« 福岡の旅〜nap cafe | トップページ | 福岡の旅〜とりかわ粋恭 »

2011年9月 5日 (月)

福岡の旅〜工房とったん

糸島半島をぐるっとわまってきて行ったのが
北西端にある製塩所「工房とったん」

目の前の玄界灘の海水をくみ上げて立体塩田で手作りで塩を作っているところです。

舗装されてないがたがた道を行った本当に「とったん」な場所。
なにか、「地の果て」に来たみたいなちょっと不思議な空気をもった場所です。

Img_3612

これが立体塩田。もの凄く大きな装置。
枯れた竹を逆さまにしたものに海水を伝わせて濃縮させていく方法。
Img_0245

Img_3618

工房の中では釜で煮詰めていく作業が。
Img_3624

販売所では塩や、塩を使ったプリンなど(買って帰って食べたけどとろとろで美味しかった)
飲み物も売っているので塩釜ゆで卵(ミントティーつき)を買って食べました。

ここは手作りのベンチとかオブジェとかある不思議な工房なのですが、
特等席の工房上にある席でいただくことに。
Img_3649

ちょっと疲れ気味だった所に塩味が美味しかった〜
Img_3626

目の前の綺麗な海。
ここでとれた塩や魚はそりゃあ美味しいはずだわ。
Img_0260

のんびりな時間が流れます。
Img_0248

Img_0251

Img_0250

Img_0258

Img_0252

お土産に塩を買って帰りました。
私は結構調味料を凝る方なので、塩は特にこだわって色々試すほうなんですが
ここの塩はまろやかで美味しいです。
特にハマってるのが塩むすび!!
炊きたてのごはんを塩でにぎるだけ(海苔もなしのほうが美味しい)
でもやっぱり日本人にとってこれ以上のごちそうはないってほど美味しい。

ここの塩はなくなったら通販でリピートすること決定的です。

そうそう、工房とったんへ行く途中に漁村があって小屋が建ち並んでいる場所が。
ちょっと見てみると夏は営業していませんでしたが冬の間牡蠣が食べられる小屋がいくつもあって興味をそそられました。
きっと美味しいでしょうね〜

|

« 福岡の旅〜nap cafe | トップページ | 福岡の旅〜とりかわ粋恭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡の旅〜nap cafe | トップページ | 福岡の旅〜とりかわ粋恭 »