« あなたがいたから | トップページ | 新顔 »

2008年4月27日 (日)

あなたのために

J1第8節 VS柏レイソル

この試合は負ける訳にいかなかった。
関塚監督のために。高畠新監督のためにも。

試合前に関塚監督への横断幕(この写真を見る  )に私もサインした。
サポーター皆のメッセージは
関さんへの感謝の言葉と、フロンターレへ帰ってきて、という内容が連なっていた。
関さんは本当に愛されている。

配られていたビラにも関さんの顔写真とメッセージ。

「関塚監督への恩返し」

関さんが今までやってきたことに間違いはないことを証明するため
フロンターレを愛する全ての人間が 今こそ一つになり
共にチームを支えていこう

まだ戦いは始まったばかり 下を向いている暇はない
俺達の想いを声に込め 拳に込め 選手の心に響かせよう

川崎を愛し 川崎と歩み 川崎をここまで成長させてくれた関さんに
勝利の悦びをプレゼントするために

Mind-1

この試合の前は必ず泣いてしまうのを覚悟していった。
案の定、試合開始前のオーロラビジョンのVTRでは
関さんの為のVTRと関さんからのメッセージで涙がとまらなかった。

その後、武田社長から経緯の説明があって
「関塚監督は元気になって必ずや戻ってきます」って言ってくれたのでほっとした。
みんなが望んでいるのは元気になって関さんがまた戻ってきてくれる事。

試合は前半は選手達のあまりにも勝ちたい気持ちが空回りしていた感じで
前半終わって柏に2点リードされてのビハインド。

ハーフタイムでもこの日は川崎サポーターはチャントを歌い続けるのをやめなかった。
私もハーフタイム中ずっと声を枯らしながら歌い続けた。
選手達がピッチに戻ってきた頃には鉄のハートを歌う。
あとからケンゴのコメントでロッカールームでもずっと聞こえていたそう。
それぐらいしか私達には出来ないけど、選手に少しでも勇気を与えたい。
周囲からも「2点ひっくりかえすのはなぁ・・」ってつぶやきが聞こえていたけど
私は「逆転するよ!!」と応援にも気合いを入れていた。

後半マサルくんとマサくんが交代で入ってからリズムが良くなって
ジュニがまずPKを決めて。
そしたら勇介が地を這うようなミドルを決めて。同点。
終了間際に井川がすごいブレ球のロングシュートを放ったと思ったら
キーパーが弾いたのをワンバウンドでタニがボレーで逆転に成功。
川崎はめったに逆転劇を演じることはないけど、この日はすごかった。
井川とケンゴがひっしと抱き合っていたのが印象的でした。
井川は文句つける事が多い選手だけど、
2006年のホーム最終節や去年のナビスコ準々決勝など
なんだか大切な試合で大きな仕事をやってのける強運がある気がする。

サポーターのもとへきた選手、スタッフの晴れやかな笑顔を見て本当に嬉しかった。
新監督のツトさんも選手にいじられながらも嬉しそうだった。
ツトさんは皆のお兄さん的存在のようだから
一家の大黒柱のお父さん(関塚監督)が倒れて、長男であるツトさんが受け継いだ感じかな?
他の監督には勇介なんかは特に任せられないけどツトさんなら大丈夫(笑)


川崎フロンターレ
 3−2 柏レイソル


関塚監督、あなたのためにチーム一丸となって頑張りました。
いつまでも帰りを待っています。
その日の為にMind-1の精神で闘って行きます。

|

« あなたがいたから | トップページ | 新顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/20607106

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのために:

« あなたがいたから | トップページ | 新顔 »