« 2017年5月 | トップページ

2017年6月24日 (土)

韓国の旅2017〜到着

仁川空港へ到着して入国審査。
その時列で私たちの前に並んでいたのは西洋人の男性。
彼は飛行機でも私たちの斜め前の座席で、離着陸の時にシートの倒したのを戻してなくてCAさんに指摘されたりしていた人だったんですが、
列の途中でボーディングチケットの半券が落ちていて彼が「自分のかも!?」と思ったのかちょっとすみませんって戻って拾いにいったら結局彼のじゃなかった(笑)
そしてこの彼、ちょっとおっちょこちょいで落ち着きのない人で、入国審査の列に並びながら立って入国カードと税関申告書を書こうとしたら、貰ったカードがまさかの日本語表記(笑)
困ってたので私たちが「ここは誕生日を書いて、ここは職業で・・」と日本語を英語に訳してあげて彼は無事記入できました(笑)
彼は35歳のアメリカ人でビジネスで来ていて日本の前にもシンガポールに滞在していたらしいんだけど、
あんなおっちょこちょいで海外出張大丈夫なんだろうか(笑)
すごい感謝されて、ありがとー!と空港から出て行ったけどなんだか彼が心配です(笑)

私達も入国。
ターンテーブルの所に来年の冬季平昌オリンピックのマスコットキャラクターがいました。

オリンピックのマスコット白虎の「スホラン」
Img_6803

パラリンピックのマスコット・ツキノワグマの「バンダビ」


Img_6802


荷物をピックアップしたのが14時すぎ。
おやつ程度の機内食を食べただけだったのでお腹がすいていたので空港内の飲食店を覗いたりもしたんですが適当に食べるのもなんだか勿体ないしちょっと我慢してソウルへ向かうことに。
空港鉄道のA’REXの各停でソウル駅まで。
車内のモニターで去年も見た竹島のプロパガンダの映像が今年も流れてました(-ε-)

ソウル駅に到着。地下鉄で東大門まで行ってもよかったんだけど、16時にホテルのシャトルバスがソウル駅から出るのでちょっと待ってそれに乗ることにしました。太っちょのドライバーさん運転でホテルまで。
途中崇礼門で巡邏儀式が行われているのが車窓から見えました。
Hh2a9165


同じ系列のホテルの明洞の支店を経由してホテルへ向かうので20分強時間かかって東大門のホテルにやっと到着。
なんだかんだ朝家を出て夕方にホテルに到着で一日がかりでした。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

韓国の旅2017〜ジンエアー

今回は格安フリーツアーだったので、航空券は成田発の韓国のLCCのジンエアー。でもジンエアーってネットでも評判良いし結構乗るのが楽しみだったんですよね。まぁ羽田発じゃなくて成田なのがちょっと遠いんですが。

tamamiさんとは成田空港で待ち合わせ。
10:50発の飛行機なので朝自宅を出て成田エクスプレスで成田空港まで。
いつも成田エクスプレスってすいているイメージですがこの時は外国人を中心にそこそこ混んでいました。
どうも外国人は安く乗れるらしい。日本人にももうちょっと安くしてもらいたいなぁ。
ジンエアーはLCCなのに第3ターミナルでなく第1ターミナルを利用。
年末のケアンズ旅のジェットスターは第3で散々な思いをしたのでこの第1を使えるのはいいなぁ。

Img_6792


tamamiさんと合流してジンエアーのカウンターでチェックイン。
カウンターもレガシーキャリアとなんら変わらないし、座席も普通に並びを取ってもらえて問題なし。
そうそうと出国審査を済ませて中に入ってここでいったんtamamiさんと別行動。
彼女はカードのラウンジが使えるから偵察に、私は免税店とか第1ターミナル内をぶらぶら。
歌舞伎がテーマのギャラリー・ショップのカブキゲートで歌舞伎の衣装の展示とか見たり。
Img_6795


時間通りに搭乗開始。
3-3の配列の中型機。お下がりの機体なのかな?シールが張りなおしてあったりしたけど別に問題なし。
ジンエアーのCAさん達の制服はデニムなんです。カジュアルでかわいい。
Img_6797


あと女性のCAさんはジンエアーのロゴマークがモチーフのヘアピンを付けているんだけどすっごく可愛い。
機内販売で売ってたので一瞬買おうか悩んじゃった。
Img_6952


この日成田空港の滑走路が渋滞していてなかなか飛び立たない。
30分ほどまってやっと離陸。
シートピッチも広くはないけどすごく狭いとも感じない位。
国内線と同じ位だし、飛行時間も国内と変わりないので問題なし。
Img_6801


そしてLCCで短距離なのにジンエアーは機内食が出るんです!
といってもマフィン・ヨーグルト・バナナとお水なんですが、無料だし美味しくない機内食より全然こういうおやつみたいなので良い。
Img_6800


