« インドネシアの旅〜ワルンジョグジャ | トップページ | インドネシアの旅〜象に乗る »

2007年11月24日 (土)

インドネシアの旅〜バリ・ヒンドゥー

イスラム教徒が主なインドネシアにあって、
バリ島はバリ・ヒンドゥー教を信仰しています
もともとバリ島にある土着の精霊信仰とヒンドゥー教が混ざりあった独自の信仰です。

人々の生活でもそのバリ・ヒンドゥー教は色濃く見て取れます。
お寺も街中に沢山あるし、チャナンと呼ばれるお供え物が毎朝
家の前やお店、ビーチまでいたる所へ捧げられます。

P1030376 レギャン地区の寺院。
石像に巻いてある白黒チェックの布はpolengポレンと言って
昼と夜、善と悪を表した聖なる布です。
ケチャでもこの布を腰に巻いている。
でも儀式だけの用途ではなく
レストランやホテルでも普通に使っても良いものらしい。
そのへんのゆるいところもバリ風。









Img_2638 ビーチにもチャナン。
花やお菓子やお米などで出来ている。

毎朝新しいものが捧げられる。
それを犬や鳥が食べてたりする。












Img_2378ホテルの敷地にもお供えする場所が。
神棚のような感じなのかな。

チャナンは面白い事に、
ショッピングモールの中の各店舗の前にもきちんとお供えされている。
土に還ることもないからどうするんだろ。











Img_2496ウブドの寺院に沢山捧げられたチャナン。
色とりどりで綺麗。












Img_2518ウブドにて。
子供の手をひいてチャナンをお供えに行くお母さん。






















Img_2463ウブド、モンキーフォレストにて。

花を一輪手に取ってチャナンに聖水を振りかけ
祈りを捧げる女性。
仕草が美しい。













|

« インドネシアの旅〜ワルンジョグジャ | トップページ | インドネシアの旅〜象に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/9094390

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜バリ・ヒンドゥー:

« インドネシアの旅〜ワルンジョグジャ | トップページ | インドネシアの旅〜象に乗る »