2015年3月31日 (火)

PENTATONIX

暫く前からヘビロテ中のアメリカのミュージシャン。

PENTATONIX(ペンタトニックス)

アメリカのアカペラグループです。

夫から「これ凄いよ、聞いてみて」とYouTubeの動画を勧められて見たら
すっかり私の方がハマってファンになってしまいました。

その動画はこちら。


ご存知フランスのハウス/エレクトロのDaft Punkのカバーメドレー。
YouTubeで一億回以上の再生回数をほこってます。
こちらの曲で今年度のグラミー賞を受賞しました。
(Best Arrangement, Instrumental or A Cappella部門)

PENTATONIXの何が凄いかって、このDaft Punkのデジタルサウンドを
全てアカペラ、5人の声だけで表現しているところです。

PENTATONIXのメンバーは5人。
スコット・・23歳。長身の金髪。ボーカル。
カースティ・・22歳。紅一点。ボーカル。
ミッチ・・22歳。黒髪の最年少。カウンターテノールの高音が特徴。ボーカル。
アヴィ・・25歳。髭が特徴。ベース。
ケビン・・26歳。黒人のヒューマンビートボクサー。

もともとスコット、カースティ、ひとつ年下のミッチは高校時代からの友達で
3人でアカペラをやっていたけどTVのアカペラオーディション番組「ザ・シング・オフ」に出場するのに人数が足りないので
当時大学でオペラを勉強していたアヴィをスコットの友人を介してスカウト。
ケビンはもともイェール大学で東アジアを研究していて中国にも留学経験がある秀才。
しかもチェリストで入賞経験もあるという多才ぶり。
そのチェロを弾きながらボイスパーカッションをする動画を見たスコットがスカウト。
そして「ザ・シング・オフ」に出場して優勝しレコード会社と契約、デビューしました。

PENTATONIXはとにかく全員歌が上手い。
スコットはR&Bが得意でメインボーカルになる事が多い。
カースティは唯一の女性なのですが、男性に囲まれても違和感なく、女性らしいパートもいかせるし男女混合グループならではの良さ。
ミッチはもうとにかく声が綺麗!!透き通る様な高音と言うんでしょうか。
そして彼はゲイを公言しているのですが、かわいいのです。
カースティとミッチはホイッスルボイスを出す事もできます(ミッチなんて男性なのに!)
アヴィのベースは凄い。人間ってこんな低い音出せるの?ってぐらい。
特にヘッドフォンをして聞いているとアヴィの低音が響いてすごいです。
ケビンのビートボックスはこちらも人間ってこんな音出せるの?機械じゃないの?
と思ってしまいます。


PENTATONIXは殆どの曲をYouTubeで聞けるのでかなり繰り返し聞いてるのですが
(勿論ハマったのでCDも購入しましたが)
私的にお気に入りの曲はこちら。

Gotyeのカバー Somebody That I Used To Know

ミッチが歌うサビ部分がもう本当に綺麗な声で。
そこにはいるアヴィの低音がまた良い。

La La Latch
Naughty Boyの「La La La」とDisclosureの「Latch」をマッシュアップ。
マッシュアップとは二つ以上の曲を混ぜ合わせたもの。
両方とも今年度グラミー最優秀新人賞に輝いたサム・スミスがゲストボーカルで参加している曲ですね。

この曲もアレンジが猛烈にうまい。
別々の曲を一曲にまとめてしまっているのにこの完成度。
La La Laの耳に残るメロディを歌うカースティ。
PVの最初と最後に一人背の小さいカースティを中心に集まってるのが何か良いですね。

カバーやマッシュアップだけでなくオリジナルの曲も作ってます。

本当にハマりすぎて熱く語ってしまいましたが、
なんだろう彼らの音楽を聴いていると耳が心地よいんですよね。
私はもともとエレクトロとか結構好きなんですが基本的に反復する音楽が好きで
彼らの音の作り方って音が重複する感じがそれに近いのかも。
特にアヴィの低音の響きがよく聞こえるのでヘッドフォンで聴くのがおすすめです。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

