« インドネシアの旅〜ジョグジャ植物編 | トップページ | Merry Christmas ! »

2007年12月23日 (日)

インドネシアの旅〜プランバナン寺院

ジョグジャカルタにはボロブドゥール寺院遺跡群の他に世界遺産があります。
ヒンドゥー教の遺跡の中ではインドネシア最大のプランバナン寺院群。
1991年に世界遺産に登録されました。

プランバナンは紀元900年頃に建立され、その後大地震で廃墟と化し放置され、
1733年に再び発見、修復され1991年に寺院全体が復元されました。
仏教王国シャイレンドラとヒンドゥー教王国サンジャヤが併行して栄えていたため
仏教とヒンドゥー教の建築様式が混在している建造物です。

プランバナン寺院はシヴァ堂を中心とするチャンディ(寺院・祠堂)と
それを囲むプルワラ(小祠堂)の大小240の堂からなる複合体で、
そびえ立つチャンディはヒンドゥー教の三位一体(シヴァ・ヴィシュヌ・ブラフマーの三神)
と各堂の前にそれぞれのヴァハナ(神の乗り物の堂)があります。

*ここでちょっとヒンドゥー教のお勉強
  シヴァ神(破壊神・乗り物はナンディという牛 息子は象の顔をしたガネーシャ)
  ビシュヌ神(維持神・乗り物はガルーダという鳥の王)
  ブラフマー神(想像神・乗り物は水鳥ハンサ)

Img_2889 想像以上に大きな建造物です。
中央がシヴァ堂。













実はこのプランバナン遺跡、2006年5月27日未明に起きたジャワ島中部地震で大きな損害をうけました。
上の写真の右側にも修復の為の足場を組んであるのが見えます。

Img_2852 “GEMPA”は地震の事。
大きな石が崩れ落ち
大損壊なのがわかります。

この地震で5千人もの方が亡くなり2万人以上が負傷したそうです。

ヤントさんの家も被害にあったけれど、家族が皆早起きだったため難を逃れたそうです。寝坊助だったら家の下敷きになっていた所だったとか。







Img_2861地震以前は建物内部に入る事もできましたが、
現在は危険なため外側からしか見る事ができません。
去年は建物の近くに寄る事もできなかったようですが、
現在は柵があり、建物の外側近くまでは寄る事ができます。

ヴァハナの内部写真。
シヴァの乗り物ナンディの像があります。
ガルーダとハンサは昔から盗まれたのか、壊れたのか見つかっておらず、破壊神の乗り物だけが残っているのが何を感じます。











Img_2863今にも石が崩れ落ちそうです。
本当は全て解体して石を組み直すのが相応しいと言われているようですが、修復は大変そうです。













Img_2876外側のレリーフ。
キンナラ(人首鳥身)が。

















Img_2843このヒンドゥー教の形には何か惹かれるものがあります。
ボロブドゥールもすごかったけど、プランバナンも素敵です。
















 

|

« インドネシアの旅〜ジョグジャ植物編 | トップページ | Merry Christmas ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/9444560

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜プランバナン寺院:

« インドネシアの旅〜ジョグジャ植物編 | トップページ | Merry Christmas ! »