« 釧路の旅〜釧路湿原 | トップページ | ピエールマルコリーニ »

2014年3月28日 (金)

釧路の旅〜エピローグ

一泊二日の弾丸でしたが、充実した二日間でした。
アイヌの血をひくガイドさんに案内してもらったのですが
自分の思っていたのとはまた違う話が聞けたり、釧路の自然の話を聞く事ができて
かなり勉強になりました。

帰りの飛行機は夜便だったので、釧路市内で食事をしてから
空港バスで釧路空港まで。
行きはガイドさんに空港まで迎えにきてもらってすぐ湿原へ向かったので気がつきませんでしたが
この市内から空港までって一時間弱かかるぐらい結構時間がかかります。
ちょっと面倒くさかったな。

空港へついたらなんと飛行機がオーバーブッキング。
しかももう最終便なので振替は翌日。
20000円か、15000マイルで協力してくれる人を2名募っていました。
日曜日だったのもあり、なかなか翌日月曜じゃ協力してくれる人はいなそう。
私も翌日仕事でなければちょっと考えたけどこの日は帰りたかった。
そんなに釧路路線っていつも満席なのか?と思っていたら
なにやら男性ばかりの団体さんが。しかも皆ガタイが良くてEXLIE風。
どうやらプロのアイスホッケーチームの方々だったようです。
なんとか2人協力してくれるお客さんが出てくれて無事搭乗。
しかしここでまたトラブル。
客室の荷物入れに荷物が入りきらない。
冬場でコートなんかもあるし、お土産の荷物も多いのかかなりCAさんが苦戦して
あっちこっちに詰めようとして相当時間を要しました。
結局30分以上遅れたんじゃないかな。
しかもやたらと機内が暑くて息苦しくてこの帰りのフライトはちょっとウンザリでした。
Img_1715


|

« 釧路の旅〜釧路湿原 | トップページ | ピエールマルコリーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釧路の旅〜釧路湿原 | トップページ | ピエールマルコリーニ »