2017年6月 4日 (日)

途中下車の旅

休日、都内にぶらぶら出かけて取り敢えずお昼御飯からというので行ったのが秋葉原。
名古屋の味噌煮込みうどんの有名店、山本屋総本家に行く事に。
最近は店主の体調の影響でランチ営業のみとのこと。



煮込みうどんなのでちょっと待って運ばれてきました。
夫は味噌煮込みうどんのかしわと卵入り。



私は味噌煮込みうどんは味が濃すぎてあまり得意ではないのできしめん。



きしめんはつるつるとして食べやすいしお醤油味で美味しかった。
味噌煮込みもひとくち貰ったら美味しかったですが、特徴的なバリかた、アルデンテの麺の硬さがすごい。

食後ぶらぶら秋葉原駅の方へ歩いていたら不思議なお店を発見!
ナツゲーミュージアムという昔懐かしいゲームが置いてあるゲームセンターで普通に100円で今でもゲームができます。
なんかこういうのテレビ番組のYOUは何しに日本へで見た事ある‼︎
私は女子ゆえにあんまりゲーセンに縁がなかったので知らないものばっかりですが夫は懐かしいゲームがいっぱいだったみたいで、2人でカーレースのゲームをしてみたりしました。







神田方面に歩いて行って入ったのが前から気になっていた昭和8年創業、老舗の純喫茶のショパン。
一階と二階があって二階に案内されました。

看板メニューのアンプレスをオーダー。
このアンプレス前から食べてみたかったんですよね。



アンプレスはホットサンドにあんこが挟まったものなんですが、すごい沢山のバターを塗ってプレスしてあるのでトーストの部分にバターが相当染み込んで、バターの塩気とあんこの甘さで甘じょっぱく美味しいです。
しかしカロリーを考えるととっても恐ろしい食べ物です。

次は神田駅まで歩いてなんとなく山手線に乗って今まで一度も降りた事のない巣鴨へ行ってみる事に。
おばあちゃんの原宿、巣鴨。
和菓子屋さんの多い事‼︎そういう意味では私は和菓子好きなのでかなりポイント高い!
あと赤いパンツを売っているお店がいっぱいあって面白い。



大正5年創業の喜福堂であんパンとクリームパンを買って帰りました。
皮が薄くて中身がぎっしりであんパンもクリームパンもどちらも美味しかったです。

刺抜き地蔵商店街を抜けると都電荒川線が走っていて一度も乗った事がないので乗ってみる事に。
駅もレトロで良い感じ。



東池袋四丁目で降りて、サンシャインまで行って猛毒展を見ようとしたら相当並んでたので諦めました。
猛毒展、人気あるようで期間も延長になっていました。

味噌煮込みうどん、あんトーストと名古屋グルメ続きだったので、夕飯も名古屋飯で池袋の世界の山ちゃんへ手羽先を食べに行ってきました。





手羽先、やっぱり美味しいですね。でも名古屋のイトコ達は山ちゃんより風来坊の方が人気があるよう。
山ちゃんは胡椒が強めで辛いので確かに風来坊の方が食べやすくて私も好きかも。
新橋の風来坊は時々行きます。
味噌カツは他の名古屋飯のお店以外だと味噌が濃すぎるけど、山ちゃんの味噌カツは味噌が丁度良い塩梅で美味しかった。

もう充分食べたんですが、また電車にちょっと乗って赤羽まで行き、鮮芋仙に食後のデザート食べにいってきました(^-^;
1週間前に行ったばかりだけど

1日街ブラして食べてるだけなんですが、行った事ない街に行ったり、普段乗らない路線に乗るだけで都内だけどちょっとした旅気分で楽しいです。
都内は交通網も発達してるからちょっと電車乗って都内をぐるぐるできちゃいますもんね。
神奈川住みだと山手線の上の方に縁がないので開拓してくと楽しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

立て続けに新大久保

ちょっと前にかいこさんから、新大久保に韓国刺身を食べに行かないかとお誘いを受けて行ってきました。
韓国映画で時々見かける韓国刺身ですが私は食べた事がなくて、かいこさんは10年位前によく新大久保へ行っていたそうで行きつけの韓国刺身のお店がまだあったのでそちらに行く事に。