渋谷で世界旅行

chocolatmさん、たまみさんと久しぶりに集合。
いつも代々木コースなんだけど、今回はbunkamuraドゥマゴパリ祭に行くために渋谷で。

ドゥマゴパリ祭はe Quatorze Juillet キャトルズ・ジュイエ(7/14の意味)と呼ばれるフランス革命記念日にあわせて日本でも色々なところで開かれているパリ祭のひとつ。

カフェドゥマゴの付近でフランスの雑貨や蚤の市が開かれていました。
Img_2328



カフェではパンペルデュ(フレンチトーストみたいなものらしい)の特別メニューも。

たまたまなんですが、知り合いのミュージシャンSIESTAさんの演奏があり楽しませていただきました。
バイオリンとアコーディオンのデュオでとても素敵なんですよ。
Img_2331




ギャラリーではサヴィニャック展がやってました。
Img_2332



エディションやサインの入った作品もあって、そんなに高くなくファンの方には垂涎ものですね。

お昼は中国。雑居ビルにあるかにチャーハン屋さん。
Img_2336




その後モンベルのカフェ、スパイスマジックでチャイ。インドですね。
Img_2337




そして今度は英国風パブのHUBのハッピーアワーへ。
Img_2343




最後の夜カフェは公園通りに今年オープンした楽天カフェでラテ。日本とイタリアか。
Img_2339



楽天カフェ、店員さんも感じよくて案外良かったですよ。


chocolatmさんからはフィンランド土産のハンドソープ、マリメッコのナフキン、ムーミンの紅茶、チョコレート、
台湾のマンゴーグミ、パイナップルケーキと本当に沢山のお土産を頂きました。
Img_2341



chocolatmさんいつもありがとうね♡

| | コメント (2)

2013年5月20日 (月)

皇居散歩

よくウロウロしている神保町から今回は皇居の方へ初めて行ってみました。
武道館には学生時代行った事があるけど、その他で皇居の方へ行った事は実は今までありませんでした。

祝日ともあって、お堀のまわりはランナーでいっぱい。
北桔橋門から東御苑へ入ってみました。
Img_1727

江戸城の天守台、これも生まれて初めて見ました(笑)
Img_1731
天守台の上に登る事もできますよー

東御苑内は芝生になっていたり、色んな植物があって居心地の良い場所でした。
茶畑も!
Img_1740

一角がバラ園になっていて、美智子皇后が植えられたバラもありました。
Img_1746

Img_1744

Img_1741

東京ではこういった建造がある場所は珍しいですよね。
Img_1772
でも日本のデザインはやはりカッコいいなぁとあらためて思います。

Img_1778

お堀にコブハクチョウがいました。
Img_1777

そして日比谷方面に向かってお堀の周りを歩いていると
風に乗って歌声が聞こえてきました。
こ、この歌声はみさっちゃん(渡辺美里)だ!
何を隠そう私は小中学生の頃、彼女の大ファンでした。
当時コンサートなど行けるような年齢ではなくもっぱらCDで楽しんでいたわけですが
往年の名曲が聞こえてきてテンションがあがりまくり。
音の聞こえてくる方向からいって日比谷野音は間違いなさそう。
つい足早になって日比谷公園へ向かいます。
やはりこの日は日比谷野音でコンサートが開催されていました。
当日券があったら入りたかったのだけど、やはりソールドアウト・・。
でも野音なので見えはしないけど、音は充分堪能できるので
お外に座ってずっと聴いている事にしました。
私と同じ状況の方も多いようで、結構沢山の人が同じように聴いていました。
しかし驚きの歌唱力。いまの若い歌手の子でこんなに歌える人はいるんだろうか?
そんなに渡辺美里を知らない夫も「すごいね、CDで聴くのと全く変わらない」と言う程
音程はぶれないし、声量もあるし、「これぞ歌手!」という歌の上手さでした。
いつかちゃんとコンサート行ってみたいなぁ。

