« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月27日 (木)

生田ばら園

生田緑地にあるバラ園へかいこさんをお誘いしました。

私がこのバラ園に初めていったのは今から15年程前、まだ向ケ丘遊園があった頃でした。
一番最初は一人で写真を撮りに行き、その後はスケッチしにいったりもしていましたが
2002年に向ケ丘遊園は閉園。
あの素敵なバラ園がなくなってしまうかもと心配しましたが市民の呼びかけも実り、
川崎市が管理を引き継ぎ、現在では春と秋のバラの開花時期だけオープンしています。
そしてこのバラ園は太っ腹なことに無料公開です。

小田急線、向ケ丘遊園駅から川沿いを歩くとすでにバラが植えられている所がありました。
頭上にはツバメちゃん達がびゅんびゅん飛んでいました。
あいにくの空模様でしたがずんずん坂道を登ってバラ園まで。

かいこさんも「こんなに広くて種類が多いとは思わなかった!」と感激していましたが
本当に見応えのあるバラ園なんですよ。
山の上にあるのでまわりを緑に囲まれて環境もとてもいいです。
バラの香りが風のって香ってきてアロマテラピー効果もありそう。
Img_8498

Img_8502Img_8503

色々な種類のバラが植えられています。
ミニバラコーナー、つるバラコーナー、原種の一重咲きのコーナー。
ドイツのバラコーナーはまるでドイツ人かのごとく一輪の大きさの大きい事!

私もかいこさんも気に入ったのはイングリッシュローズのコーナー。
カップ咲きのバラはかわいいし、香りもとってもいいです。
Img_8509Img_8511

昔スケッチしたのはこちらの薔薇。
零れ落ちそうに咲く花房がきれいです。
Img_8520

ぽつぽつと雨が降ってきました。
でも雫に濡れる薔薇も綺麗。
Img_8527

実は昔ここで薔薇の写真を撮っているおじさんが「演出」をくわえているのを目撃した事があります(笑)
スプレーに入れた水を薔薇に吹きかけて雫を乗せて撮っていました。
でも確かに薔薇は水滴が似合う花でもありますね。

私は個人的も薔薇はかなり好きな花です。
楚々とした花も好きですが薔薇にしかない魅力ってありますね〜。香りもそのひとつ。
子供の頃札幌に住んでいたときも、ちざきばら園が好きで行っていました。
先ほど調べてみたら昨年閉園したそうです。さみしいなぁ。
あそこで初めて薔薇のアイスクリームを食べて衝撃をうけました。
めったにお目にかかる事はないんですがバラのアイスを見つけると必ず食べます。
ほんのりとバラの香りがして美味しいんですよ!


私は生田ばら園は何故か春の開花時期にしか行った事がないのですが、秋咲きもきっと綺麗でしょうね。
今年は行ってみようかな。
春のオープンは6月6日までなので興味のある方はお散歩ついでに行ってみてくださいね。

追伸:
こちらのばら園はボランティアの方々と募金で運営されています。
私も募金しましたがアスターの種をもらいました。
少しの事だけど、入場も無料だし気持ち程度でも募金すると新しい苗を買えたりするので
バラ園がもっと素敵になっていく為に市民が協力できるといいですよね。

 

| | コメント (2)

2010年5月24日 (月)

挿画本の世界

夫と町田市立国際版画美術館で開催されている
「挿画本の世界 きれい、カワイイ、怖いー本と版画のステキな関係」展を見に行ってきました。

Bps

展示は「きれい」「カワイイ」「怖い」と3つのブロックにわけて紹介されています。
版画の挿画本を中心に19世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの作品の展示。

一番最初には19世紀よりもっと以前15世紀の古い書物も紹介されていました。
この中ではアルブレヒト・ビューラーの作品が見応えがありました。
力強いタッチと巧みな描写力は圧巻です。

