« インドネシアの旅〜ジョグジャカルタ王宮 | トップページ | インドネシアの旅〜ジョグジャ街歩き »

2007年12月19日 (水)

インドネシアの旅〜タマン・サリ

タマン・サリとういのは「美しい園」の意味。
王家の離宮の沐浴場。

Img_2834 Img_2836

王宮にもあった舌を出したこのマークは魔除けだそう。
元々怪物で不死の水を飲んだが退治され首を切られ、水は首までしか届いていなかったので
体は死んで、頭だけ残ったそうです。

Img_2831 塔の上に登って下の沐浴場を見下ろせます。
塔の前後に沐浴場があって、
正妻用、お妾さん用と分かれているそうです。
ここで王様は今晩のお相手を決めていたそうな。

一夫多妻制の国なので
ある時の王様なんて正妻、お妾さんあわせると
20人以上もいたそうな。

現在の王様は歴代で初めて正妻さん一人だけなんだそう。
















Img_2835_2
タマン・サリの中に作られていたツバメの巣。
お家の素材がインドネシア風。

|

« インドネシアの旅〜ジョグジャカルタ王宮 | トップページ | インドネシアの旅〜ジョグジャ街歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/9430493

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜タマン・サリ:

« インドネシアの旅〜ジョグジャカルタ王宮 | トップページ | インドネシアの旅〜ジョグジャ街歩き »