お喋りしているうちに仁川空港へ到着。離陸が遅れたので到着も予定より30分ほど遅れました。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

韓国の旅2017〜プロローグ

ちょっと前になりますが友達と二泊三日で韓国・ソウルに行ってきました。
今回の旅の目的はタルギ(イチゴ)スイーツを食べる事とショッピング。
以前からお友達のtamamiさんとイチゴスイーツ食べに行きたいねーと話していて季節限定のイチゴスイーツの時期ギリギリに行く事ができました。
昨年夫と一泊二日の弾丸で行った時は明洞で一泊しましたが、今回は東大門のナイトショッピングもお目当てだったのでホテルは東大門にしました。
まだ新しくて便利なところにあるホテルと航空券の安いツアーを見つけたので予約。二泊三日で睡眠時間ほぼ毎日3時間というかなりハードなスケジュールで食べて、買っての女子旅でした。
よければお付き合いくださいませ。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

写真家ソール・ライター展

Bunkamuraミュージアムで開催されている展覧会
「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」
を観に行ってきました。

駅のポスターを見かけて、最初絵画かな?と思ったら写真で、独特の雰囲気が気になってました。






ソール・ライターと言う人をこの展覧会で初めて知ったのですが、
1960年代から80年代にかけてハーパーズバザーやエルなどのファッション雑誌を中心に活躍したフォトグラファーでした。
その後81年に商業写真用のスタジオを突然締め、隠居生活を送っていたようで
もともと絵描きを目指していたのもあり、ニューヨークの自宅で絵を描いたり、近所に写真を撮りに行ったりしていたらしい。
10年ほど前にドイツの出版社から初の写真集が出た事で再評価され注目を浴びるようになり、2013年に89歳で亡くなられました。

今回の展覧会はハーパーズバザーの為に撮った商業写真が少しと、
あとはソール・ライターのライフワークであっただろうニューヨークの近所の街行く人々を撮った主に1950年代の写真、
周りの女性達の日常的なヌード写真、
写真ともう一つのライフワークであった絵画の展示構成でした。
私は多分Bunkamuraが一番よく行く美術館なんだけどここの展示の仕方は凄く好き。
展覧会に合わせた背景の色や、今回もソール・ライターの言葉があったり。

やはり惹かれたのは1950年代のニューヨークの街並みと人々を撮った写真。
傘が大好きだったそうで、雨や雪の日の写真がとても多いんだけど、独特の空気感と、あと彼ならではの大胆な構図。
こういう構図って絵を描く人ならではと言う気がする。

自宅アトリエにはまだまだ膨大なコレクションが残されているらしくまだ整理の途中でどんな写真なのかとても気になります。
数年前まで御存命だったので1970年代〜2010年代までの作品がきっとあるわけで現代のニューヨークが彼の目にどんな風に映ってどんな風に写真に切り取られたんだろう。
それがとても気になりました。

「写真家ソール・ライター急がない人生で見つけた13のこと」
というドキュメンタリーのDVDも出ているのでそれもちょっと見てみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

途中下車の旅

休日、都内にぶらぶら出かけて取り敢えずお昼御飯からというので行ったのが秋葉原。
名古屋の味噌煮込みうどんの有名店、山本屋総本家に行く事に。
最近は店主の体調の影響でランチ営業のみとのこと。



煮込みうどんなのでちょっと待って運ばれてきました。
夫は味噌煮込みうどんのかしわと卵入り。



私は味噌煮込みうどんは味が濃すぎてあまり得意ではないのできしめん。



きしめんはつるつるとして食べやすいしお醤油味で美味しかった。
味噌煮込みもひとくち貰ったら美味しかったですが、特徴的なバリかた、アルデンテの麺の硬さがすごい。

食後ぶらぶら秋葉原駅の方へ歩いていたら不思議なお店を発見!
ナツゲーミュージアムという昔懐かしいゲームが置いてあるゲームセンターで普通に100円で今でもゲームができます。
なんかこういうのテレビ番組のYOUは何しに日本へで見た事ある‼︎
私は女子ゆえにあんまりゲーセンに縁がなかったので知らないものばっかりですが夫は懐かしいゲームがいっぱいだったみたいで、2人でカーレースのゲームをしてみたりしました。







神田方面に歩いて行って入ったのが前から気になっていた昭和8年創業、老舗の純喫茶のショパン。
一階と二階があって二階に案内されました。

看板メニューのアンプレスをオーダー。
このアンプレス前から食べてみたかったんですよね。



アンプレスはホットサンドにあんこが挟まったものなんですが、すごい沢山のバターを塗ってプレスしてあるのでトーストの部分にバターが相当染み込んで、バターの塩気とあんこの甘さで甘じょっぱく美味しいです。
しかしカロリーを考えるととっても恐ろしい食べ物です。

