« GW多摩川河口 | トップページ | 四コマ漫画キョウジョシギ »

2014年5月 8日 (木)

谷津干潟野鳥観察

GWはシギ・チドリを観察するのにちょうど良い時期なので谷津干潟まで行ってきました。
東京湾の一番奥になる干潟です。
海辺に面しているわけではなくて、水路の奥に干潟があるような作り。
観察センターも隣接されていてラムサール条約に登録されています。
時期だけあって沢山の野鳥を見る事ができました。
*シギチの判別は難しくて間違っているかも

メダイチドリ Charadrius mongolus 旅鳥
Img_0952

水浴び中
Img_0910

イソシギ Actitis hypoleucos
Img_3125

ハマシギ Calidris alpina 旅鳥・冬鳥 準絶滅危惧(NT)
Img_3214
識別のフラッグがついている。山階鳥類研究所に連絡してみよう。

キアシシギ Heteroscelus brevipes 旅鳥
Img_3299

トウネン Calidris ruficollis 旅鳥
Img_3229

顔掻いてる
Img_3249

キョウジョシギ Arenaria interpres 旅鳥
Img_3504

彼らは大勢で結構うるさい。時々喧嘩もしている。
遠くから見ると保護色で、風景と同化してみえる。
Img_3449

オオソリハシシギ Limosa lapponia  旅鳥 絶滅危惧II類(VU)
Img_3154
色が淡く、嘴が長いのが♀

赤褐色なのが♂
Img_3772
このオオソリハシシギ、以前アメリカの研究チームが人工衛星をつかって調べたところ
ある個体がアラスカからニュージーランドまで9日間ノンストップで無着陸飛行したという記録がありました。
その距離1万1000キロ余り。すごいなぁ。

タシギ Gallinago gallinago 旅鳥
Img_1093
観察センター奥のお茶屋さんの前に突然一羽だけ現れた。


セイタカシギ Himantopus himantopus 旅鳥(ここでは留鳥)絶滅危惧II類(VU)

Img_1038

Img_1097
足がもの凄い長い鳥なので、足全体が見たかったなぁ

Img_1045

Img_1113

ダイゼン Pluvialis squatarola 旅鳥
Img_3400

引っ張りだしたゴカイを水たまりで洗って食べてる。
Img_3391

チュウシャクシギ Numenius phaeopus 旅鳥
Img_3857

ねぐら入りしにきます。
Img_1225

谷津干潟は鳥の数が多くて、いっぺんに色々な鳥が視界に入ってきて楽しい。
Img_1022

時々ざっと鳥達が飛び立って、それも数種類の鳥なので圧巻。
Img_1164

Img_1171

夕暮れ時もきれい
Img_1189

満潮と干潮の潮の満ち引きがあるので潮が引いたり満ちたりするのが見てすぐわかる。
潮が満ちてくる時、アカエイがいた。
Img_1006

観察センターのお茶屋さんでセイタカシギを見ながら御飯も食べられるし
また秋の渡りシーズンに行きたいなぁ。

|

« GW多摩川河口 | トップページ | 四コマ漫画キョウジョシギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW多摩川河口 | トップページ | 四コマ漫画キョウジョシギ »