり前にいる中
(プロスポーツなんだからそれは当然の権利ですが)
選手よりチームそのものを愛するサポーターにとっては涙がでるような事です

以前TVで三浦選手の奥様が出ていて
(奥様は天然ボケの可愛らしい人でしたが何と元女子サッカー日本代表
 元タレント・元アイドルとか訳のわからない女の子と結婚するサッカー選手が
 多い中そのあたりも共感できる)
神戸の降格、昇格の期間はとても辛い日々だったようです
J1昇格を決めた時の男泣きは今も記憶に残っています

外見ちょっとホスト風でチャラチャラして見える三浦選手ですが
内面は強い気持ちとキャプテンシー溢れる選手だと思います

「J1で優勝して、神戸でスパイクを脱ぎたい」とまで言っていたのに
監督との間で行き違いがあったようで謹慎処分になったり
結果、チームを去る事になりました
チームメイトやサポーターからあんなにも信頼されて愛されていただけ
苦渋の決断だと思います
ヴィッセルの今までの経緯からしてもチームのフロントには疑問を感じます
もしフロンターレでも同じような事があったら・・と思うとやりきれない

もしアツが他クラブの選手として神戸と対戦する事があれば
神戸サポーターからはきっと大きな拍手が贈られることでしょう

アツには新天地で頑張ってもらいたいです

|

« 横浜中華街 | トップページ | 三浦淳宏泥沼化? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦淳宏の男気:

« 横浜中華街 | トップページ | 三浦淳宏泥沼化? »