« クリスマスの贈り物 | トップページ | インドネシアの旅〜日本帰国 »

2007年12月25日 (火)

インドネシアの旅〜帰国便

楽しかった旅も終わり、日本に帰る日が。
ジョグジャカルタからは日本への直行便はないので
ジョグジャカルタのアディスチプト空港から
同じジャワ島内にある首都ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港まで乗り継ぐことになります。
帰国便は夜で、しかもスカルノ・ハッタ空港内で2時間半ほど待たなければいけません。
ついたのは21時頃で、出発は23時半。
夕食も空港内で適当に食べようと思っていたら、ちょうどほとんどのお店がガラガラとシャッターを閉め出す頃・・・。
数件のお土産やさんがやっているだけで、食べ物屋さんは閉店。
どうしよう〜お腹減った・・。
しかたなくかろうじてやっていた売店でパンとお菓子と飲み物を買ってしのぎました。

バリ島からもガルーダ航空の直行便はないので(日本航空はある)
だいたいこの遅くになってみんな日本へはジャカルタで乗り継ぎになります。
バリからの便はジョグジャカルタからの便より到着が遅いので日本人の姿はまだ見えず。
お店も閉まってする事もないので早めに出発ゲートへ行っておく事にしました。
手荷物検査へ行くと係員が「NARITA?」と聞いてきてゲートをくぐって手荷物検査。
その手荷物検査はそうとう適当。日本人って信用されるんだろうけど、大丈夫なのかな〜。

しばらく出発ロビーで待っていても他に人が現れる気配なし。
いるのは私達とインドネシア人女性一人と、日本人らしき男性ひとりの4人だけ。
ボーディングブリッジの向こうに飛行機は見えないし、なんだか真っ暗。
それでも結構待って、出発まであと30分くらい。
んん〜!?なんかおかしいぞ!?
夫がロビーを戻って見に行きます。
すると走って帰ってきて
「大変!ゲートが変更になってる!!」

ええ〜っ!!!!!
急いで荷物をまとめます。やっぱ変だと思ったんだよね〜・・・
ハテナ?って感じで見てるインドネシア女性にも
「ナリタ?ゲートチェンジ!」とアヤシイ英語で教えてあげると
「オーマイガッ!!!」と叫んで一緒に走って行きました。
もうひとりの日本人男性も気がついてついてきます。

ぐるっとまわって違うゲートに行くと
うわ〜日本人がいっぱいいるよ。そしてすでに搭乗始まってるし・・・。
出発もどうやら早まっていたらしくギリギリセーフでした。

でもどう考えても不親切。
空港によくある搭乗を知らせるモニターも私達がまっていたゲートにはなかったし、
係員もいないし。
(スカルノハッタはメイン通路から枝分かれした廊下の先にゲートがあるので他の様子もわからない)

最後の最後でインドネシアの洗礼をうけたのでした。


|

« クリスマスの贈り物 | トップページ | インドネシアの旅〜日本帰国 »

コメント

うおお。デンジャラス。
外国の空港ってどんな罠があるか、ドキドキしますね。
あたしもタイで、まる1日キャンセル待ちを探しまわった(日本便は1週間後まで空きは無いといわれ)悲しい思い出あります。こわいよぅ。

投稿: mii- | 2007年12月26日 (水) 14時32分

アメリカの空港も何度も何度もゲートが変わるって聞いたよ~!!
カナダではそんなことなかったから、びっくりしたの☆

気づいてよかったね!!

投稿: shiho | 2007年12月26日 (水) 21時22分

mii-さま
タイで一日待ちですか!?
異国の地でそれは恐ろしい〜。
日本便が一週間先まで空きがないってそんなこともあるんですかね!?

shihoさま
スペインでもゲートが変わった事があって
モニターがあるから結構普通に気がついたんだけど
モニターもなし、係員もなしじゃ(しかも夫が気がついたのはモニターの下に紙が貼ってあって書いてあっただけらしい)困っちゃいますよね〜
shihoちゃんは英語ができるからいいよね〜
私なんて英語もできないし、呆然とするしかないわ(笑)

投稿: cherie | 2007年12月27日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/9477250

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアの旅〜帰国便:

« クリスマスの贈り物 | トップページ | インドネシアの旅〜日本帰国 »