最後に嬉しいおまけ付きの皇居散歩でした。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

脳内NYトリップ

私も夫もちょうどファミコン世代。
しかし我が家は親の方針で買ってもらえなかったクチで(姉妹というのもありなくてもそんなに困らなかった)
男の子である夫は勿論子供の頃からファミコンは持っていたらしいし、うちにもwiiとPS3がある。
私は子供の頃からやり慣れていないせいかテレビゲームはしません。

そんな夫が最近やっているのがGrand Theft AutoとNBA2K13というゲーム。
このゲーム、どちらもアメリカのゲームソフト。

Grand Theft Auto(グランド・セフト・オート)というゲームは
色んな街の背景でギャング組織となんやらかんやら・・な男臭そうなゲームで。
でもその中で観戦(?)してて面白かったのがLiberty City版のもので
Liberty Cityのモデルになっている街がNYな事。
街の作りが若干端折られているものの、実在する街並が再現されていたりします。
セントラルパークの中にも入れるし、フラットアイアンビルもあるし。
名前は違うけどブルックリンもあって、プロスペクトパークの図書館(外観が素敵)を見つけた時はちょっと嬉しかった!

NBA2K13はバスケットのNBAのゲーム。
夫はもともと90代、絶頂期のNBAが好きで当時の事は結構詳しい。
うちの母もその当時NBAが好きでジェイソン・ウィリアムスとか勿論神様マイケル・ジョーダンも大好きで何故かDVD(当時はビデオか)持ってたりしてたので
私も少しなら選手名とかはわかります。
また今年夫が何故NBA熱が復活したかは、ニュージャージー・ネッツが本拠地をブルックリンへ移転したのがきっかけなのかな。
ブルックリン・ネッツになったネッツの出資者の一人がラッパーのJay-Z。
ロゴのデザインもしているそうで、それがなかなかカッコいい。グッズもカッコいいです。

先日こけら落としが行われたのがブルックリンにあるネッツの本拠地Barclays Centerバークレイズ・センター。
ブルックリンのどこらへんにあるんだろう?と調べてみたらびっくり!
以前一人で泊まっていたB&Bの目と鼻の先。
いつもその前を通っていて横の店で買い物もしたし、着工前の空き地も記憶にあります。

前に一緒に行ったときには夫はそんなに下調べしなかった(時間もなかったしね)のだけど
今になって買いたい物や、バスケも見たいし、NYもまた行きたいなーなんて言いだしてます。
次の旅の予定は他にもう決まっているけど、また行けたらなと脳内トリップです。

Jay-Zと言えばアリシア・キーズとのEmpire State of Mind

この曲聞くとNY気分があがります

| | コメント (9)

2012年8月16日 (木)

たま

この写真をみてピンときた人はきっと知ってる人(笑)
Img_5292

「神保町 顔のYシャツの前で 夜2時15分のまちあわせ〜♪」




一昨年?昨年?くらいあたり前から夫が聞き始めて
なんだか聞いているうちに耳に残って、一時期猛烈に我が家で流行っていたのが
バンドの「たま」

そうです、あのイカ天で一世風靡した「さよなら人類」の「たま」

世の中の認知的に一発屋のイメージが強いと思うし、
実際私もそういう認識だったんだけど、彼らの音楽を聴いて
そのスタイルとか、解散しても地道に音楽を続けている姿勢とか、そういうのに引きつけられました。

もともと4人グループのたまですが、ボーカルが一人なわけでなく、4人全員がボーカル。
基本的に曲を作った本人が歌も歌うという一風変わったスタイルです。
それぞれ作る曲にも声にも特徴があって、メッセージもあってなかなか面白いんです。
途中メンバーの一人が脱退して、その後3人で続けて、解散して。
でもまだ皆が地道に音楽活動を続けています。

そのたまを追ったドキュメンタリー映画「たまの映画」も去年見ました。
売れていくこと、解散、そして現在。
何か生きにくそうな人達だなぁと感じますが、でもある意味幸せだと思う。


知久さんの声って独特だなぁ
   

ちなみに顔のYシャツは神保町というより最寄りは目の前の小川町駅です。
Img_5297



| | コメント (2)

2011年8月11日 (木)

