« 養老渓谷 | トップページ | バリ島の旅〜スパ三昧 »

2008年8月 7日 (木)

Boléro

この世でもっとも愛している曲。
ラヴェル作曲「ボレロ」
反復音楽が子供の頃から異常に好きで、
脳内麻薬がでるのか、ちょっとトランス状態になる感じがする。

もともとクラシックは姉が長年ピアノやらフルートやらギターやらを習っていたので
物心ついた時から音楽は割りと身近にあった。
ちゃんとしたオーケストラは生で聴いたことは無くて、
その中でも「ボレロ」はどうしても生で聴いてみたかった。

川崎駅に数年前できたミューザ川崎シンフォニーホール
フェスタサマーミューザの中でNHK交響楽団による「ボレロ」の演奏があるのを見つけて
夫と二人で聴きに行ってきました。
フェスタサマーミューザは「クラシックで夏フェス!」と銘打った企画で中々面白い。

P1040560

S席(\3000)が売り切れていたのでA席(\2000)の席で。
サマーフェスティバルなので70分休憩なしで初心者にも楽しめる構成になっていました。

NHK交響楽団
指揮は梅田俊明

まず、ブリテン作曲「マチネミュージカル」よりマーチ
短い曲でオーケストラの世界にぐっと引きつけられる。

NHKアナウンサーの女性の司会で
指揮者やコンマスとのトークや楽器の説明なんかも織り交ぜながら進行していきます。

次の曲は
ボロディン作曲「ダッタン人の踊り」オーケストラ。
雄大な曲で草原を思い浮かべながら聴いていました。

次の2曲は珍しく吹奏楽だけの構成。
ビリック作曲「ブロックM」
作曲家の母校、ミシガン大学の為に作られた曲。
ヴォーン・ウイリアムス作曲「イギリス民謡組曲」
3部構成になっている曲で、イギリスの土着の音楽が取り入れられているよう。

やっぱりちゃんとしたホールで生の演奏を聴くと音が全然違う。


トリは念願の「ボレロ」
100人ものオーケストラで演奏される規模も大きな曲目のようです。
そして生で聴きにいって初めて気がついたのが
スネアドラム(小太鼓)を中央に配している事。
普通オーケストラで打楽器というと一番後ろに陣取っているイメージがあったんですが、
「ボレロ」の場合スネアドラムは音のはじまりからずっとリズムを刻み続けている
重要なポジションだからなんですね。

ほんの少しの咳払いでさえ聞こえてしまいそうな静寂の中
スネアドラムのあのリズムでボレロは幕を開けます。
ボレロはメロディは二つだけ、最初から最後まで一つのクレッシェンドのみ。
メロディはフルートからはじまり、クラリネットへ変わり、
立ち代わりで楽器が一つの旋律を吹いていきます。
そこへ楽器が少しづつ加わっていきだんだんと大きな音になっていきます。
まるで音が成長していくみたいに。

弦楽器はまるでヴァイオリンなんてはじめはギターのように抱えて弦を弾いています。
中盤すぎてやっと加わるヴァイオリンやチェロ。
弦楽器が加わると音に深みと厚みが増してきます。

もうこの頃には感動してしまって目頭が熱くなる。

そして目が釘ずけになってしまったのがチェロの藤森亮一さん。
N響の首席演奏者で、調べたら日本を代表するチェリストのひとりなんだとか。
彼の演奏は魂が入っていた。というか少しトランスがかっていた。
体全体で楽器を弾いている感じだった。
なんだかその情熱に心が打たれて、ますます涙が溢れそう。


「ボレロ」は15分くらいある長い曲です。
でもその単調なリズムを楽しめたからこそのクライマックスが待っている。
シンバルが鳴り出すとあと少しで終わってしまう。
全エネルギーが放出されるような最後は物凄い大音量になります。
最後のタクトが振られ、ボレロが終わった時には興奮して泣いていた。



私が死ぬ時はボレロを聴いていたい。



|

« 養老渓谷 | トップページ | バリ島の旅〜スパ三昧 »

コメント

詳しくは忘れちゃったのですが。

高校の音楽の授業の時にみたボレロのビデオ。
その中で踊ってた、男性のバレエダンサーのことを思い出します。

どうしても、脱ぐんですよね~(笑)

先生がボレロ以外も見せてくれたのですが、他の曲でも、どうしても脱ぐんですよ。
それが忘れられなくて(笑)

今、調べてみたのですが、多分あれはジョルジュ・ドンではなかったかな…と。
(先生が『この人はエイズで亡くなった』と言っていたような…。)

投稿: ゆーき | 2008年8月 8日 (金) 22時04分

ゆーきさん
ボレロってもともとバレエ音楽なんですよね。
脱ぎたがるバレエダンサー・・。やっぱりそっち系の人なんでしょうか
数年前のジルベスタで日本人のバレエダンサーがボレロに合わせて
女性に見立ててかシャンパンのボトルを片手に踊ったのも素敵でしたよ。

投稿: cherie | 2008年8月 9日 (土) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Boléro:

« 養老渓谷 | トップページ | バリ島の旅〜スパ三昧 »