「きれい」のコーナー
乙女の大好きなアルフォンス・ミュシャ。
私はミュシャの描く女性の顔立ちは特別好きなわけではないのですが
基本的にアール・ヌーヴォーの装飾が結構好きなので繰り返しで描かれる花のデザインや
額縁のように線で描かれたデザインがきれいだと思いました。
他にも昔のファッションデザイン本が面白かった。
エッチング(銅版画)にポショワール(手彩色)という非常に手間のかかる技法で描かれています。
☆版画の技術的な事は下に書くので興味のある方はどうぞ☆
描かれているファッションがどんな素材で出来ているかの説明書きもあるので
それと付せてみても中々面白い。
エディ=ルグランの「マカオとコスマージュ」という絵本も大胆な構図でよかったです。
女の子が好きだろうな〜と思ったのはジョルジュ・バルビエの絵の数々。
少女漫画に通ずる乙女チックな可愛さと、ファッションのデザイン。
イラストレーターとして人気だった彼の絵はいつの時代も女子に受け入れられそうです。

「カワイイ」のコーナー

鳥好きな私はこの絵がやっぱりかわいい♪
Bird
リチャード・ドイル「妖精の国で」
確かタイトルは「歌の練習」みたいな感じだったと思います。
小鳥が集まって妖精と歌の練習してます。

他にもハーメルンの笛吹きの絵本などが紹介されていました。

「怖い」のコーナー
夫がみたいであろうコーナーはここだったのですが、
こちらもウィリアム・ブレイク、ギュスターヴ・ドレ、ルドンなど見応えのあるラインナップ。
流石「怖い」コーナーの絵はみんなモノクロ。
黒の濃淡だけで描かれる絵はすごみがあります。
構図も自分では絶対思いつかないなーという構図で描かれていてそこにも興味を持ちました。
ダンテの神曲「地獄編」の挿画はその意味合いと一緒に見ると面白さが増しました。

三部のコーナーの後は「20世紀のアーティストと本」として紹介されている作品。
好きなシャガールの後に苦手なマックス・エルンスト・・
マックス・エルンストの絵はどこだったっけなぁ確かベネツィアのグッケンハイム美術館だったかなぁ
気持ち悪くて苦手だ・・と第一印象が悪かったので今でも好きじゃない。
グロイのは嫌いなわけではないけど、エルンストのグロさは何か苦手。

本当に沢山の絵や資料が展示されていたので見応え充分でした。
実家近くの国際版画美術館は子供の頃全く興味がなかったんだけど、大人になってから行くと
すごくいい展示をやっていると思います。
額装の仕方もいいし、図録のデザインもいつもいい出来です。
広いので都心の美術館よりゆったり鑑賞もできます。

子供の頃はこの美術館の展示に油彩なんかの有名どころの展示をやらないのが不満でした。
しかし大人になってみると版画のそれぞれの技法で異なる描かれ方が興味深いです。





☆版画について簡単に説明☆

大きくわけて版画は4つに分類されます。
★凸版画。小学校でも習う木版画がこれに相当します。彫り残ってる部分にインクがのる。
浮世絵も木版。する色ごとの版を用意します。
それに浮世絵は分業制で絵師、彫り師、刷り師とわかれて仕事をしてます。
有名な浮世絵師は沢山いるけど、彼らはいわゆるデザイナーで作っているのは別の技術者。
面白いでしょ?
浮世絵は板目木版といって木を縦に切った断面を彫っています。
木口木版というのは木を横に切ったかたい年輪部分を彫っていて道具も細かい線が彫れるものを使っています。
★凹版画。銅版画がこれに相当します。
銅板を直接引っ掻いて描く方法(ドライポイントなどの直接法)銅板を防食剤で覆ったあと線を引き
酸で引っ掻いた部分を腐食させる方法(エッチングなどの間接法)があります。
針のような物で描くので細かい細かい線が表現出来ます。
版に凹んだ線にインクを詰め、プレス機で圧力をかけて刷ります。
★平版画。リトグラフ。水と油の反作用で絵を描く。
実は私は版画の中でリトグラフだけ未経験なので詳しく説明できません。
説明を聞いても実際やった事がないのでどうやって描いているのか想像がつかない。
いつかやってみたい技法。
★孔版画。シルクスクリーン。
簡単に説明するとプリントゴッコと同じ技術。
インクが通過する孔としない孔を作って絵を描く方法。
基本的に多色刷りの版画は色ごとに版を用意しなくてはいけません。
絵の角をきちんと合わせ、ずれないようにする技術力も必要です。