80年代ポップス

私にとって80年代後半は小学生でした。
でもその頃耳にした80年代の音楽が今でも結構好きなんです。

私が洋楽で一番最初に買ったCDがCyndi Lauper
今でもやっぱりいいなぁと思う大好きなシンガーです。声がかわいい。
シンディーは日本が好きで、東日本大震災のチャリティーも色々と行ってくれました。

True Colors
私がシンディーの曲の中で一番大切に思っている曲。
この曲ははじめに歌詞を知って、共感してCDを聴いてみた曲なんです。
まだ小学生だったけど、心に響いた。




他に80年代ガールズバンドといえばBangles

この曲も好きだった Eternal Flame

こっちもガールズバンドHeart
Alone



80年代じゃなくて90年代になっちゃってるけど、中学の頃友達の家で聴いて
メロディーが好きだと思っていた曲(歌詞はちょっと 笑)
Divinyls の I Touch Myself



最近気がついて、すっごく驚いた事だったのですが、なんと上記の4曲
曲を書いた人が同じであった。

そうか〜でもこれだけ今でも残る名曲を作ったんだから凄いよなぁ。

ちなみに私が小・中で邦楽と言えば渡辺美里が大好きでした。
今彼女みたいな歌唱力のある女性歌手っていないですよね。
そんなみさっちゃんの名曲の数々を生み出していたのが小室哲哉。
TMネットワークも好きでしたね。
あれだけ才能があって、素晴らしい曲も多いのに90年代に入って
歌唱力のない歌手に歌わせ、いつのまにかあんな事になってしまって残念です。

小室哲哉作曲のみさっちゃんの名曲。BELIEVE
「My Revolution」も「悲しいね」も小室哲哉。

大江千里作曲の曲も好きですよ。

この曲もたまに聴きたくなる。秋から冬にかけて特に。
TM NETWORK   Still love her(失われた風景)


なんか最近日本はいい曲ないなぁ。

| | コメント (2)

2009年7月 7日 (火)

インターナショナルフェスティバル2009

毎年恒例、川崎市国際交流センターのインターナショナルフェスティバル。
地元の祭の中で最も好きな行事です。

P1050132
外には色々な国の料理の屋台がでています。
ラインナップは年によってかわります。
そして今年も色々な国の料理を食べました。

P1050131
まずはインドのマンゴージュースと、韓国のチヂミ。
オモニ達が一枚一枚フライパンで焼いているので熱々もちもち、端はカリッとして美味しいです。

P1050141
ペルー屋台。
ビーフバーベキュー、ブリート、タコスを食べました。
パラペーニョのソースを入れてくれるんだけど、辛いけど美味しい。

去年までなかったフィリピン料理。
P1050136
初めて食べたパンシット・マラボンという料理。
米粉で作ってあるのかな?太めの麺で茹で卵のトッピング。
色は辛そうな気がするけど、まったく辛くなくて、すごく優しい味わい。とっても美味しい。
P1050139
同じくフィリピン屋台で買ったココナッツジュース。
これは・・・・・不味い。何とも言えぬ味わい。
昔、横浜中華街でも生のココナッツにストロー差して飲むのが売っていて買った事があるのだけど
それも不味かったんだよねぇ。ココナッツミルクは美味しいのに何が違うのだろう。

こちらもフィリピン屋台からハロハロ(フィリピン風かき氷)
P1050155P1050164
アジアらしい極悪色なトッピング達。
赤と緑は色付けされたナタデココ。甘い豆、紫はペースト状の芋かな?
黄色い四角いのは最初パイナップルだと思っていたらサツマイモだった。
氷に上白糖をかけていたので甘いかと思ったらそうでもなく、さっぱりしていて美味しかった。
奥のはトゥロンというバナナを揚げたお菓子。懐かしい味わい。

他にも夫はブラジル料理のソーセージを挟んだパンのような物も食べていました。

交流センターの中では、外国舞踊や歌の出し物、物産店や国の案内が出ていました。
アフリカ、タンザニアを紹介しているブースがあって観光案内の冊子(英語だけど)を貰ったのだけど
アフリカへもいつか行ってみたいな〜。