新大久保について晩御飯の前にお茶タイム。
新大久保に行くと必ず入るのが職安通りにあるCafe du Riche
ここは広々していてメニューも豊富だし好きなカフェ。
でも大抵頼むのはカフェラテ。

ここの好きな所はもう一つあって、隣がSHOW BOXっていう韓流アイドルのライブハウスなんだけど、ライブの前後にファンの方々が集まっていて、ライブ終わりに韓流男性アイドルが挨拶にでてくるのをファン方々が写真を撮ったりキャーキャー言ってるのを見るのが楽しい。

あと新大久保に行くと韓国食材を売ってるスーパーで買い物するのも好き。
最近はカルディとかでも普通に買えるものも多いんだけど、種類の多さも全然違うしね。

晩御飯は新大久保駅からすぐのビルの二階にあるテジョンデというお店へ。
入れ替わりの激しい新大久保で17年続いてるそうです。
メニューはメインの韓国刺身や海鮮の他にも参鶏湯とかプルコギみたいな普通のお肉料理もあります。

お刺身は基本的に魚の種類と大きさによって違っていて、お店のイチオシで一番リーゾナブルな鯛の中サイズ1999円をオーダー。
そこに一人当たり980円のセットをつけました。
この日はかいこさんもお酒を飲まなかったのでお水を頼んだら韓国式にボトルに入ったお茶を持ってきてくれました。
この韓国式のお茶のサービス好き。

まずセットの食べ物がぞくぞくとやってきます。
2人でこの量⁉︎ってびっくりしたんだけど凄い品数です…



サラダにカキフライ、丸ごとにんにく揚げに、ホッケ、海老の醤油漬け、カンジャンケジャン(ワタリ蟹の醤油漬け)まで‼︎

そして鉄板焼きも!



まだまだきます、チヂミにダッカルビ、ケランチムも。






メインのお刺身が来る前にもうお腹いっぱいになりそう…
お味もどれもみんな美味しかったですよ!

メインのお刺身がきました〜



日本のお刺身と違うのは焼肉みたいにお野菜に包んでタレをつけて食べること!
タレは四種類あって、ワサビ醤油、ポン酢、多分ちょっと酸っぱいチョジャンというのと、サムジャン。

こんな風に葉っぱや大根の酢漬けやキュウリ、お好みで生ニンニクや青唐辛子を包んでタレをつけて食べます。



フエ(韓国刺身)初体験ですがさっぱりしていて美味しかったです!
白身魚と野菜でヘルシーで良いですね。

複数人で行ってもお魚1匹の値段+セット980円(その他コース等もあります)
なので大人数で行く方がお得かも。
実際お刺身は全部食べたけどその他がもう2人じゃ食べきれない量で少し残してしまいました。
美味しかったのに勿体無かったshock

私達以外来ているお客さんのほとんどが韓国人でした!それにもびっくり。
あんまり韓国刺身って日本人に認知されてないのかも。私も食べた事なかったし。
でもお店もかいこさん曰く改装されていてボックス席でなかなか良いし、
今回は着なかったけどチマチョゴリが置いてあって自由に着れるサービスがあるみたいなので女子会とかにはとっても良さそう❤️
お値段も飲み物頼まなかったのであんなにボリュームがあって1人2000円ちょっととコスパが非常に良かったです!


そしてかいこさんと新大久保に行った3日後にまた夫と新大久保行ってきました(笑)
夫は韓国料理が好きなので話を聞いて行きたくなったみたい。
今度は肉食男子が一緒なので前から気になっていたチキン専門店の辛ちゃんに行きました。

