« 奄美大島の旅〜ナイトウォッチング | トップページ | 奄美大島の旅〜海 »

2014年4月14日 (月)

奄美大島の旅〜やけうちの宿

二日目は探鳥をした後日が暮れかかっている夕方に南部の宇検村へ向かいました。
宇検村まではひたすら国道を南下します。
奄美大島には高速道路はありません。
山が多い地形なのでトンネルは数があって距離も長いんですが
割と最近できたのか新しくて広いきれいなトンネルが多いです。

宇検村へつく前にもう日が暮れてしまって国道沿いも真っ暗。
街灯も全然ないので基本ハイビームで運転する事になります。
対向車もほとんどいないですし。

宇検村へついたらあたりはもう真っ暗で殆ど何も見えません。
ナビと標識に従って宿へ到着。
やけうちの宿というのが今日のお宿です。
コテージの部屋と、きょらむん館という建物で宿泊棟があって
敷地内に宇検食堂というレストランと、やけうちの湯という公衆浴場、デイサービスなんかがまとまってあります。
宿泊の食事は宇検食堂でとることになります。

コテージのお部屋の方が良さそうではあったのですが値段が高かったので
きょらむん館を予約しました。
Img_1815

案内されてきょらむん館へ行ったら、玄関のような所でスリッパへ履き替えてから建物に入ります。
なんかアパートのような寮のような不思議な作りのところだなーと思っていたんですが
どうもスポーツ選手が合宿に使ったりする事が結構あるみたいです。

なのでお部屋にミニキッチンがついてたりします。
Img_9817

ベッドも大きいしお部屋も広いです。
Img_9818

広めのユニットバスもあります。
宿泊特典でお隣の「やけうちの湯」の入浴券も貰ったんですが時間が遅かったので入れませんでした。

宇検村は奄美でも端のほうなのでお店なんかは殆どありません。
食事は必然的に宿のフロントも兼ねている宇検食堂でとります。
食堂といっても立派なレストランです。
Img_9825

こちら、システムが中々変わっていて定食を頼むとお惣菜のバイキングがついてきます。食べ放題です。
定食も1000円くらいなのでかなり値段的には安いです。
Img_9822
奄美らしい食材からデザート(ふくらかんという蒸しパンのようなもの)までありました。
とくにもずくが美味しくて何回も食べちゃいました。

メインで頼んだ鶏飯。
Img_9827
御飯に鶏や錦糸卵、パパイヤの漬け物など乗せて温かい出汁をかけていただきます。
Img_9831
さっぱりしていて美味しいです。お酒のシメにも良さそうですね。

こちらも宿泊特典でドリンク無料券が頂けてお酒もOKだったので
やけうちの宿のすぐ裏にある酒蔵・奄美大島開運酒造の「れんと」という黒糖焼酎を
夫は飲んでいましたが、コップになみなみと注がれて出てきてました。
コストパフォーマンスが良いです。

早朝、食事前に探鳥の為に早起きして外に出てみてびっくりしました。
夜に宿についた時は真っ暗でわからなかったのですが
宿のバルコニーの向こうは裏手にある運動公園だとばかり思っていたら
なんと海でした。
Img_1812

朝食はまた宇検食堂で。こちらは宿泊プランについてきます。
多すぎずちょうど良い量でよかったです。
Img_9872

|

« 奄美大島の旅〜ナイトウォッチング | トップページ | 奄美大島の旅〜海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奄美大島の旅〜ナイトウォッチング | トップページ | 奄美大島の旅〜海 »