« シンガポールの旅〜プラナカン博物館 | トップページ | シンガポールの旅〜チョンバルマーケット »

2015年10月12日 (月)

シンガポールの旅〜シンガポール切手博物館

プラナカン博物館のすぐ近くにシンガポール切手博物館があります。
私は大抵どこの国に行っても郵便局には行く切手好き。
小さな中にその国らしいデザインが溢れているところが好きです。

1907年に建てられた元学校の建物(右側)
Hh2a5731

Hh2a5733

入ると受付があります。5ドル。
手前のミュージアムショップだけなら入場料はかかりません。

切手を模した床。
Hh2a5736


シンガポールの切手や郵便の歴史などの展示がテーマ別に部屋がわかれています。
何だかすごく背の高いポスト。
Hh2a5740


ここのブースが可愛かった。キッチンが作られていて
食器棚の中にはシンガポールの名物料理のサンプルがずらり。
Hh2a5745


そして展示されているのがシンガポールのお菓子の切手!
アイスカチャンにオンデオンデ、クエラピスなど。
この切手を買いたかったんだけどミュージアムショップでは売ってませんでした。残念。
Hh2a5742


そしてとても興味深く見たのが切手の実物の原画のコーナー。
実際切手になったものと照らし合わせてみる事が出来ます。
このぐらいのサイズで描いているのかとか、テクスチャーが見れて勉強になった。

自然を描いた原画。カワセミ!
Hh2a5751


切手になったもの。
Hh2a5753


このボタニックガーデンの記念切手はミュージアムショップで売っていたので買いました。
Hh2a5750


切手の自動販売機みたいな展示で、QRコードからフリーで読み込めるようになっています。
Hh2a5763


こちらの部屋は子供も楽しめるような仕掛けがある部屋。干支の羊に関した展示。
アジア圏は干支の概念がある国が多いですからね。
Hh2a5765


あ!日本の切手。
Hh2a5764


世界のポスト。
Hh2a5767


切手好きは勿論、デザインに興味がある人はとっても楽しめる切手博物館でした。

|

« シンガポールの旅〜プラナカン博物館 | トップページ | シンガポールの旅〜チョンバルマーケット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンガポールの旅〜プラナカン博物館 | トップページ | シンガポールの旅〜チョンバルマーケット »