こちらもチキンとその他のメニューとお酒がセットになったものがあったのでそれにしました。
チキンは炭火焼きと揚げたのがあるので味も違うハーフ&ハーフで。

まずきたのがヤンニョムチキンの揚げバージョン。
きた時マジで⁉︎と思う位の凄い量…



これで半分…食べられるか心配になってきました。
でも食べ始めたら味も美味しいし、見た目より骨の部分も多いので食べられました。

もう半分は塩味の炭火焼き。







こちらは焼いてあるのでさっぱり目。
塩味がしっかりついてて美味しい。

選べるもう一品はトッポッキにしました。
お店によっては玉ねぎばっかりだったりするけど、ここは練り物の量が多くて美味しかった。

お通しにキャベツと大根の酢漬けが出てきてお代わりもできるんだけど、この大根の酢漬けがさっぱりしてて箸休めにちょうど良かったです。

夫がいたから完食できましたが、女子2人とかだとかなり厳しいかも。
ここも複数で行った方がお得かもしれませんんね。

お腹いっぱいになったはずなのにまたCafe du Richeでデザートタイム。
ワッフルをオーダー





また韓流ファン達を眺めながらお茶。

スーパーでずっと探してたチヂミの素も買えて他にもコムタンスープの素を買ったり(このコムタンスープの素、ヒット。また買おう)シャンプー買ったり立て続けの新大久保ですが満喫しました。

世の中嫌韓ムードだけど、一時期新大久保とちょっと寂しい感じだったけどここ最近はいつ行っても人が沢山いて盛り返してる印象です。
メイクとかファッションとかどっちかというと日本の若い子達が韓国を真似してる印象。
時代が変わったのかなーとヒシヒシ感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

鮮芋仙

ちょっと前に嬉しい情報を入手。
台湾のスイーツのお店、鮮芋仙が日本に初めて出店!
今まで中国や韓国など他のアジア圏やアメリカやオーストラリアにもあるのに何故か日本にはない!
小豆や芋など和菓子にも近い材料だし台湾スイーツは日本で受け入れられやすそうなのに。

やっと日本にもできたと思ったらなぜか場所が赤羽。
東京でもなんで原宿とか新宿とかじゃないの?と疑問には思いますが地価が高いからなぁ。

そこで初めて赤羽に行ってきました。
いま住んでいるのも実家も神奈川よりなのであんまり埼玉寄りは縁がなくて行ったことがない。
電車に乗って赤羽まで。思ったより遠くはないですね。
そしてこんなに大きなターミナル駅なのを知りませんでした。

駅から商店街を歩いてお店まで。駅周辺の雰囲気は川崎駅にちょっと似てる。
アーケードからちょっと入ったところにお店はありました。
出来たばっかりの頃はきっと行列だったのか列を整理するチェーンもありましたが
この日は休日の午後だったけど並ぶ事もなく席も空いていてすんなり入店。





メニューは芋圓という芋団子や仙草ゼリーや豆花、台湾かき氷など結構豊富。ドリンクも色んな種類があります。
私は仙草3号に芋圓をトッピング、夫は芋圓4号に白玉トッピング。
台湾の甘味屋さんと同じくトッピングが追加できるので自分でカスタマイズできて良いですね~
芋圓と豆花は冷たいタイプと暖かいタイプが選べます。

お店の中も天井が高くて、台湾らしいディスプレイが可愛いです。
カウンターで注文して呼び出しベルを貰って自分で受け取りに行く方法。
お水もカウンターにフルーツやハーブが入ったタンクが置いてあって自由に飲めます。











来ました~



仙草ゼリーに茹で落花生・タピオカ・小豆・芋圓に氷で黒糖蜜でまさに台湾の味!
QQ(もちもち)で美味しいです~
サイズはMサイズとLサイズがあるんですが勿論Lサイズです(笑)
周りの方々はMサイズを頼んでいる人が多かったかな(笑)

あっという間に完食。でもお芋が入っていると結構腹持ちが良いです。
美味しかった~また食べたいけど赤羽まで行かなきゃ。
もっと色んな所に出来てくれないかなぁ。

赤羽には東口側の本店の他に、西口のBIVIOにもお店ができました。
そちらも覗いてみたらそっちの方が駅から近いせいもあり座席も少ないので混んでいました。
ゆっくり食べたいなら本店まで行った方がいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

