« ツバメ飛行中 | トップページ | 虹の彼方へ »

2007年6月12日 (火)

沙羅双樹

この季節だけ咲く花で大好きな木があります

沙羅双樹(夏椿)の木です
明るい緑の葉に白い繊細な花びら
木の幹の木肌もとても綺麗です
木自体が楚々とした美しい木です

沙羅双樹というのは本当は熱帯性で夏椿とは別の木です
(沙羅双樹が釈迦と関係があるので)昔の僧侶が
夏椿を見て「これが沙羅双樹だ!」と思い込み日本ではそう名がついたとか

平家物語の

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ

の沙羅双樹は夏椿だと言われています

花びらが一日しかもたず、ぽとんと落ちてしまう様が
はかなさを表しているんですね

沙羅双樹を初めて見たのは鎌倉の明月院(あじさい寺として有名)
咲き誇る紫陽花よりも大きな沙羅双樹の木に心奪われました

白い花の色のなんとも言えないニュアンスが好きです

Img_1777_1

|

« ツバメ飛行中 | トップページ | 虹の彼方へ »

コメント

”沙羅双樹”のタイトルを見てすぐ、平家物語の文が浮かびました。
名前の響きも素敵ですよね。
でも、夏椿とは別物なのね・・・。
椿や山茶花に比べると葉っぱが薄いですね~。

投稿: shiho | 2007年6月13日 (水) 09時25分

椿と違って落葉樹なんです
葉も花も繊細で好き

夏椿より沙羅双樹の響きの方が素敵ですよね
本当の沙羅双樹はインドの高地などで生えるそうで
仏教では聖木なんですって

投稿: cherie | 2007年6月13日 (水) 11時12分

仏教ネタは、ほっとけない私…。
お釈迦様が亡くなったときに咲いた花よね、沙羅双樹は。
白い花とは知っていたけど、これがそうなのか…
将来庭のある家に住めたときに、桜とともにぜひ植えたいわ。

投稿: みやちゃん | 2007年6月15日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/6751484

この記事へのトラックバック一覧です: 沙羅双樹:

« ツバメ飛行中 | トップページ | 虹の彼方へ »