« 2017年7月 | トップページ

2017年8月11日 (金)

La Cocotte

ちょっと前に引っ越ししたMさん。
場所を聞いたら何と私の職場のかなり近く。
同じく割とご近所に住んでいるNさんと、そしたら3人で近場で御飯でもーとの事で
Nさんのお知り合いのお店の二子玉川にあるビストロ、La Cocotteラ・ココットさんに行ってきました。

二子玉川も開発がどんどんすすんでびっくりな感じですよね。
その昔は高島屋位しかなかった記憶。
Nさんと昔話で、ライズのある方にプレハブみたいな東急ストアがあったよね!と盛り上がりました。

La Cocotteさんは高島屋の裏側、二子玉川小の脇あたりにあって、今まで通った事のない道でした。
カウンターと数席のみのこぢんまりとしたビストロです。

La Cocotteさんはストウブ料理専門店というちょっと変わったコンセプトのお店です。
ストウブとはフランスの鋳物ホーロー鍋のメーカー。

お通しの玉ねぎとトマトのマリネ。
飲み物は終始ワインクーラーを飲みました。



グレープフルーツと海老のグリーンサラダ
夏らしい爽やかな味わいでした



椎茸のブルーチーズ焼き



蓮根とイワシのマリネ



お料理、どれもハーブが効いていたりオシャレな味わい。
そして器がどれも凝っていてすごく素敵でした。

ラムチョップのエスカルゴバター焼き。
ラムにエスカルゴ⁉︎と意外な組み合わせの気がしますが美味しかったです。



美桜鶏手羽先とあさりのパエリア



Nさんイチオシの蟹味噌ポテトサラダ
蟹味噌そんなに好きじゃないんだけど、これは深みのある味で美味しかった



黒毛和牛とモッツァレラのインボルティーニ
バケットにつけて食べたら間違いなく美味しい



デザートはイチジクと赤ワインのジェラート
赤ワインが効いていてかなり大人な味わい



全体的にオシャレで凝ったお味付けでした。
人数に応じて量を調整して貰えるのもありがたいです。

この日も恋人と暮らしはじめたMさんに、私とNさんは既婚者なので色々質問されたり、アドバイスしたり。
ながながと御飯食べてお酒飲みながら(女子ではもうないが)女子トークが止まりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

愛の棘

韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」の主演だったチャン・ヒョク。
すっかり彼に魅了されてしまって、他の作品も見たいと思いました。
ドラマも映画も多数出ているんだけどドラマだと長丁場なので
とりあえず映画を見て見る事に。
ラブサイコサスペンスの「愛の棘」を見ました。



「運命のように~」でも彼にハマったのが色気があるからなんですよね。
この色気というのは私にとって重要で、あんまり爽やかなのは惹かれない。
「運命のように~」もコミカルな演技とシリアスな演技のさじ加減が丁度良いのと
時折見せる色っぽい眼差しにやられました(笑)
もう一人好きな映画俳優のパク・ヘイルも顔が特にカッコいいわけじゃなんだけど
ちょっと色っぽさとか危うさみたいなのを感じる所が好き。
そういう意味でも映画俳優のキム・ユンソクもおじさんで格好いいわけじゃないけど色気がある。
でもチャン・ヒョクは色気がある上にルックスも格好良い。
顔だちも綺麗だし腹筋もびっくりするほど割れてる(笑)
そういえばチャン・ヒョクもパク・ヘイルも私同じ年だわ。






「愛の棘」は2014年公開の韓国映画。

ジュンギ(チャン・ヒョク)は女子高の体育教師。身重の妻ソヨン(ソン・ウソン)と二人暮らし。
義父にマンションを買ってもらったり就職先の面倒を見てもらったり妻側の親族に頭があがらない。
でも女子高ではイケメンの先生として生徒たちからは絶大な人気がある。
そんな中、一人の女生徒ヨンウン(チョ・ボア)がジュンギに猛烈アプローチ。
まんざらではない先生・ジュンギも「先生をからかうな」なんて最初は言ってたのに
ある雨の日の放課後、ヨンウンに誘惑されてしまってキスをしてしまう。
そこから「先生に愛されてる」と妄想が暴走したヨンウンがストーカー化してしまう。
最終的に妻ソヨンとも一騎打ちになり泥沼化。



