« インドネシアの旅〜ヤントさん | トップページ | インドネシアの旅〜プランバナン寺院 »

2007年12月22日 (土)

インドネシアの旅〜ジョグジャ植物編

植物大好きヤントさんに色々な植物について教えてもらった。

Img_2827 小指の爪くらいの小さな赤い実。
こんなに小さくても柑橘系の実で、
香りもちゃんとみかんのような爽やかな
とてもいい香りがする。

実をつぶすと透明なべたべたした液がでてきて、これを爪に塗るとつやつや光って透明なマニキュアを塗っているような感じになる。
昔の女性はこの実をそうやってマニキュア代わりに使っていたんですって。






Img_2826 この木は直接幹に実がなるタイプの植物らしい。
まだ花が咲いているところ。



















Img_2848 インドネシア名でLici
「ライチ」














Img_2850Mangga
「マンゴー」
















Keban 日本の発音だと「カバン」と聞こえる木。
この実は食べられない。
左が花で右が実。
この実はかゆみ止めに昔から使われているらしい。
Img_2866Img_2864


Jambu ジャンブー
不思議な形の実。
ヤントさんの説明によると、赤い実の部分も食べられるし、
実の部分から、まがたま状に出ている部分が種子で
この種子の部分を椰子油で炒めて食べるとピーナッツなんかよりも断然美味しいんだ!と
聞いていたのでどんなものかと思ったら、むこうで買った図鑑でしらべたら
「カシューナッツ」だと判明。
うん、たしかに美味しいもんね。
Img_2883Img_2884

地面にころころと落ちている実があって、綺麗な紫色のこの実は「サブ」という実らしい。
甘くて美味しいよ、とヤントさんが半分に割って勧めてきたので
落ちてた実だし、大丈夫か!?と思ったけど
もう旅も最終日だし「ええぃままよ!」と思って食べてみた。
白く半透明になっている部分を食べてみると南国の果物特有のぬるっとした感じだけど、
味はびっくり、日本の柿の味でした。
Img_2890Img_2891

|

« インドネシアの旅〜ヤントさん | トップページ | インドネシアの旅〜プランバナン寺院 »

コメント

おー落ちている実を食しましたか!勇気!
しかし沢山ごろごろあるんですね。実泥棒とかいないのかな。
沢山あるから取ってもいいのかな。

投稿: mii- | 2007年12月23日 (日) 12時36分

食べましたよ!ちょっと勇気いったけど(笑)
果物の宝庫でしたよ。
たぶんあんだけ自然にもごろごろなってるから取ってもよさそうな気も。
でもマンゴーなんかでも種類があって美味しい美味しくないとかあるらしいから
きっと栽培されている物の方が美味しいのかも。

投稿: cherie | 2007年12月24日 (月) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/9442561

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜ジョグジャ植物編:

« インドネシアの旅〜ヤントさん | トップページ | インドネシアの旅〜プランバナン寺院 »