« ピンク!ぴんく!PINK! 2009 | トップページ | カケス »

2009年4月15日 (水)

思い出の店

夫が大学生の時住んでいた街、小田急相模原。
ふたりでよく行った思い出のお店が数多くありました。
でも年月が進むにすれ(そら12年もたてば)思い出の店も閉店していき
しばらく訪れないと街もどんどん変わっていったようです。

先日そちら方面に行った時二人で好きだったカツ屋さん、吉列屋に行ってみたら店が変わっている。
かなりショックで、閉店しちゃったのか〜と帰ってからネットで調べてみたら同じオダサガ内で移転しているのが判明。
翌週リベンジで行ったみたら駅の反対側に移転していました。

お店は少し小さくなった印象だけど、昔からある古時計や雰囲気はそのままでした。

今回は私はヒレカツ、メンチカツ、海老フライ、野菜フライのミックスを頼んでみました。
夫は昔と同じヒレカツ、そして鳥の唐揚げも。
味は、全然変わっていなくてホッとした。
ここの唐揚げはちょっと変わっていて美味しい。カツも相変わらず美味しかった。
そして重要なのはお味噌汁の味も、具もまったく変わっていなかった事に泣ける。

P1040768

おばちゃんに昔通った事を伝える。
吉列屋のお店の人達は、昔から言葉遣いも丁寧で皆が優しい雰囲気で大好きです。
気持ちよく食事ができるって大切なこと。









|

« ピンク!ぴんく!PINK! 2009 | トップページ | カケス »

コメント

昔通ったお店がまだあったりすると嬉しいよね。
普段の生活が忙しいから、ふっと昔に戻れて落ち着くよね。

っていうか、すんごいボリュームだ!これで幾らなんですかい?

投稿: mii- | 2009年4月17日 (金) 18時34分

すごいボリュームでしょ。もちろん食べきったわよ(えっへん)
きっと細いmii-さまは食べきれないでしょう(笑)
お値段は千何百円だったかな?そんなにひどく高くもなく安くもなく。

変わらない店って重要よね。
店自体かわってなくても味が変わってたら悲しいし。

投稿: cherie | 2009年4月17日 (金) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/28976331

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の店:

« ピンク!ぴんく!PINK! 2009 | トップページ | カケス »