アンナミラーズ

懐かしのカフェ、アンナミラーズがまだ品川に一軒だけあるのを知って行ってきました。
昔は青葉台店だったり、自由が丘店に行っていた記憶があります。

パイがずらり。カロリー高そう〜



夫はココナッツが好きなので季節限定のココナッツパイ。私はレモンパイが食べたかったんだけど限定の中のメニューにはあるものの今はないとの事でチェリーパイを。

チェリーパイ



うーん…美味しくない。
フィリングの部分がかなりトロリとしているんだけど、そこがコーンスターチでとろみをつけてある感じでただ甘いだけ。
昔はもっと美味しかった記憶があるんだけどなぁ。味が落ちたのか、私の舌が肥えたのか。



夫のココナッツパイはココナッツのカスタードみたいな部分は美味しかったらしいのですが生クリームが美味しくないらしい。
あとセットでコーヒーも頼んだけどそれも美味しくない。

パイ600円、セットのコーヒー400円で千円くらいするので決して安くはないし、コスパは良くないなぁ。

店員さんの女の子達は昔と変わらない制服で目の保養(?)になりました(笑)
すっごいウエストは細いのにバストはあるような子もいて、自信がないとあの制服は着れないですよね〜

アンナミラーズで撃沈したので、翌日ホノルルコーヒーでハウピアパイ(ハワイのココナッツを使ったパイ)を発見したので購入。



夫いわくこっちの方が全然美味しいみたい。
私も味見しましたが、下のチョコレートの部分が美味しかったから今度チョコレートを使ったのを買ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

台南の旅〜嚐仙手工芋圓、芋泥專賣

この日も晩御飯はC家とご一緒で總趕宮のところにあるお店に連れていってもらいました。
写真を撮りそびれてしまってないのだけど、
厨房みたいなお店があって、そこから路上のテーブルへ運んでくれるシステム。
この時はまだビニールテントのような中にテーブルがあったんだけど
夏はオープンエアで木の下で雰囲気がもっと良いんだとか。
そうそう、ここでも揚げ物が出てきたんだけど、台湾の方々は甘い味が好きらしく
揚げ物にはきまってケチャップをつけるんだそう。

Lちゃんに仙草ゼリーが好きだと言ってあったら
食後に若者チームだけで、デザートを食べに連れていってくれました。
嚐仙という仙草や芋圓が美味しいお店でLちゃんイチオシらしい。
Img_6540

まずL家の姉妹が頼んだタピオカがやってきたら、この量!!
Hh2a9133

丼っていうか植木鉢位のすごい大きくて深い器にたっぷりと。
これはシェアして食べる分量ですね〜

私は冷たい仙草ゼリーに小豆や落花生などをトッピング。
これまたすごい量。
Hh2a9136

自分でも食べられるかな?と思いましたが、仙草の下が氷なのもあって食べられた(笑)
でもこの日朝から食事以外に甘いもの三回食べていて
私は甘党でしかも大食漢なのである意味余裕だったんですが
甘いものがさほど得意でないかいこさんも私に付き合って食べていたので
最後辟易していました(笑)

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

台南の旅〜神農街

かいこさんに雰囲気の良い通りがあるよ〜と連れてってもらったのが
海安路から入ったところにある神農街。

小さな通りですが、古い町並みが残っていてノスタルジックな通りです。
Hh2a9112

Hh2a9101

Hh2a9095


そのまま住宅のお家もありますが、雑貨屋さんやカフェにリノベーションされているところも。
お店の軒先で売っていた水仙の花。不思議な形状。
Hh2a9096


素敵そうなカフェがあったので入ってみました。
慢慢鳩生活木作
Hh2a9111


Hh2a9107


鰻の寝床のように奥に長い作りで、奥はアトリエになっていました。

珈琲もしっかりした味で美味しい。
Hh2a9110


なんか変わった絵・・(笑)
Dscn7715


路地でみつけた照明。凄く素敵。
Hh2a9118


Hh2a9117


お茶の自動販売機もおしゃれ。
Hh2a9120


| | コメント (2)

2017年5月 9日 (火)