次は神田駅まで歩いてなんとなく山手線に乗って今まで一度も降りた事のない巣鴨へ行ってみる事に。
おばあちゃんの原宿、巣鴨。
和菓子屋さんの多い事‼︎そういう意味では私は和菓子好きなのでかなりポイント高い!
あと赤いパンツを売っているお店がいっぱいあって面白い。



大正5年創業の喜福堂であんパンとクリームパンを買って帰りました。
皮が薄くて中身がぎっしりであんパンもクリームパンもどちらも美味しかったです。

刺抜き地蔵商店街を抜けると都電荒川線が走っていて一度も乗った事がないので乗ってみる事に。
駅もレトロで良い感じ。



東池袋四丁目で降りて、サンシャインまで行って猛毒展を見ようとしたら相当並んでたので諦めました。
猛毒展、人気あるようで期間も延長になっていました。

味噌煮込みうどん、あんトーストと名古屋グルメ続きだったので、夕飯も名古屋飯で池袋の世界の山ちゃんへ手羽先を食べに行ってきました。





手羽先、やっぱり美味しいですね。でも名古屋のイトコ達は山ちゃんより風来坊の方が人気があるよう。
山ちゃんは胡椒が強めで辛いので確かに風来坊の方が食べやすくて私も好きかも。
新橋の風来坊は時々行きます。
味噌カツは他の名古屋飯のお店以外だと味噌が濃すぎるけど、山ちゃんの味噌カツは味噌が丁度良い塩梅で美味しかった。

もう充分食べたんですが、また電車にちょっと乗って赤羽まで行き、鮮芋仙に食後のデザート食べにいってきました(^-^;
1週間前に行ったばかりだけど

1日街ブラして食べてるだけなんですが、行った事ない街に行ったり、普段乗らない路線に乗るだけで都内だけどちょっとした旅気分で楽しいです。
都内は交通網も発達してるからちょっと電車乗って都内をぐるぐるできちゃいますもんね。
神奈川住みだと山手線の上の方に縁がないので開拓してくと楽しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

立て続けに新大久保

ちょっと前にかいこさんから、新大久保に韓国刺身を食べに行かないかとお誘いを受けて行ってきました。
韓国映画で時々見かける韓国刺身ですが私は食べた事がなくて、かいこさんは10年位前によく新大久保へ行っていたそうで行きつけの韓国刺身のお店がまだあったのでそちらに行く事に。

新大久保について晩御飯の前にお茶タイム。
新大久保に行くと必ず入るのが職安通りにあるCafe du Riche
ここは広々していてメニューも豊富だし好きなカフェ。
でも大抵頼むのはカフェラテ。

ここの好きな所はもう一つあって、隣がSHOW BOXっていう韓流アイドルのライブハウスなんだけど、ライブの前後にファンの方々が集まっていて、ライブ終わりに韓流男性アイドルが挨拶にでてくるのをファン方々が写真を撮ったりキャーキャー言ってるのを見るのが楽しい。

あと新大久保に行くと韓国食材を売ってるスーパーで買い物するのも好き。
最近はカルディとかでも普通に買えるものも多いんだけど、種類の多さも全然違うしね。

晩御飯は新大久保駅からすぐのビルの二階にあるテジョンデというお店へ。
入れ替わりの激しい新大久保で17年続いてるそうです。
メニューはメインの韓国刺身や海鮮の他にも参鶏湯とかプルコギみたいな普通のお肉料理もあります。

お刺身は基本的に魚の種類と大きさによって違っていて、お店のイチオシで一番リーゾナブルな鯛の中サイズ1999円をオーダー。
そこに一人当たり980円のセットをつけました。
この日はかいこさんもお酒を飲まなかったのでお水を頼んだら韓国式にボトルに入ったお茶を持ってきてくれました。
この韓国式のお茶のサービス好き。

まずセットの食べ物がぞくぞくとやってきます。
2人でこの量⁉︎ってびっくりしたんだけど凄い品数です…



サラダにカキフライ、丸ごとにんにく揚げに、ホッケ、海老の醤油漬け、カンジャンケジャン(ワタリ蟹の醤油漬け)まで‼︎

そして鉄板焼きも!



まだまだきます、チヂミにダッカルビ、ケランチムも。






メインのお刺身が来る前にもうお腹いっぱいになりそう…
お味もどれもみんな美味しかったですよ!

