« インドネシアの旅〜クラブラウンジ | トップページ | インドネシアの旅〜バリ・ヒンドゥー »

2007年11月22日 (木)

インドネシアの旅〜ワルンジョグジャ

インドネシアの御飯屋さんでも色々あります。
観光客がいくようなレストランは衛生的にも安心だし雰囲気も素敵だけど
それなりに日本と変わらない(かもう少し安いか)値段がします。

ワルンというのは食堂で、雑貨屋と兼業していたり
ローカルの人達ばかりの観光客にはちょっと衛生的に心配(でも美味しそう)なところや
ちょっと小綺麗なところなど色々タイプがあります。
でもワルンは全般的に非常に安いし美味しいので行かない手はないです!

そんな中でも気に入って二回行ったのがホテルのすぐ近くにあったワルンジョグジャ。
P1030495
全体的に清潔で
厨房ではおばちゃんが腕を振るっています。
働いているのは女の子達でみんなハキハキしていてすごく可愛くて感じがいい。

ローカルの人から長期滞在っぽい欧米のお客さんまで幅広く食べにきていました。








ついた初日の夜に初めて食べたのがここの御飯。
Img_2303 照明が暗いので画像悪いですが・・

ナシゴレン(インドネシア風炒飯)
ここのナシゴレンはアヤム(チキン)の
細く裂いたのが入っていて美味しい〜!









Img_2305 ナシチャンプル(ご飯の上にお惣菜が乗ってる)
こちらにも裂いたチキンやゆで卵
テンペ
もやしや空芯菜みたいなお野菜など。

あとじゃがいもやお野菜が入った
ココナッツ味の辛くないスープがついてきます。
スープがまた美味しい。

奥に見えるのはアヤムゴレン(フライドチキン)



ご飯を食べていると、バリニーズの若い男の子2人が日本語で話しかけてきました。
一人は我那覇(川崎フロンターレの選手/沖縄出身)に似ていて
もう一人はニットキャップをかぶった色黒のおしゃれな男の子で
普通に渋谷とか歩いていても違和感のないハンサム君達でした。
この旅で出会った日本語のしゃべれるインドネシア人のなかでもダントツの流暢な日本語。
聞けばニットキャップくんは世田谷に住む日本人の彼女がいるとのこと。
バリ初日で私はそうとうその日本語のうまさに警戒し(騙されたりしないかなぁとか)
口数も少なく、会話は夫にまかせきりでしたが、
夫は結構色々話をしていました。
ところどころで「サーフィンはしないの?」とかオススメするような会話もあったので
彼らは個人的にガイドを買って出てチップをもらっているんだろな〜と推測できました。
(実際数日後、我那覇似の彼が日本の老夫婦と車で出かけていたのを見たし)
でもバリに慣れてくるとそうやって生計を立てている人々が多い事がわかって
やたら警戒した態度をとってしまった事にちょっと後悔したりしました。
もちろん悪意があり観光客に近づいて麻薬とか賭博に巻き込むことも多々あるので、
警戒する事も必要だとは思うんですけどね(とくに女性はジゴロに騙されたりすると聞くし)
彼らもここにはよく食べにくるようで、
「ここは安いし美味しいんだよね〜チキンカレーがおすすめだよ」←もちろん日本語。
と気さくに他にも色々バリについて教えてくれたりしました。
彼らが帰り際握手を求めてきたので握手をして別れたんですが
人間として警戒心を見せてしまったことは悪い事したな・・と反省しました。

そして私達が会計をする時に、私の腕をスタッフの女の子がくいっと引っ張って
夫の事を
「Boyfriend?Husband?」と私に聞いてきたので
「My husband」と答えると、中にいた他の女の子達に
「なんだ〜旦那さんなんだって〜」って感じに報告していました。
そして私に「He is handsome」って言ってきました。
そういえばニットキャップくん達にも私達の事を何か聞いてたっぽかったしなぁ〜。
凄いな〜夫のモテ度はワールドクラスだ(笑)
それを言ったら「たぶんアジア圏だけだと思うけど」と夫は言っていた。

数日後、また晩ご飯にワルンジョグジャへ行く。
だって美味しいし安いし、夫はモテるし(笑)
バリ我那覇オススメのカレアヤム(チキンカレー)を頼む。
P1030459あぁ〜やっぱり美味しい。
ココナツ味でマイルド。全然辛くない。
中には柔らか〜くなった骨付きチキンとゆで卵。
上に乗ってる香草も何かわからないけど美味しい。

そしてここの器がレトロっぽくてまた可愛いのよね。








ちなみにお値段はだいたいナシゴレンやカレアヤムで一品Rp13000(約170円)くらいです。
ビンタンビールの大瓶でもRp18000(約230円)なので二人でお腹いっぱい食べても
600〜700円くらいです。本当に安くて美味しい。
ここはバリに行ったら絶対にまた食べにいきたい。

|

« インドネシアの旅〜クラブラウンジ | トップページ | インドネシアの旅〜バリ・ヒンドゥー »

コメント

キターーーッ。食べ物編!
お話は聞いていたけど
やっぱり写真つきは断然ッ説得力
ありますね~うまそほ~♪

投稿: かいこ | 2007年11月23日 (金) 00時08分

ダーリン、ほり深いし背高いし、もてるのわかるわ~
うれしい反面、気をつけてしっかり目をひからせてなきゃ??
ご飯どれもうまそー!アジアのココナツミルクや野菜を使った料理が大好きだから、私も行きたーい
辛くはないんだ!

投稿: leina | 2007年11月23日 (金) 05時29分

かいこさん
写真もっと上手に撮りたかったんですがちょっと暗くて。
また違う食べ物編も今度アップしま〜す

leinaちゃん
友達の旦那さんもバリでかっこいいと言われたそうで、
やっぱり背が高くて顔立ちが濃いから、そういうタイプがモテるのかも。
お料理はね、思ったより全然辛くないの!
でもワルンやレストランでそれぞれテーブルにサンバル(唐辛子やにんにくを混ぜた香辛料)が置いてあって、皆それを好きに混ぜて辛さを調節するみたい。

投稿: cherie | 2007年11月24日 (土) 21時46分

おおぅ。だんなさまモテましたね。
いいなぁ。leinaさんのだんなさまもcherieさんのだんなさまもかっこいくって。
うちはセサミストリートだからなぁ。(謎)
日本語流暢なバリの人・・・あたしも絶対警戒しちゃう。

投稿: mii- | 2007年11月24日 (土) 22時17分

バリ飯はハマっちゃいますよね~♪
カレー美味しそう!!ココナツ味付けには目がない私です☆
ご主人ハンサムさんなんですね~羨ましい~。
ちなみにうちはシンプソンズです。(爆)
miiさんにちょっと親近感♪(勝手にすみません)

投稿: army | 2007年11月26日 (月) 12時27分

mii-さん
セサミストリートって(笑)
その中でどのキャラクターですか!?
誰にも見せない謎の旦那さま。

armyさん
カレーめちゃくちゃ美味しかったですよ~!
セサミの次はシンプソンズ(笑)
逆にみなさんの旦那様が気になります(笑)

投稿: cherie | 2007年11月27日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/8963780

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜ワルンジョグジャ:

« インドネシアの旅〜クラブラウンジ | トップページ | インドネシアの旅〜バリ・ヒンドゥー »