以下ネタバレあり



ヨンウンが妄想で妊娠したと騒いだり、それを闇医者に堕ろさせようとソヨンがしたり
ソヨンの産んだ子をヨンウンが連れ去ったり最終的に女二人の泥沼の戦いに後半はなって行きます。
一番まともだった同僚の先生ミンジュがヨンウンに殺されちゃったのがかわいそう・・
どうもミンジュ役の女優さんのインタビューでも書いてありましたがミンジュもジュンギに対して恋心があるんですよね。
妻ソヨンがミンジュに釘をさすシーンもありますし。
最終的にヨンウンが飛び降り自殺をするので事態が収束して終わりを迎えるんですが。



私的にはチャン・ヒョクが見たくて見たので大満足。
「運命のように~」のような大富豪の社長で愛にも溢れた思いっきりフィクションのゴンも良いですが
「愛の棘」のように弱い男を演じているチャン・ヒョクも魅力的でした。
このジュンギ役の方がより人間臭くて感情移入できる。
ドラマだと韓国はR指定もあり結構うるさいらしくラブシーンやベッドシーンに規制があるらしいのですが
映画だとほかの韓国映画もそうですがベッドシーンもかなりがっつりハードです。
そういう意味でも色っぽいチャン・ヒョクが見れます。



この映画、結構賛否両論あるようなんですが私は結構好きな1本になったかも。
ジュンギ(夫)・ヨンウン(生徒)・ソヨン(妻)の誰の感情も理解できる。
立場的には私も妻なので、妻としての感情は勿論理解できるし行きすぎだとしてもソヨンの行動も理解できる。
しかも母として子供を守らないといけないから強くならざるを得ない。
ヨンウンも大企業の妾の子供として裕福だけどさびしい環境で育ってきて愛に飢えている。
まだ高校生で恋愛経験も乏しくて好きだった先生に振り向いてもらえた!と愛が暴走する。
その気持ちもなんだか理解できる。
ストーカー化するまでのヨンウンは小悪魔的でほんとに可愛いです。



一番悪いのはジュンギなんだけど彼の気持ちも理解できるんだよなぁ。
この映画はスタッフロールが始まってすぐ見るのをやめてはダメな映画。
スタッフロールの途中で、ヨンウンを見つめるジュンギのシーンが入る。
私は、ジュンギが一時の感情で理性をなくしてヨンウンにキスをしてしまったとは思わない。
ジュンギはヨンウンを愛していたんだと思う。



やりたいわけでない高校教師という職業や
家庭での鬱々とした感情があったのは事実である意味現実逃避をしたかったのかもしれないのだけど
ヨンウンの瑞々しい若さと生を謳歌しているキラキラ感。
自分に対してまっすぐ好きという感情をぶつけてくるところ。そういう所に惹かれていたのは紛れもない事実で。
だから何度かヨンウンが「私を愛しているでしょ」と聞くけど
やめろ、とか妻が気づく、とは言うけど一度も「愛してない」とは言わないんですよね。
最後のシーンで季節が変わり、ジュンギが一人で涙を流すシーンがあるけど
生徒を、一人の人間を助けられなくて後悔しているようにも見えるし
一瞬でも心を奪われた人を亡くしてしまったのを悲しんでいるようにも見える。
あとは全力で自分を愛してくれた人という意味でも。



メンヘラ女子高生がちょっと手を出しちゃった先生にストーカーする話、
ってざっくりした感じはそうなんだけど
ただそれだけではない「愛」はあったんだと思うんですよね。3人それぞれに。



ゴンのような強くまっすぐなヒーローのチャン・ヒョクが見たいならおすすめしないけど
人間臭くて弱いとこともあるチャン・ヒョクも見たいならおすすめの1本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