« ポール・スミス展 | トップページ | 浜離宮庭園 »

2016年9月 1日 (木)

ポンピドゥー・センター傑作展

ポール・スミス展からハシゴして東京都美術館で開催されているポンピドゥー・センター傑作展へ。



1年に1作品だけという展示の仕方で、
シックで素敵な色合いの壁に、作家の写真と作家の言葉、
そして作品が1点だけ飾ってあるという素晴らしく素敵な展示の仕方でした。
壁の色合いも時代や作家によって変えていて
それがどれもとても良い色。

平日だったのもあって混んでいなかったので
ゆっくり鑑賞できたのもとても良かった。

個人的にはブランクーシの彫刻と、
ジュヌビエーブ・アスの油彩が好みでした。
Geneviève Asseは初めて知った画家だったんだけど、
ほとんど真っ白に見える三枚のキャンバスに
うっすらとブルーが透けていてミニマムな美しさのある作品で惹かれました。
現代の作家さんなのですが他の作品も見てみたいなぁ。
教会のステンドグラスなども手がけているみたいでそれも凄く素敵。
ブランクーシにしてもジュヌビエーブ・アスにしてもミニマリズムの美しさなので
私はそういう作品が最近は好みなのかな?と思う。
琳派だったりウィーン分離派だったりそういうのにハマってた時期があったり自分の中で結構アートも流行りがあります。
でも何だかどんどん削ぎ落とした美しさみたいなのに惹かれていく感じが最近はあるかな。

ポンピドゥー・センター傑作展はかなりオススメの展示だと思います。
9/22まで開催中です。

いつかパリのポンピドゥーセンターも行ってみたいなぁ。

|

« ポール・スミス展 | トップページ | 浜離宮庭園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/67276603

この記事へのトラックバック一覧です: ポンピドゥー・センター傑作展:

« ポール・スミス展 | トップページ | 浜離宮庭園 »