ざっとですがこんな感じです。でももっと技術的な事や道具は多様性にとんでます。
版画の特長と利点は増産できること。現代の印刷技術の原型です。
そのため版があればいくらでも刷れる為に、作家は作品にエディション(シリアルナンバー)を入れます。
版画の左下に29/85のような番号を見た事がありますか?
あれがエディションで85枚刷ったうちの29番です。ということです(29番目に刷ったわけではない)
その他にA.P.(アーティストプルーフ作家持ち)やH.C.(オル・コメルス非売品)というサインもあります。
このあたりも美術館などで版画があったら注目して見てみると面白いかもしれません。

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

BEER

自由が丘でNYの地ビールブルックリンブリューワリーのビールを発見。
夫への土産に購入(味は濃くって美味しかったそうな)
並びには近藤勇と土方歳三・・
調べてみたら坂本龍馬バージョンとかある明治維新12人衆って企画で出てるものらしい。
なぜか原産国がオランダなのが気になる。
Img_8478
ブルックリンブリューワリーの緑のロゴマーク、デザインはミルトン・グレイザーです。
あのI♡NYのロゴマークのデザイナー。
彼のデザイン料は高額なのですが、生涯ここのビール飲み放題権と引き換えにデザインを引き受けたそう。

こちらは自由が丘CIBONEで見かけたビールグラス。
ビールの泡がまるで冠雪の富士山のように見えるフラスコ型のグッドデザイン。
Img_8476

これからビールが美味しい季節ですね。
私には無縁ですが...

| | コメント (2)

2010年5月20日 (木)

柑橘の花

蜜柑の花の香りをかいだことがありますか?

この時期甘く香ってくるかおり。
何だか懐かしいような甘いんだけど清々しい香りでうっとりします。

我が家の蜂蜜は大抵オレンジハチミツなんだけれど、蜂蜜でもほんのりこの香りがします。

Img_8437

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

IDEE MARKET

毎月第三日曜日に開催されてる自由が丘IDEEの青空マーケット
たまみさんとのデートでBAKE SHOPにいくのにちょうどやっていました。

沢山の野菜やお菓子、雑貨が並んでいましたよ。
Img_8451

Img_8453

Img_8450

Img_8471

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

BAKE SHOPふたたび

NY在住さちこさんのお友達の店BAKE SHOP、先日も行きましたが
さちこさんが「たまみとデートしておいで〜」と言っていたのでさっそくデートにお誘いしました。
たまみさんは去年さちこさんとアンドリューが日本に来た時にもご一緒させてもらったさちこさんの幼馴染み。

BAKE SHOPは自由が丘IDEEの4Fにあります。
Img_8473Img_8472

土日の自由が丘は平日と比べ物にならないほど人が多くなるので心配でしたが
BAKE SHOPもお客さんは沢山でしたが運良く窓際の席があいていたのでラッキーでした。

メニューも色々悩んでランチだったので甘いのは食後食べるとして、
私はサーモンのオムレツ&キノコのパイ、たまみさんはクロックムッシュを頼みました。
Img_8456

食後は別腹♪でデザートです。
私はチェリーパイにしました。甘酸っぱくて美味しかった!
最近はこういうシンプルなパイが美味しいと感じるなぁ。
Img_8462

お店のインテリアも素敵です。
セレクトされているものがとても男性的に感じます。
NYっぽくもありますが、所々にビルガー・カイピアイネンのカラーのパラティッシやリサ・ラーソンの鳩のオブジェが飾ってあったり北欧雑貨も置いてありました。(IDEEとのからみのあるのかな?)
Img_8460Img_8458

Img_8467Img_8466Img_8465

なんだか居心地がよくてついつい長居してしまいました。
営業時間が朝から夜までと長いので、いつの時間帯に行ってもお茶も食事もできていいと思います。

Img_8459

| | コメント (2)

2010年5月15日 (土)

林試の森&Heimat Cafe

休日、ちょっと野鳥が見れそうなとこ&カフェでゆっくりお茶できるとこ・・・を探し
地図で調べてみたら、近くなわりに行った事のない公園発見。

目黒線の武蔵小山駅から歩いて行ける林試の森公園。
武蔵小山駅前は商店街がずっと続いててお店もありそうだしさっそく行ってみた。

林試の森はとても大きく立派な木が多い公園でした。
もともと明治33年(1900年)に林業試験場としてできた場所でその後公園へ整備されたので
樹齢100年を越える木もあるんでしょうね。

