« 魚祭り | トップページ | とらや »

2011年10月26日 (水)

スーパーナチュラル

久しぶりの海外ドラマシリーズ。

SUPERNATURALスーパーナチュラル
19_1680_1050
ウィンチェスター兄弟が主人公(左が兄のディーン、右が弟のサム)

シーズン6まで見終わりました(本国では現在シーズン7が放送中)
ハンターと呼ばれる、悪霊とか悪魔とかを退治する兄弟の物語なんですが
私がちゃんと見始めたのは主にシーズン4から。
夫はシーズン3くらいから見始めたんですがそれには理由が。

シーズン1とシーズン2までの声優の吹き替えが酷すぎる。

ディーンの声をお笑いコンビ次長課長の井上聡、サムの声を成宮寛貴がやってるんだけど
井上は本職じゃないからまだ仕方ないとして(本職じゃないくせに何で声優やってるんだって話ですが)
成宮の方は「本当に俳優か?」と疑いたくなってしまう。
スカパーでシーズン1から放送していたものの、吹き替えがあまりに酷くてみる気がおきなかった。
でもこの棒読みの吹き替えは不評の嵐だったらしく、シーズン3から異例の声優交代。

交代後の声優さんはディーンが東地宏樹さん、サムが内田夕夜さん。
(本職声優さんにはちゃんと「さん」付け 笑)
いや〜全っ然違う!!何だよ〜最初からこれだったらドラマの内容も面白いのに
シーズン1・2、すごい無駄にしててもったいない!
(その後セル版のブルーレイは東地さん、内田さんペアのバージョンも入れたらしい)
東地さんはよくよく考えたら、プリズンブレイクの主人公マイケルや、アグリーベティのダニエル・ミード編集長の声もやってるんですが、役のイメージで声の感じが違うので気がつかなかった程、上手なんですよね。

スーパーナチュラルの物語なんですがシーズン7まで続くだけあって面白いです。
悪霊退治の物語ですが、そういうのだけじゃなく根底にいつも家族愛がある。
出てくるキャラクターがたってるドラマはやはり人気がありますよね。
主人公のウィンチェスター兄弟だと、お兄ちゃんの方がハンサムなので好きです。

あと我が家で人気のあるキャラクターはシーズン4から出てくる天使のカスティエル(通称キャス)
いつもよれっとしたトレンチコート姿(人間に憑依した姿)なんだけど、ウィンチェスター兄弟に肩入れする天使で、発言がちょっと天然っぽくてかわいい。
Castiel

キャスは人気があるのでシーズン6でもメインキャラの一人。
そしてやっぱりこちらも何だかんだ言って人気があるからずっと死なずに出てくるんであろう悪魔のクラウリー。
クラウリーが出てくると「あ!渡辺いっけいだ!」と必ず思うほど似てる(笑)
Crowley

シーズン6の最後はかわいかったキャスが何か悪い方向にいっちゃったんで大丈夫か?という感じなのですが、シーズン7が見られるのは来年かー。

|

« 魚祭り | トップページ | とらや »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。