« K市のT氏の幻 | トップページ | 鬼子母神手作り市 »

2009年11月24日 (火)

伊勢廣

父が銀座で働くサラリーマンだった頃
飲んだ帰りに買ってきてくれるお土産で我が家で一番人気だったのが
伊勢廣の焼き鳥。

ずっと父が通っていた京橋本店に行きたいと思いつつ
日祝日が定休日なので行けずじまいでやっと行くことができました。

伊勢廣 京橋本店

Img_7452 大正10年創業の老舗で、小津安二郎監督も通った事で有名なお店です。



























カウンターを予約して行きました。
焼き鳥屋さんの場合は特に、焼いている所を見られるカウンター席の方が好きです。
Img_7455

頼んだのは串9本に鶏スープ、胡瓜、サラダのつくフルコース。
串は、ささみ・肝・砂肝・葱巻き・だんご・皮・ねぎま・合鴨・手羽です。

Img_7454Img_7457

私は好き嫌いはほとんど無いのですが、子供の頃から唯一嫌いだったのがレバー。
今でこそ食べられるようになりましたが、それでも好んでは食べません。
でもこのレバーは美味しいと思った。
新しいから臭みもなく、さっと炙ってある状態なので独特のモクモクした食感もなくてとろりとしていて美味しかった。
そして、子供の頃から姉と二人でお土産のなかで一番好きだったつくね。
コリコリした食感が残って肉のうまみがあって特に好きな部位でした。
久しぶりに食べたけど、麻の実が入ってるんですね。
つくねといえばタレだけど、伊勢廣では塩で出てきました。やっぱり美味しかった。

一串のボリュームが大きいのでかなりお腹いっぱいで満足でした。
ささみにワサビをつけて食べたのも美味しかったなぁ。

ランチは焼き鳥定食とか焼き鳥丼もあるらしく、それもちょっと食べてみたいと思ったのでした。

|

« K市のT氏の幻 | トップページ | 鬼子母神手作り市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« K市のT氏の幻 | トップページ | 鬼子母神手作り市 »