« SNOWY VILLAGE | トップページ | 横浜中華街 »

2018年6月24日 (日)

チーズインザトラップ

たまたま韓国ドラマ繋がりのブロガーさんがオススメして知ったのが、韓国のweb漫画サイトのXOY。

韓国は割とウェブトゥーンというデジタルコミックが盛んなのは知っていたけど
韓国語だろうしと読んだことがなかったら
日本語版のサイトもあって、日本人の漫画家さんも描いてるよう。
読むのは無料ですが、広告とかなのかな?きちんと作家側にもギャラは支払われる仕組み。
韓国ドラマもこのウェブトゥーンが原作のものも沢山あります。
私が大好きなドラマのミセンもウェブトゥーンが原作。
最近は日本でも漫画原作のドラマや映画が多いしですしね。





もともとウェブトゥーンが原作でドラマも見たいと思っていたのが「チーズインザトラップ」という作品。
この夏日本で映画の公開も決まっています。
ドラマ版のヒロインはキム・ゴウンで、彼女は未整形だろうなーという顔立ちですが
映画「コインロッカーの女」や「ウンギョ」で若手では演技派の女優さん。

とりあえずXOYで漫画は完結してるし、調べたらドラマ版は漫画が完結する前に最終回を迎えたらしく、ドラマの終わり方の評判はあまり良くないらしく漫画を読む事にしました。
チーズインザトラップは、見るまでなんとなく普通のラブコメだと思ってました。
でもこれがなかなか良い意味で裏切られましたね。

日本語版は登場人物の名前も、地名も日本に合わせてあるので韓国文化を知らなくても違和感なく読めると思います。
物語としては主人公達の大学生活が主で、休学とか復学というワードや留学という設定になっているところは男子学生に限ってですが、これは韓国ならではの徴兵制が影響しています。

主人公の赤山雪、青田淳先輩、河村亮の3人が軸になっていて、亮の姉の静香だったり、大学の仲間の問題だったり色んな登場人物が出てきますが
これがなかなか曲者揃い、でもここまでひどくないにしろ現実にもいるような人々。
雪と先輩の関係とか一筋縄ではいかなくて、
かなり色々な場面で人間の深層心理をついてくる漫画でした。


絵柄も読みやすいです。韓国の漫画家さんはそんなにわかりませんが、この作者さんとかは色んな日本の漫画家さんに影響受けてそうなだなーと感じます。顔の描き方とか。
どこか吉田秋生っぽかったり、高橋留美子っぽかったり、浦沢直樹っぽかったり。
でも大胆なカット割だったり、構図とか良いと思う。

物語としては、人のダークな部分だったり、トラウマだったりを描いているので日本の漫画の「彼氏彼女の事情」に少し近いところがあります。
ウェブ漫画といっても300話と長いのでじっくり描かれているし、冒頭から過去と現在が交互に描かれていてわかりにくさを感じますがどんどん面白くなってきます。

家族とか友達とか先輩後輩、恋愛感情だったり、なかなかうまくいかない思いをみんな抱えていながら生きてきて
理不尽な思いだったり、普通に過ごしてきたはずなのにトラブルに見舞われたり。

そして、この漫画は伏線回収が素晴らしいです。
ちょっとしたコマがあとあとに意味をなしていた事に気がついて、読み返してもまた面白い。

ライトなラブコメでは決してないですが、読み応えのある作品が読みたいならチーズインザトラップはオススメです。

他にXOYでは「私は整形美人」も読みましたがこれも面白いです。
日本語版まだ完結してないので途中までですが。
こちらの作品もドラマ化が決定しているそう。
まだ連載中ですが1番人気の「外見至上主義」も面白い!
こちらは男性漫画家さんですが、男女問わず楽しめると思います。
出てくるキャラがみんな面白くて好きです。
バスコとか可愛すぎる。

あと、グク(ソ・イングク)の復帰決まりましたね〜
10月からのtvNドラマ「空から降る一億の星」!
こちらのドラマはキムタクと深津絵里が出てた日本ドラマのリメイク。
そのドラマ見てないのでわからないんだけど、グク(キムタク)の役柄は影のある役みたいなので楽しみです。
グクは演技がうまいので、悪い役やって欲しかったんですよね〜いいわ〜汚れ役。

|

« SNOWY VILLAGE | トップページ | 横浜中華街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201747/73594230

この記事へのトラックバック一覧です: チーズインザトラップ:

« SNOWY VILLAGE | トップページ | 横浜中華街 »