野鳥の方はというとまたもや空振り。
雀やシジュウカラが水浴びするかわいい姿は見れましたが、珍しい子は出会えず。
看板によるとオオルリやキビタキも現れる公園らしいのですが。。

公園内のセンターで見られる花の説明を見ていたら職員の方が
「いまだったらユリノキの花が見れますよ」と教えてくれたので見に行ってみた。
Img_8432
高い木の上だけど望遠持ってたので撮れた。
花の形が似ている事から英名はTulip tree

その後武蔵小山でカフェを探しうろうろ。
せっかく知らない街へ来たからチェーンでない店に入りたい。
裏道の方があるかも・・と思ったらビンゴ。ありました。

Heimat Cafe という今年オープンしたばかりらしいブックカフェ。
Img_8440

Img_8438

Img_8442

本や雑誌が沢山あって好きに読む事ができます。
本のセレクトも私の好きなアート、料理、旅関係の本が多くて嬉しい。
wifiや電源もあるのでPC持ち込んでネットもOK。

コーヒー450円でおかわり自由って素晴らしいなぁ。
のんびり本読んでネットしてって過ごし方が出来そうです。

Heimat Cafe
http://heimat-cafe.com/

Img_8448

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

串カツ田中

職場の男子から尾山台から環八に抜けた所に串カツ屋ができたと聞いて行ってきました。

串カツは本場大阪に行った時にも食べて気に入って東京にもあればいいのに!
と思っていたので嬉しいです。
串カツ田中というお店で尾山台の他に、中目黒、世田谷あたりにあるようです。

Img_8324
メニューは1本100円からです。
大阪で食べた時いくらだったかうる覚えですが、もう少し安かった気がするけど(どうでしょう?のむおさん)

Img_8325
色々頼んでかなり食べました。ソースは勿論二度漬け禁止。
牛串とレンコンがおいしかった。
イチゴもチャレンジしました〜イチゴとバナナは流石にソースではないですよ(笑)
ハーシーズのチョコレートソースをつけて食べるのですがイチゴはかなり水分が出て熱くなるので
火傷には注意が必要。イチゴジャムを煮てる途中のイチゴのような感じです。

ここのお店ね、なんと犬OKなんですよ〜!
私達が行ったときは女性がチワワと一緒に串カツ食べてたり、
ご夫婦がラブラドールと一緒だったり。犬にとっては生き地獄かもしれないけど(笑)
もしリキが一緒だったらヨダレの海になりそうだもん。

| | コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

自由が丘 BAKE SHOP

自由が丘IDEE、仕事帰りによく寄るし以前4FにあったIDEE CAFEにも行ったのに
去年秋あたらしくオープンしたBAKE SHOPには気になっていたものの入った事がなくて・・

NY在住の友達さちこさんからのメールで驚き!
なんとBAKESHOPはさちこさんのお友達がオープンさせたお店でした!
さちこさんとオーナーさん(男性です)はNYで知り合ってよくさちこさんから話を聞いていた方だったのでびっくりでした。

さっそく仕事帰りに寄ってきました。
接客してくれた男性にオーナーさんの名前を告げるとご本人でした(笑)
少しお話させてもらってペストリーを買って帰りました。

お店はNYにありそうなオシャレでこなれた感じのある素敵なカフェでした。
写真は一眼を持ってかなかったので素敵加減があまり伝わらないかもしれませんが。。
P1050674

P1050672

P1050673

P1050670

パウンドケーキやタルトを買って帰って食べましたが、
カフェ同様、すごく外国っぽさを感じました。風味とかちょっと日本のお菓子と違うというか。
NYで食べたお菓子やバルセロナで食べたお菓子に通じる何かがありました。