台南の旅〜街歩き

この日は一日朝から自転車ではなくて徒歩で街歩き。
毎度の事ながらこの日も一日飲み食いしてばっかりです。
ホテルの部屋から見えていた斜向かいにあるカフェの曼頓咖啡が気になっていたので行ってみました。
天井も高くて広々した店内。日本ってどこも狭ぜましいのでこれ位ゆったりとしてるのがうらやましい。
Hh2a9048
Hh2a9050
Hh2a9052
Hh2a9058

歩いていたら気になる建物が。
原臺南測候所。日本統治時代に作られた気象観測所。
Dscn7702

隣にあるのが日本統治自体の料亭だった鶯料理。
中に入って見学もできます。
Hh2a9065

そのまたお隣が天壇という廟があります。
Hh2a9069

次に向かったのが担仔麺の有名店の度小月。
担仔麺は麺に肉そぼろ、海老の乗った小さな器の麺料理。小吃の代表格のような料理なのでいっぱいで満腹になるようなサイズではないです。
お店でニンニクを入れるか聞かれますが勿論いれます。ニンニクが効いて美味しいです。
Hh2a9075

度小月の並びには帆布のバッグの老舗の永盛帆布があります。台南市内にいくつか帆布のお店はありますが永盛帆布が評判がよかったのでこちらへ。
ここのお店には日本語の堪能なおばあちゃんがいます。私もひとつ黒い帆布のトートバッグを購入しました。
Hh2a9078

次にデザートを食べに向かっていると途中で路地裏に行ってみたいと思っていた雙全紅茶を発見。
台湾産の紅茶でメニューは一種類のみ!ニンニクくさかった口が紅茶のおかげでさっぱりしました。
Hh2a9081

西門市場に到着。市場の中にある江水號へ。
甘味屋さんで八寶氷という八種類の具がはいったスイーツが有名です。人気店なのでどんどんお客さんがやってきて注文していきます。私達もちょうどあいたカウンターに座って注文。
目の前でおじちゃんとおばちゃんが手際よくデザートをよそっていくのを見ているだけでも楽しい。
Hh2a9084

氷の下には小豆や豆や芋など台湾らしい具材が。そして変わってると思ったのがパイナップルが入っていて小豆氷なんだけど全体的にパイナップルのシロップの爽やかなさっぱりした味。
Hh2a9083

私はどちらかというと小豆でミルキーな味のこってり目が好みなので、美味しかったけどちょっと物足りないかも。
でもそんなに甘い物が得意じゃなかったり暑くてさっぱりした物が食べたい場合にはちょうどよさそう。

お腹もいっぱいになったし、午後はMさんにお勧めしてもらったマッサージ屋さんに行ってきました。
私はボディマッサージと角質とりをお願いしましたが気持ちよかったです。

マッサージの後は神農街へ行ってみようと海安路を歩いて行きました。その途中でまたデザート屋さんを発見。
Hh2a9087

食べる予定はなかったんだけど、今回台南で豆花や八寶氷は食べたけど台北で食べたようなQQ(モチモチ食感)のデザートを食べれてなくて見たら粉粿(でんぷんで出来たもちもちしたわらび餅みたいの)があったので急遽オーダー。
莊子土豆仁湯というお店で私は綜合刨冰にしたらケースの中から指さしで具を選ばせてもらえるスタイルで、小豆や粉粿・杏仁粿なんかを選びました。この杏仁粿が杏仁味のモチモチで美味しい!
Hh2a9091

甘いものがそんなに大得意ではないかいこさんも私に付き合ってオーダー。かいこさんは花生(落花生)のお粥みたいなのを頼んだんだけど、これがなかなかのもの(笑)なんというか味は千葉県でよくある味噌ピーみたいな味で結構食べにくい(笑)
Hh2a9090

莊子土豆仁湯はたまたま見つけたけど、どうやら老舗らしい。
Lちゃんたち若い女子達も後で聞いたら知ってるお店でした。招牌傳統麻糬 という柔らかいお餅が有名なようですよ。