ロビーでは川崎市と姉妹都市であるウーロンゴン市の留学生によるオーストラリア紹介。
P1050167
フェスティバルでは、日本のゆかた着付け体験ができるコーナーがあるので
沢山の外国の方が浴衣姿でいました。

玄関前のステージではブラジル人ミュージシャン・マルキーニョスさんの弾き語り。
ステージがはじまる前からBGMのようにポロポロとギターを弾いていて
夫と二人隣のイスに座って聴いていました。
ギターがとても綺麗な音色で、歌はボサノヴァ。
私はボサノヴァが大好き。何故かポルトガル語とかスペイン語の歌の言葉の響きが好きなんです。
マルキーニョスさんの歌声は優しく心地よく素敵なステージでした。
P1050180

今年のインターナショナルフェスティバルも堪能しました。

| | コメント (2)

2009年6月16日 (火)

kradamにはまる

アメアイ関連のネタばかり続きますが(笑)

ゲイをカムアウトしたアダムですが、アメアイを見てる時は(嫌いじゃないけどどうみても決勝にはいけそうだったので)アンチアダム派だったのですが
ここにきてちょっと気になり始めてます。

というのも大好きなクリスとやたら仲良しなんだもの。
アメリカではKrisとAdamをかけて「Kradam」なんて造語ができているくらい
クリス&アダムのコンビがメディアをにぎわせてます。

もともとアメアイの出演中は豪邸で合宿生活みたいな生活をしていた彼らですが
クリスとアダムはルームメイトで、ルックスも音楽スタイルも生活環境もまったく正反対といっていいほどなのですが何故かすごく仲が良いようです。
(クリスはクリスチャン・ギター弾き語り・田舎の大学生・既婚者、アダムはユダヤ人・グラムロック・子供の頃からミュージカル俳優・ゲイとまったく正反対)
クリスとアダムはアリソンとも仲がいいみたい。
逆にダニーはアダムに対して否定的な発言をしたとか。
優しそうな顔してダニーは目が笑ってないのが気になってたんだよね~
(江原なんとかに似ていると感じたのは私だけかしら)

クリスが準決勝を前にアーカンソーの地元へ帰ったVTRで親指の爪に黒いネイルをしていて
あれ?アダムでもないのにどうしたんだ!?と思ったらアダムにされたようで。
その後アダムと準決勝でも爪の見せあいっこをこそこそしてた(笑)
読んだ記事によると、アダムが自分の親指のネイルをとって、逆にそこだけクリスには塗ってあげたらしい。

一部の腐女子が異様に盛り上がりそうな二人の関係ですが。
この映像見ちゃうと確かにアダムがかわいくなってきます(笑)

talk about you!talk adout you!



27歳のアダム、23歳のクリスが可愛くってしかたないんでしょうね。

私はとくに同性愛に偏見もないし、だからって腐女子でもないんですが。
この二人を見てると微笑ましいな~って思っちゃうんですよね。
クリスの奥さん、焼きもちやかないかな?(笑)

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

Congratulations Kris!

アメリカンアイドルシーズン8、ついにフィナーレを迎えました。

最終的に準決勝でダニーが落選し、決勝はクリスとアダム。
我が家がずっと応援しているクリスがファイナリストになり嬉しい!
特に決勝進出がかかる大一番の準決勝の二曲目でクリスが選んだ曲は
Kanye Westの「Heartless」
選曲に驚いたんだけど、HipHopの曲をクリス風にアレンジ。
それがバックバンドなしのギター1本の弾き語りで。
そのクリスの潔さと勇気に感動して終わった後思わず拍手してしまいました。
すっごく格好よかった。

著作権の関係で画面は動きませんが歌は聴けます。Heartlessライブバージョン。




ファイナルはそれぞれ3曲づつ。
これまで歌った曲でクリスが選んだのはAin't No Sunshine
さすがクリス、決勝用にアレンジを変えてきました。

ファイナルともなるともう、そこの曲の出来というよりかは今までを振り返って
どちらに投票するか、という感じですね。
優勝曲は練習するには期間がないし、めずらしくアダムが音を外すほど。
曲時代本人たちにあってるとはいえない曲調だし。

ファイナルはさすがにゲストも豪華。
私も子供の頃から好きなシンディ・ローパーがTOP4のアリソンと共演。
Time After Timeはやっぱり今聞いてもいい曲。

KISSやQUEENなどアダムにぴったりなゲストも。


そして運命の結果発表。
優勝はKris Allenでした!