メインのお刺身がきました〜



日本のお刺身と違うのは焼肉みたいにお野菜に包んでタレをつけて食べること!
タレは四種類あって、ワサビ醤油、ポン酢、多分ちょっと酸っぱいチョジャンというのと、サムジャン。

こんな風に葉っぱや大根の酢漬けやキュウリ、お好みで生ニンニクや青唐辛子を包んでタレをつけて食べます。



フエ(韓国刺身)初体験ですがさっぱりしていて美味しかったです!
白身魚と野菜でヘルシーで良いですね。

複数人で行ってもお魚1匹の値段+セット980円(その他コース等もあります)
なので大人数で行く方がお得かも。
実際お刺身は全部食べたけどその他がもう2人じゃ食べきれない量で少し残してしまいました。
美味しかったのに勿体無かったshock

私達以外来ているお客さんのほとんどが韓国人でした!それにもびっくり。
あんまり韓国刺身って日本人に認知されてないのかも。私も食べた事なかったし。
でもお店もかいこさん曰く改装されていてボックス席でなかなか良いし、
今回は着なかったけどチマチョゴリが置いてあって自由に着れるサービスがあるみたいなので女子会とかにはとっても良さそう❤️
お値段も飲み物頼まなかったのであんなにボリュームがあって1人2000円ちょっととコスパが非常に良かったです!


そしてかいこさんと新大久保に行った3日後にまた夫と新大久保行ってきました(笑)
夫は韓国料理が好きなので話を聞いて行きたくなったみたい。
今度は肉食男子が一緒なので前から気になっていたチキン専門店の辛ちゃんに行きました。

こちらもチキンとその他のメニューとお酒がセットになったものがあったのでそれにしました。
チキンは炭火焼きと揚げたのがあるので味も違うハーフ&ハーフで。

まずきたのがヤンニョムチキンの揚げバージョン。
きた時マジで⁉︎と思う位の凄い量…



これで半分…食べられるか心配になってきました。
でも食べ始めたら味も美味しいし、見た目より骨の部分も多いので食べられました。

もう半分は塩味の炭火焼き。







こちらは焼いてあるのでさっぱり目。
塩味がしっかりついてて美味しい。

選べるもう一品はトッポッキにしました。
お店によっては玉ねぎばっかりだったりするけど、ここは練り物の量が多くて美味しかった。

お通しにキャベツと大根の酢漬けが出てきてお代わりもできるんだけど、この大根の酢漬けがさっぱりしてて箸休めにちょうど良かったです。

夫がいたから完食できましたが、女子2人とかだとかなり厳しいかも。
ここも複数で行った方がお得かもしれませんんね。

お腹いっぱいになったはずなのにまたCafe du Richeでデザートタイム。
ワッフルをオーダー





また韓流ファン達を眺めながらお茶。

スーパーでずっと探してたチヂミの素も買えて他にもコムタンスープの素を買ったり(このコムタンスープの素、ヒット。また買おう)シャンプー買ったり立て続けの新大久保ですが満喫しました。

世の中嫌韓ムードだけど、一時期新大久保とちょっと寂しい感じだったけどここ最近はいつ行っても人が沢山いて盛り返してる印象です。
メイクとかファッションとかどっちかというと日本の若い子達が韓国を真似してる印象。
時代が変わったのかなーとヒシヒシ感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

赤羽散策

鮮芋仙でスイーツを食べた後に赤羽の街を散策。

赤羽と言えばここ、という通りに夫が案内してくれました。
夫は埼玉に住んでいる友達と飲む時ときどき赤羽に行く事があるので。

風情のある通り。



赤羽の有名なおでん屋さん丸健水産。



好きなテレビ番組の72時間でも取り上げられていた事があります。
最初通った時はそんなに混んでなかったけど夕方近くなってきたら行列ができていました。
この日は食べなかったけどいつか行ってみたい。

ここも有名店らしく、いつも行列なんだとか。
鯉と鰻のまるます家



こちらは鮮芋仙の近くにあって気になったお店。鯵家さん。
その名の通り鯵専門店。



気になる御飯屋さんは沢山あったものの、デザートでお腹いっぱいで結局赤羽で食事はせず。
お茶しようと入ったのは駅前にある純喫茶の梅の木。



一階が禁煙で二階が喫煙席でした。



カフェも良いけどこういう老舗の佇まいの喫茶店って好きです。コーヒーもちゃんと美味しいし。

こちらは鮮芋仙の近くにあったお店なんだけど、外の薔薇が見事な事‼︎



ぶらぶらしてたら西友の所にウォルマートの文字が。
ウォルマートってあの外国のウォルマート?と入ってみたら売ってるものは日本のスーパーのものだけど什器の感じとかなんとなく外国風。



調べたら西友ってウォルマート傘下なんですね。

赤羽、全体的に漂う雰囲気が川崎に似ていて馴染みのある感じではあるんですが、
美味しそうなお店も沢山あってちょっと気になる街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