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

台南の旅〜安平観光

次に行ったのが安平古堡。1624年に建設された台湾で一番古い城堡。
オランダが台南を首都として台湾を治めていた時の軍事要塞。

Hh2a8973


鄭成功像。鄭成功は台南の英雄でお母さんは日本人のハーフ。

この赤レンガは当時インドネシアから運ばれてきたものだそう。
Hh2a8965


Hh2a8972


Hh2a8977


塔の上に登ると台南の景色が楽しめます。
Hh2a8980


これ、魚の餌の販売機。かわいい。
Hh2a8986


Hh2a8988

次はすぐ近くにある徳記洋行と安平樹屋へ。
徳記洋行はイギリス人の貿易会社だった洋館。
Hh2a9017

徳記洋行の裏にあるのが安平樹屋。
Hh2a9016
以前は塩の倉庫だった場所が廃墟になり、ガジュマルがからまるようになって
建物と樹木が一体化してしまった観光スポット。

Hh2a8992

Hh2a8995

Hh2a8999

Hh2a9012

併設されたカフェ樹屋珈琲で休憩。
Hh2a9015


ここで蜷尾家のソフトクリームが売っていました!
かいこさんいわく成興街の
蜷尾家はいつも行列らしいのですが
こちらではそんなことはなくてすぐに買えました。

日替わりフレーバーの有名な
蜷尾家ですがこの日はマスカルポーネとキャラメルwithソルトでした。
私はキャラメルの方にしました。美味しかった!
Hh2a9009

Hh2a9010

帰り道に有名店の周氏蝦捲へ寄ってご飯。
お昼ご飯も食べてなくて、甘いものだけだったので夕方の変な時間に。
周氏蝦捲は有名だけど、店自体はファーストフード店のようにカジュアル。

奥はお店の代表的メニュー蝦捲。エビのミンチに衣をつけて揚げたもの。
スナック感覚で美味しいです。
手前は台南擔仔湯麵。擔仔麵のスープ有りバージョン。
Hh2a9023

不思議なのが蝦捲につけるタレ。
人工的な緑色のがワサビ、醤油っぽいタレもちょっと甘い。
Hh2a9022

安平グルメも満喫して、ホテルまで自転車で戻ります。
日が暮れてしまいそうだったので大急ぎ。
夜になると運転も危なさそうだし。
最初こわごわだった台南での自転車も慣れたもので近道とかみつけてぐいぐい漕いで
ちゃんと日没までにホテルまでつけました。
調べてみたら往復でこの日23キロ位漕ぎました〜(笑)
疲れたけど楽しい1日でした!

| | コメント (2)

2017年4月28日 (金)

台南の旅〜夕遊出張所


四草から安平の街へ。

安平の中心部に戻る途中に豆花の有名店の同記安平豆花があります。
Img_6485






豆花に小豆とタピオカのシンプルなもの。
Hh2a8943




小豆も甘すぎず美味しいです。
しかし食べている最中、私たちの周りから何故か蜂が離れない
席を替わってもついてくるし、お皿の蜜が気になるんだろけど他の人たちもいるのになぜ~




次に向かったのは夕遊出張所。
塩産業の盛んだった台南。日本統治時代の塩の専売局の安平支局だったのが夕遊出張所。
現在は366日誕生日のカラー塩が展示してあって、お土産用に販売もしています。






カラフルで楽しい~
Hh2a8948



Hh2a8954










塩にはそれぞれ性格診断が書いてあって、写真も自由なので家族や友達の分を写真に撮ってきました。
漢字なのでなんとなくはわかるんだけど中国語を勉強している母に訳して貰いました。
Hh2a8953







ちなみに私の誕生日の塩は薄い鶯色のような渋い色合いでした。




お土産用の塩は、ストラップみたいなものもあるし、誕生花のスタンプになっているタイプもありました。
Hh2a8946




色んな味の塩(結構変わったフレーバーもあり)を振りかけたソフトクリームなんかも食べられます。
Hh2a8961



| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

台南の旅〜四草までサイクリング

この日は、ちょっと遠出して台南の西にある安平の向こうの四草緑色隧道までサイクリング。

かいこさんも安平(アンピン。古跡やグルメスポットのある老街。台南きっての観光地)
までは自転車で行ったことがあるそうなんですが、安平よりも先にある四草緑色隧道まで行くのは初めてとの事。
四草緑色隧道はマングローブ林の中を小舟でクルーズする観光スポットです。

