« 香港の旅〜金魚街 | トップページ | 香港の旅〜食事色々 »

2015年2月 2日 (月)

香港の旅~名都酒樓で飲茶

香港に来たからにはやっぱり飲茶は食べたいとやってきました。
飲茶は昔ながらのワゴン式と、オーダーシート形式があるようですが
昔ながらのワゴン式のお店、金鐘にある名都酒樓に行きました。

まだお昼ちょっと前の時間だったので店内はすいていてすぐに席につけましたが
もともと店内は広く席数も多いレストランです。
Hh2a1009




初めてなのでシステムが最初よくわからなかったのですが
お茶の種類を聞きに店員さんが来られたのでジャスミンティーをお願いしました。

するとジャスミンティーの入ったティーポットと、お湯だけが入ったティーポットを持ってきてくれます。
飲茶には自分が使う食器や箸を洗う「洗杯(サイプイ)」と呼ばれる所作があるのですが
ネットで見たように自分なりにやってみたけどよくわからない。
で、結果的にどうもまわりの席にはあるガラス製のフィンガーボールが見当たらない。
どうもこのフィンガーボールの中で洗杯をやるらしかったのですが
店員さんがそれがない事に気が付いたのがもう食べ終わった後だったので、間違ったやり方で洗杯してました。

初めての飲茶はわからない事だらけで、注文の仕方もよくわからない。
蒸籠を積んだワゴンが店内を回ってはいるんですが端っこの私たちのテーブルのとこまで
わざわざ来てくれないし、皆さんを見ているとテーブルに置かれた紙を持って
ワゴンの所まで自分で行ってそこに紙にスタンプを押してもらってる。
私も紙を持ってワゴンへ行ってみましたが、ワゴンの前に料理名が書かれた札がかかっているのですが漢字なのである程度の見当はつくけれどそれが何なのかがわからない。
ワゴンを押しているおばちゃんたちは全然英語も出来ないので
英語で聞いてもがーっと広東語で返ってくるのみ。
仕方なく蒸籠の蓋をあけて見せてもらうけど、おばちゃん不機嫌そうで怖いんだよな。
Hh2a1018



(この写真のおばちゃんは怖くなかった)

なんとか見た目でベーシックなメニューそうなのを選んでみました。

小さな肉まん。
Hh2a1010




焼売。
Hh2a1019




Hh2a1014




飲茶って今までのイメージからすると焼売とか小龍包とかそういうのを想像してたんですが
小皿に入った炒め物みたいなのとか結構普通の料理もあるんですね。

骨付きの豚肉。
Hh2a1013





ワゴンだけでなく中央にビュッフェのような形のブースがあり
そちらでも料理やデザートが並んでいました。

こちらはデザート。
フレッシュマンゴーと生クリームが包まれたクレープ。
Hh2a1012




まだ行った時間が早かったのか食べ終わりの頃にぞくぞくと他の蒸籠が出てきてました。

もしかしたらワゴン式よりオーダーシート式の方がメニューを調べて
ゆっくり食べたいもの選べたかもしれません。

|

« 香港の旅〜金魚街 | トップページ | 香港の旅〜食事色々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港の旅〜金魚街 | トップページ | 香港の旅〜食事色々 »