« 墨繪 | トップページ | マイPSパートナー »

2017年12月21日 (木)

密偵

新宿シネマートで公開されている韓国映画「密偵」を見てきました。




1920年代、朝鮮半島を日本がと統治していた時代。
武装独立運動団体「義烈団」と日本の警察との攻防戦。

日本警察のトップは鶴見信吾演じる東。
朝鮮人でありながら日本警察で働くのが主演のソン・ガンホ演じるジョンチュル。
義烈団のリーダーがイ・ビョンホンで、隊長がコン・ユ演じるウジン。
日韓でなかなか豪華な出演陣です。

韓国映画にしてもドラマにしても現代劇でないもの(史劇)は特に好きなジャンルではないので見る事が少ないんですが
1920年代のファッションとか、西洋文化が入ってきて入り混じっている感じの風景や建物とかは好きです。
歴史的な背景で不勉強なのでこの当時の日韓の関係でわからない部分もあるんですが
こういう映画を見ると改めて調べてみようかな、という気持ちになります。

主演のソン・ガンホが一番日本語での台詞も多いんですが結構上手でした。
ソン・ガンホは好きな役者なので出演作はつい見ちゃう。今度公開するタクシードライバーも見たいな。
コン・ユはトガニだったり社会派の映画に出ている分には好きなんですが
なんとなく顔の好みからしてラブストーリーは見る気が今まで起きなかったんだけど
今回ちょっとかっこいいのかも?って気がしてきました。背が高くてスタイルがいいですね。
映画館を出た後におば様達が「かっこよかった~」って言っていたので多分コン・ユさんペンなのかな。
ポスターにもバーンと出ているイ・ビョンホンは友情出演程度の時間しか出てません。

2時間20分と長めな映画なんですが、案外飽きることなく見れました。
あと、さすが韓国映画、拷問のシーンがえぐいです。

|

« 墨繪 | トップページ | マイPSパートナー »

コメント

シェリーさん、お久しぶりです。くつしたです。私も新宿シネマートさんで見ようと思っているのですが中々時間が合わず…。映画『男と女』を見た時もコンユさんのファンが多く、劇場を後にするまでついつい周りの方々のお話に聞き耳を立ててしまいました(笑)。拷問シーンにはちょっと(というかだいぶ)ドキドキしますが、時間が合い次第見に行きますー!ではでは。

投稿: くつした | 2017年12月23日 (土) 17時53分

くつしたさん、コメントありがとうございます!
コン・ユさんファン多いですよね〜確かに1920年代のスーツとかコートを着こなしてる姿はちょっとカッコ良かったです。
拷問シーン、日本警察が鬼畜のごとく拷問するので日本人としては感じるところがありますが、見てて痛い>_<
最近は韓ドラはあまり見ず、映画ばかりですが唯一見た「2度目の二十歳」は面白かったです^_^

投稿: cherie | 2017年12月26日 (火) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/72482607

この記事へのトラックバック一覧です: 密偵:

« 墨繪 | トップページ | マイPSパートナー »