« こころ | トップページ | サフラン日記 »

2009年10月 4日 (日)

堀井和子さんの「クーリエ」展

学芸大学にあるCLASKAギャラリーDo にて
堀井和子さんの「クーリエ」展に行ってきました。

堀井さんといえば私の乙女時代(?)からの憧れの人であるのですが
ここ数年は本を出されるだけでなく、イベントでデザインした食器や
コラージュの作品などの展覧会もされています。

今回の「クーリエ」展は「クーリエ=郵便」にまつわる展示。
展覧会にも堀井さんが実際やりとりされた封書を展示なさっていたりしました。
前に一回堀井さんからお手紙の返事をいただいた時
切手は花火の記念切手で、堀井さんのセレクトだ〜と思うとよりドキドキしました。

今回はその手紙にまつわるものとコラージュの作品、
盛岡の釜定さんと一緒に作った南部鉄器の文鎮、それをいれる富士山がモチーフのコラージュの箱。
文鎮はドーナツ型と限定の富士山があったのですが悩んで限定の富士山の方にしました。
箱は悩みに悩んでひとつ選びました。
こちらはまだ展示が続くので終わってから受け取りにいきます。

切手型のシール、切手いれのシャーレ。
Img_7201

前にCINQのイベントでは整理券が出る程ならんで、狭い店内にも人が溢れてしまっていましたが、
今回はそれほど並ぶ事はなく、人数も最初は少しづつ調整して入場だったので
よりゆっくり見られる事もできてすごくよかった。
並んでいる時、前に並んでいる女性が話しかけてきてくださって
堀井さんや彼女が持っていたmina perhonenの話をしたり
私が選んだコラージュの箱を「もしかしてこれですか?」とピタリと当てられて驚きました。
彼女が選んだ箱はちょうど私のお隣に展示してあった箱でまるで双子のようです。
たまたま彼女のお友達も別で来ていたのでお話しできたりして、出会いがあって楽しかった。

堀井さんとも少しお話をさせていただいて
中学生の事から堀井さんの本をみて憧れたったDEAN&DELUCAのSOHO店に今年行った話をしたら
アメリカに住んでいたころ行ったサンタフェの話やカルダー展の話をしてくださって
華奢な堀井さんだけれども、実際はこの人のなかにすごくパワーがあるんだろうなと感じました。
ご自身でも仰っているように好奇心が旺盛で、きっと活動的な方なんだろうな、と。

今からコラージュ箱をどういう風に額装して飾ろうか考えると楽しみです。

|

« こころ | トップページ | サフラン日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こころ | トップページ | サフラン日記 »