朝自転車で出発。
当初こわごわだった台南の街中のサイクリングも慣れたものでナビ役の私が先導するほど。
前日にC家の兄妹からスイーツ好きならここのお店へ~と情報を貰っていた愛玉屋さんへ寄ってみた。
ここの愛玉屋さんは路上販売なので特に名前とかない屋台。
一応「無名愛玉氷」の名前で地図には載ってるんですが西門路と宮後路の角らへん。

屋台だけどとっても人気店なので売切れたら御終いで、朝だけで終わってしまう事もあるらしく
午前中でも厳しいかも!?ってLちゃんに言われていたけど行ってみたらやってた!
Hh2a8899



愛玉子は台湾原産の種子からできるゼリー状のデザート。

頼むと器にちゃっちゃとよそってくれます。30元。安い!

屋台なので特にテーブルとかもなくてその場で立ち食い。
Hh2a8894



美味しい!愛玉自体にはそんなに味のあるものでないので蜜の味が決めてなんですがこの蜜がとっても美味しい!あっという間にぺろっと完食。
Hh2a8895

朝ごはんをちゃんと食べてなかったので順番が変だけど次に朝食食べに
西門路を下って行ったところにある粽屋さんの黄家肉粽へ。
Hh2a8905




粽は肉入りのものと、野菜だけのものがあってかいこさんとシェアでひとつづつ注文。

あとお味噌汁(台湾には日本式の味噌汁がある。ちょっと薄味)も注文。
Hh2a8902




野菜だけのものは野菜といっても落花生が入ってる。こちらの方があっさりめ。
Hh2a8904




肉入りの方がボリュームもあって味も濃いめ。私は肉入りのがやはり好きかな。



ご飯も食べたし本格的に四草緑色隧道までサイクリングを開始。

安平に向かって川?運河?沿いを自転車でこぎこぎ。

運河沿いは良いんだけど、台南市内とか、安平でも車通りの大きな通りだと結構排気ガスが酷い。
でも坂道ではないしお天気も良い。

安平の街中に入ってくると食べ物屋さんとかのお店が増えてくる。
ちょっと緑があるところにオナガ(タイワンオナガではなく、日本と同じ水色のオナガ)がいた。

安平を抜けて、四草大橋へ。
ここだけちょっと上り坂。橋の上には釣り人が沢山いた。何が釣れるのかな?
Dscn7625
台南でお世話になった愛車(ホテルのレンタサイクル)

Hh2a8906






橋の向こうは養殖池が広がる地域。
Img_6483




こういうところには決まって野鳥が沢山いる。

今回望遠レンズを持っていかなかったので撮れなかったけど、双眼鏡だけ持って行った。

見られた野鳥は、オウチュウやタカサゴモズ、鷺など。

上空に割と大型のトキ(ヘラサギではない)が飛んでいるのが見えた。


あと全体が白くて綺麗な猛禽類がホバリングしていたけど種類までわからず。



四草大道は通る車もトラックが多くて徒歩の人はほぼいない(自転車も)

養殖池に用がある人しかまぁこないところといった感じ。

歩道もかなりガタガタ道です。


遠くに四草緑色隧道の出発点である目印の四草大眾廟が見えました。

もう結構な距離を走ってきたので、えーまだあそこまであんなにあるの?どうする?
って話になったんですが、せっかくここまで来たしもうちょっと頑張って行こう!と続けて走る。

やっと四草大眾廟に到着。

ボート乗り場はどこかな?と近くを歩いていたおじさんに声をかけてみた。
そしたら台湾の方ではなく奈良からきた日本人でした。
おじさんは台湾が好きらしくもうずっと通っているんだとか。
「え?台南駅から自転車で来たの!?バスで来たけどそれでも結構かかったよ!」 とおじさんに驚かれました。

うん、結構遠かった。調べてみたら寄り道しながら片道12~13キロはある。
さっそくボートに乗りに行ってみましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