でも実は・・・私は結果をしっていたのです。
日本ではFOXで放送しているのですが、本国アメリカより三週遅れの放送。
私がちょうどNYに行っている時がファイナルの週で
B&Bや、アンドリューからアメリカンアイドルの話題が出ると
「教えないで~!」と耳を塞いで情報を入れないようにしていたのですが
帰国日がばっちり結果発表の日で、油断していたら朝のTV番組でTOP2を見てしまいました。
まぁお気に入りのクリスが残っていたのでほっとしたのですが。
しかしまだツメが甘く、このブログのアクセス解析で「アメリカンアイドル 優勝者 クリス」で検索してきた人がいて途中でばれてしまいました・・・
それからは夫に結果を隠し続け無事やっとネタバレできました(笑)
来年からはもっと気をつけないと~


準優勝のアダム。
あの濃すぎるキャラと音楽性で嫌いではないけどとくに応援していなかったけど
(というよりプロっぽすぎてわざわざアメアイで応援したいタイプではない)
彼はまぁ優勝できなくても必ずデビューできるであろうカリスマ性があると思ってたら
ええ~!ゲイをカミングアウトですかい!?
クリスの優勝をネタバレによって驚けなかった分こっちで驚きました。
予選中からネット上で元ボーイフレンドとのキス写真が流失していて沈黙をしていたらしいのですが
シーズンが終了してこのたび雑誌でカミングアウトしたそうです。
もともと隠すつもりもなかったようで堂々としています。
流し目怖いよ!と思っていたアダムですがちょっと高感度があがりました。
と、いうよりもアダムって周囲からの評価とかが先走りすぎて
コンテスタントの皆とも仲がいいし、本人はいたっていい奴そうなんですよね。
実はクリスの事も好みだったようで(笑)彼は奥さんもいるし、ストレートだから・・って言ってたみたいで。
アダムはファイナルでも共演したQUEENに加入の噂もあるみたいだけど
フレディ・マーキューリーの後継者には最適かも。
しかしゲイだったか~目をハートマークlovelyにしていたポーラ、残念だったね(笑)


クリスのアルバム出たら絶対買う!と意気込んでます。
優しい声なので、耳に心地よくって大好きです。
笑いながら楽しそうに歌う姿も、ずっと変わってほしくないな。

Krisadam
左がクリス 右がアダムです

| | コメント (0)

2009年4月30日 (木)

kris allen

以前も書いた、アメリカンアイドルシーズン8すすんでます♪

我が家のアイドル?クリスも順調に勝ち残っています。
クリスはいいパフォーマンスを続けてますね〜
ギターも、そしてピアノの弾き語りも出来るとは。
スタイルも、楽器を使わず座って落ち着いて聞かせたり、ギター片手にソウルフルに歌ったりと
毎回変化をつけていて飽きないし、成長ぶりが手にとれます。
彼は他のコンテスタンツより歌い手だけではなく、音楽家としてセンスがあると思います。
興味のあるかたはyoutubeでkris allenで検索してみてくださいね♪
ルックスも物凄くキュートですheart
若いのにこれまた可愛いブロンドの奥さんがいるのですが、きっと心配だろうな〜

Krisallen

前回はミーガンが落選でしたdown
彼女は賛否両論あるようですが、私は結構好きだった。
でも歌い方がいつも一緒だったからちょっと飽きちゃったかな・・
ルックスは綺麗で個性的だし、あのタトゥーも私は割と好きでした。
オシャレだし、ヘアスタイルもメイクもいつも可愛くてファッションアイコンとしてはバッチリなタイプ。
別の分野でも頑張って活躍できるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