今度はまたゆっくりカフェにお邪魔したいと思います。

自由が丘BAKE SHOP
http://www.bakeshop.jp/

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

AWAYで撃沈

GW半ば、ちょいといつもは行かない地域に行ってみようと早起きして埼玉まで遠征。

湘南新宿ラインが停車するようになったので贅沢してグリーン車にて。
グリーン車にするだけで在来線も旅気分になるから好き。
Img_8379

浦和駅からバスにゆられお目当ての公園まで。
荒川沿いの公園は周りはたんぼがあったりのどかな風景。
Img_8390

ここに来た理由は渡りの途中にオオルリが現れてるって聞いていったんだけど
あえなく撃沈しました。
かなり大きな公園なので広いし、沢山の樹々が生い茂っているのだけど
逆にその新緑の緑に邪魔されてさえずりは聞こえてくるものの、姿が全く見えませんでした。
大きな単焦点望遠レンズを携えたバーダー達が集まっていたけど皆さん空振りのご様子でした。

田んぼの方へいったら聞き慣れない鳴き声が聞こえてきたので畦道をどんどん進んで行ったら
幅の狭いあぜ道が途中から柔らかくなってきてまるでマカロンの上を歩くような状態に(笑)
もう少しで田んぼに落ちそうになるデンジャラス体験でしたsweat02

炎天下の中歩き疲れぐったりしながら帰路へつきました。
今年の埼玉は験が悪かったか・・・浦和レッズ戦もAWAYで撃沈したしな・・

夏場は野鳥観察には厳しい季節なので冬になったらリベンジしたいと思います。

| | コメント (4)

2010年5月 6日 (木)

from N.Y

ポストをあけたら見慣れない英語の文字。
NYに住むさちこさんからのエアメール!

パッキングを剥き剥きしてあけたらプレゼントが入っていました。

Img_8421

さちこさんが撮った桜の写真の裏にメッセージと、
袋に入った鳥かごと鳥のスタンプ、drinkNYCwatarのコースター。
どれもアメリカ発のポイズングッズですheart04

雑貨屋さんでスタンプを見つけ「これはcherieさんにあげるしかないな」
とニヤニヤしながら選んでくれたさちこさんの顔が目に浮かぶようです(笑)

さちこさんありがとーsign03

| | コメント (4)

2010年5月 4日 (火)

El Comal

先日、かいこさんがフロンターレVS湘南戦にやってきてくれました。

まず腹ごしらえということで、以前から気になっていた新丸子のメキシコ料理El Comalへ。
店内はメキシコっぽいインテリアで色使いが素敵なお店です。
Img_8368

ランチをやっていたので夫はタコス、かいこさんと私はメキシカンライスセット。

セットのサラダがこれまたきれいな盛りつけ。
色んな野菜が入ってるのって無条件に嬉しいです。
Img_8369

余談ですが生のラディッシュに塩とバターをつけて食べると美味しいんですよ♪

メキシカンライスはアルボンディガス(やわらか肉団子のピリ辛トマトソース煮)とチリコンカルネ(豆とひき肉とトマトのスープ)の二種類の味が楽しめます。
Img_8370

夫とかいこさんは昼間っからコロナビールを楽しんでいました。
私はビールが飲めないのですが、晴れた日の昼間飲むビールって美味しいんだろうな〜と思う。
そしてそのコロナについていたおまけがコロナの携帯ストラップ!かわいい!
夫が2本飲んだので私の分もちゃっかりゲットで3人お揃いです。
底にあるボタンを押すとビカビカ光ります。
Img_8422Img_8426

お店は美味しかったし、店員さんも感じが良かったのでまた夜にでも来たいと思います。

湘南戦は先制され、追いついたもののすぐ追加点を入れられどうなることかと思いましたが
後半持ち直して結果的に4−2の大勝でした。
そして何と言ってもこの日はコミ!
逆転となる3点目の小宮山のシュートは気持ちが入っていて良かった!!
「ボールは気持ちの強い方に転がってくる」って言うけどまさにそんな感じだった。
決まってGゾーンに駆け寄ってくるコミと移籍後初ゴールのコミを祝福しにくる選手達を見ると本当に幸せ。
フロンターレは皆仲良しだよなぁ。

美味しいご飯も食べ、サッカーは勝ち、祝杯もちゃっかりあげてHAPPYな一日でした。
かいこさんまた来てくださいね〜!
かいこさんが来てくれると等々力無敗ですから♪

| | コメント (4)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »