2017年7月27日 (木)

韓国ドラマ

今年の韓国旅行から帰ってきてから見始めた韓国ドラマ。すっかりハマってしまいました。
今まで韓国映画は好きでサスペンスとかバイオレンス物を中心に見ていて
ヒューマンやラブコメも物によっては見ていたんですが
ドラマはジャンル問わず一度も見たことがありませんでした。

実家の両親も結構前から韓ドラにハマっていて色々見ているようですし、
一緒に韓国にいったtamamiさんも以前からハマっていて旅行中もドラマで覚えた韓国語を結構使っていた位。
そんなに皆が口を揃えて面白い、ハマるというのは本当かな~?って思っていたけど
実際見始めたらまんまとハマりました(笑)

基本的にドラマでチョイスして見ているのはラブコメ。
一番初めに見たのが12年前とひと昔のドラマ「私の名前はキムサムスン」
確かにストーリーにぐいぐい引き込まれて、笑いあり、涙ありで面白かった。
あと挿入歌が良いですね。キムサムスンは特に挿入歌がいいと思う。

次に見たのが2014年放送と比較的新しい「運命のように君を愛している」
これで完全に韓ドラにハマりました(笑)
多分今までみた韓ドラで一番泣いた。泣きすぎて頭が痛くなるほど。
あと主演のチャン・ヒョクがカッコいい!すっかり彼にもハマってその後出演映画を何本か見ました。

その他も結構立て続けに見ていますが、やっぱり好みがあって
面白いのと、あんまりハマれないものもあり。
グループエイトという制作会社の「宮」「イタズラなkiss」はあんまり演出が好みじゃなかった。
だから結構とばして見た感じ。「美男ですね」もとばしとばしかな。
でも「宮」のチュ・ジフンはカッコよくて好きな俳優さん。
彼も映画に何本か出ているのでその後映画を見ましたが背が高くて色気がある俳優さん。

これは面白い!というのは上記の「運命のように君を愛している」と
「君の声が聞こえる」「イニョン王妃の男」「応答せよ1997」かな。

「君の声が聞こえる」はラブコメだけでなくサスペンス要素の濃いストーリーなんだけど
話がすごく面白くて第一話からぐいぐい引き込まれた。
これは韓国映画のサスペンス好きの人にもお勧めできるドラマだと思う。
出ている俳優さんのキャラクターも立っていて魅力的な人物ばかり。

「イニョン王妃の男」は韓国ドラマによくあるマクチャンドラマの展開もあるんだけど
(マクチャンドラマ 記憶喪失、事故、出生の秘密とかありえない展開)
主演のユ・インナが可愛い(彼女も整形だろうけどスタイルと声が女性らしくて可愛い)
のとストーリー展開が最後まで飽きさせない作りで面白かった。
韓国ドラマにしては珍しく積極的な肉食女子なのも良かった。


「応答せよ1997」はドラマのスタッフではなくバラエティーのスタッフ制作のドラマ。
当時無名の俳優ばかり起用したけど、社会現象になるほどヒットしたドラマ。
主人公たちが大人になった2012年と高校時代の1997年~を行き来しながら話が展開します。
このドラマは珍しくマクチャンドラマの設定は全然なくて
普通の高校生の日常とラブコメの話なので落ち着いた感じで見られます。
日本でも韓ドラがリメイクされたりしてるけど、応答せよをリメイクしたらちょっと見たいかも。
その当時(この場合1997年)に流行した音楽やアイテム(たまごっち)などが出てきて
郷愁を感じさせたのもヒットした要因だったので、日本だったら音楽も小室プロデュース全盛期だったり
韓国と同じくポケベルから携帯電話に意向する時期だったり面白いと思う。

「応答せよ~」も「イニョン王妃の男」もケーブルテレビ局TvNの制作。
韓国はテレビドラマのR指定が結構厳しくて、規制があるらしくラブシーンも規制があるんだけど
ケーブルテレビはその辺がちょっとゆるいらしく大人が見ても違和感ないラブシーンもあります。
映画は規制がないのでかなりラブシーンもハードですけどね。

その他次点としては「シークレットガーデン」「個人の趣向」「主君の太陽」「魔女の恋愛」あたりかな。

韓国ドラマあるあるだけど、女優さんたちの整形がえげつない。
特に年配の女優さん。ナチュラルにお年を召した顔だちの方が皆無(笑)
中には子役出身だったりナチュラルに綺麗な若手の女優さんもいますが。
男性の俳優さんたちはみんな背が高くてスタイルが良い!
ここが日本女性が韓ドラにハマる要素としてはあると思う。日本のドラマに出てる俳優さん
ジャ○ーズを筆頭にみんな背が低すぎ・・・
俳優さんの方が整形率は低いのですが、私は韓国の俳優さんだとさっぱり目の顔の方が好み。
友達にお勧めされたドラマでも、女優さん・俳優さんの顔が苦手だと見る気がおきず。
あと、見始めた当初は「この人そんなカッコよくないけど主演なの?」って思ってた俳優さんが
だんだんカッコよく見えてくるのも韓ドラあるある。

今のところ俳優さんだとチャン・ヒョクとチュ・ジフンが好みです。
「魔女の恋愛」に出ていたパク・ソジュンも可愛い感じでよかった。
「応答せよ1997」のソ・イングクは別に好みではないけど嫌いな感じじゃないです。
「君の声が聞こえる」イ・ジョンソクは鼻が猛烈に苦手な顔なんだけど見慣れた(笑)

ドラマはほどんとdtvで見ています。配信系だと多分dtvが一番韓国ドラマのラインナップが多い。
Huluはアップデートしてから起動が酷すぎるし、日テレに買収されてから内容もひどくなったので
近日中に解約予定です。
ほんと、ここまで自分が韓国ドラマにハマるとは思いませんでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

穴八幡宮一陽来復

Tamamiさんに誘われて早稲田にある穴八幡宮に行ってきました。
なんでも、冬至から節分の間にしか配られないお札を貰うと金運の御利益があるんだとか。

冬至の日は大混雑だよーと聞いていたけど、その後の三連休の日もついたら境内の外まで列ができていました。
でもお喋りしながら待っていたし、お天気がよくて暖かい日だったので辛くはなかったです。
境内の中はロープで仕切ってあって誘導されるようになっています。

売り場も大混雑。



壁に貼る用のお札と、お財布に入れる懐中お守りを買いました。
この壁に貼る用のお札は普通の板状のものではなく筒状のちょっと変わった形をしています。
冬至の日と、大晦日、節分の日の夜中12時にその年の恵方に貼るのがいいんだとか。







境内には沢山の露店がでていました。
干し芋とか、金柑とか売っている物のラインナップが普通の縁日よりもちょっと古めかしいお店が多くて逆に面白かった。

なんだかこのお好み焼きの卵がつやつやでやたらに美味しそう。



ちょうどこの数日後に行きつけのイタリアンレストランに行ったら一陽来復のお札が貼ってありました。
いつも行ってるのに初めて気がついた。
シェフに聞いたら穴八幡宮に貰いに行ってるそうです。

穴八幡宮、初めて来たけど楽しかったです。
金運の御利益あるといいなー



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

深夜寄席

新宿で買い物をして三丁目の焼き鳥屋で夕飯を食べ終わり
辺りをブラブラしていて新宿末廣亭の前を通りかかったら列ができていた。
看板を見たらあと数十分で寄席が始まる様子。
21時半から23時までの深夜寄席で木戸銭はなんと500円。
面白そうなので見てみることに。








実は以前から落語に興味はありました。
新宿末廣亭の前は何度も通りかかった事はあっていつか来てみたいと思っていたし、
前にテレビで「夢金」という演目をたまたま見てすごく面白くて引き込まれて、噺を聞いているだけでも情景が浮かぶのがすごいなぁと。
でもなかなか自分でチケットを買って行く機会もなくて。

列にしばらく並んでから入場。
初めてなのでワクワク。中は撮影禁止なので写真はないですが、ミニシアターぐらいの大きさです。
最初のほうに並んでいたので、一番前の席に座れました!
ぞくぞくとお客さんが入ってきて桟敷席までいっぱいで満席の様子でした。

深夜寄席は真打ではない二つ目の方達が出演。だからこその金額設定なのもあるんでしょうね。

この日の出演者は
橘ノ円満さん、瀧川鯉斗さん、神田蘭さん、春風亭昇也さんの4名でした。

橘ノ円満さんは来年真打になるそうで、流石に上手でした〜
恰幅の良い着物姿も落語家さん!という感じで聞いていても情景がみえる落語でした。
瀧川鯉斗さんはこんな落語家さんがいるんだとビックリしたんですが今風の長身イケメンさんでした。ちょっと噺を急ぎすぎてる感はありましたが、きっと修業を重ねていくんでしょうね。
神田蘭さんは唯一の女性で講談師さん。
面白かった!観客との掛け合いも見事で終始笑いがとまりませんでした。
春風亭昇也さんは春風亭昇太さんのお弟子さん。師弟ってなんとなく雰囲気も似るんですね。
マクラも面白くて、落語も上手だった。
演目「寄合酒」で味噌ととあるものを確認する所で本当じゃないのについ顔をしかめてしまって、それだけ臨場感があって本当ぽいからなんだと自分でもびっくりしました。

それと驚いたのが列の整理をしていてチケットを売っていた女性は神田蘭さんだったこと。
落語家さんたちが直接チケットもぎりから受付、運営まで自分達でやっていました。

これだけ楽しめてワンコインなんて凄い!
もうちょっと高くてもいいような気が。
また機会があったらきっと行くと思う。
名人と呼ばれるような方達の落語はもっとすごいのか見にも行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

Sachiko会2015@東京ドーム

NY在住のさちこさん&アンドリューが里帰りで東京にも数日滞在するのでまた皆で集まりました。

さちこさん達に会うのは去年の秋に会って以来だから9ヶ月ぶり。
でも帰国の際には必ず会ってるのでなんだかんだ1年に1回か2回は会ってる!

去年の春アンドリューだけ来日した時にも一緒に野球を見にいったけど
今回もアンドリューの希望で野球を見に行くことに。
アンドリューはヤクルトファンなのだけど(NYでもヤンキースではなくメッツファンなので、大きい球団つまり巨人はアンチらしい笑)
今回はスケジュール的に東京ドームで巨人VS中日戦を見に行く事になりました。

水道橋で待ち合わせ。
久しぶりの2人とハグハグ。
アンドリュー、アンチ巨人なのにちゃんとジャイアンツカラーのオレンジのポロシャツ着てた!(笑)
巨人ファンのMさんはジャイアンツTシャツ。
あれ?私だけ中日カラーのブルーのTシャツだ(笑)
サッカーほど関係ないのかと思ったけど結構みんなチームカラー着てるんですね。

野球の前にベースボールカフェで休憩。
MLBの物が沢山飾ってあって野球好きにはたまらないでしょうね。

東京ドームで野球見るなんて小学生の頃一回来たきり。昔はビッグエッグって言いましたよね?
長嶋ゲート



ドームはこの猛暑でも涼しくて良いですねー
途中から仕事帰りのたまみさんも合流。



試合は結構淡々としてなかなか点数が入らない。
と思ったら中日にホームランを打たれ失点。
でも巨人も阿部のホームランも出て追いついた。



と思ったらまた失点。Mさん曰くあんまり調子よくないんだそう。
この分だとそうそうと負けて試合が終わっちゃうなーと思っていたところで
9回裏、巨人の攻撃でフォアボールやヒットを繋いでワンアウト満塁のチャンス!
続けざまにヒットが出てなんと逆転サヨナラ勝ちでしたー!
あんまり野球は見ないけどちょっと鳥肌たつぐらい興奮して面白かった!
個人的にはスピード感のあるサッカーの方がやっぱり好きなのだけどスポーツは何でも面白いですね^_^

試合後にchocolatmさんも合流して皆で居酒屋さんへ。
とにかく皆よく喋るなー(笑)もうほんと皆を見てるだけで面白い。
さちこさんが気が合いそうだと集めた仲間達なんですが個性的な面々が集まったもんだ(笑)
でも気があう仲間と集まる時間は本当に楽しい!
アンドリューからは英語のスラングや慣用句を教えてもらったり。
アンドリューと会話できるように英語話せるようにならなきゃなぁ。
中学生英語から勉強しなきゃsweat02

時間を忘れて喋っていたら終電ギリギリに!
皆で駅まで猛ダッシュ>_<なんとか間に合いました。

皆から貰ったお土産沢山。



さちこさんから超BIGでアメリカンなクッキーとマシュマロ。
chocolatmさんからは台湾のお茶とグミ、沖縄のコンビーフハッシュ。
コンビーフハッシュ便利で好き♫
オランダ、ベルギー、パリに2週間いってたたまみさんからは美味しいと噂で食べてみたかったフロランタンや、メダイユ、エコバッグ(鳥柄♫)香水にドレッシングと沢山頂いちゃいました。
皆さんありがとうheart04

本当に楽しい1日でした🎵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

アンズ茸

銀座三越の催事場でイタリアフェアがやっていました。
催事場とかデパ地下って楽しいですよねー
Img_2806

キノコを売っているお店があったので覗いたら
ずっと食べたいと思っていたアンズ茸を発見!!!
Img_2805

アンズ茸は夫が前にドイツに行った時に食べて
その美味しさに感動して何度も話に聞いていたので
一昨年ミュンヘンに行った時食べたかったのですがいかんせん季節のものなのでなくて、
乾燥の物はマーケットで買ったのですが、ちょっとクセもあって好みではありませんでした。
今回フレッシュのアンズ茸(イタリア産)を見つけて嬉しい!
ちょっとお高めですがせっかくなので200g買う事にしました。

Img_2808
生のアンズ茸の香りを嗅いでみたら、金木犀のような香りがしました!
一般的にはアプリコットのような香りからアンズ茸と呼ばれているようです。

お肉や卵との相性が良いようなので、ポークソテーに添えてみました。
Img_2809
美味しい!!
生の時香ったような花の香りはしませんでしたが
兎に角コクがあって味はとっても美味しかったです。

日本でもアンズ茸(小型で香りは薄いらしい)は沢山採れるらしいのですが
日本の調味料(醤油や味噌)とあまり味が合わない為か普及していないらしいです。
あと放射線物質をとりこみやすい性質があるのも理由かもしれません。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

Breaking Bad

ちょっと前にハマリにハマって短期間で一気に全シーズン見てしまった海外ドラマ。

Breaking Bad
Breakingbad

ブレキング・バッドとはスラングで「道を踏み外す」とかそういう意味。

主人公ははニューメキシコ州・アルバカーキで化学の高校教師をしているウォルター・ホワイト。
もともとは研究所を立ち上げた程の優秀な科学者。
身重の妻と、脳性まひで障害のある高校生の長男と三人暮らし。
地味に真面目に生きてきたウォルターが50歳で末期の肺がんに侵される。
アメリカの医療制度はよく言われるように自己負担ですごくお金がかかってしまうし、
高校の先生といえども給料は安く、洗車場でアルバイトしないといけないほど。
息子とこれから生まれてくる子供の為にお金を残したい。
そこでウォルターが始めたのが、麻薬の密造。

ウォルターの妻スカイラーには妹マリーがいて、その夫であるハンクは麻薬捜査官。
ハンクらが押収した麻薬がらみの大金の映像を見て驚くウォルター。
ウォルターはハンクの捜査現場に同行させてもらい、そこで自分の元生徒である
ジェシー・ピンクマンが麻薬製造にかかわっているのを偶然目撃する。

そこでウォルターは大金を稼ぐ為に、ジェシーを誘い覚せい剤の一種であるメタンフェタミンを製造する。
結晶学が優秀だったウォルターのつくるメタンフェタミンは青色からブルーメスと呼ばれ
他の者では作ることができない純度の高いもの。
当初の思惑とは裏腹に麻薬カルテルが関わってきたりどんどんと深みにはまっていく。


ウォルターがどんどんと別人になっていく様子がすごいドラマ。

以下ネタバレあり

続きを読む "Breaking Bad"

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

pizzaを焼く

大雪に見舞われた週末、家に引き蘢っていたので夫と2人でピザ作り。

生地をこねこね。
Img_9248


発酵したらふくらんだ!赤ちゃんの肌みたいで気持ちいい〜
Img_9255


トマトソース作成。
Img_9252


トッピングはチーズ、ソーセージ、ブラウンマッシュルーム、ピーマン。
Img_9265


焼けたー!
Img_9270


フレッシュバジルを乗っけていただきます!
Img_9272


美味しく出来ました!
宅配ピザは儲かるってよく言うけど、確かに原価は安くすむなぁと思いました。
自分で作った方が格段に安くできる。
強力粉だけでつくったらふんわりして美味しかったけどもう少しクリスピーでもいいなと思ったので次は薄力粉も混ぜてみよう。
他のパンにも色々チャレンジしてみたくなりました。

| | コメント (2)

2014年1月 9日 (木)

Cookie Time

原宿から千駄ヶ谷方面に行く用事があったので竹下口の方から歩いて行ったら
先日ちょっと話を聞いていたお店がちょうどありました。

Cookie Timeというニュージーランド発のクッキー屋さん。本国ニュージーランドでは小包装クッキーのシェアなんと70%を占めているのだとか。
この原宿店は年末にオープンしたばかりで日本1号店。

店内はパッケージされたクッキーと、その場で焼いているクッキーと販売されていました。

コーヒーと焼きたてクッキーのセットがあったので注文したんですが クッキーが選べるとの事で選んだら「すみません、いま一種類しかありません」とのこと。 なのでその一種類を選んだら「すみません焼き上がりまで時間がかかります」 と言うので、今度はセットでない別のクッキーとコーヒーを頼んだら 「コーヒーができるまで時間がかかります」と・・・ 結局何度もお金のやりとりをしたので、おつりがあってるのかもわからなくなる中、 コーヒーは買わずにクッキー一枚買いました。



クッキーは普通に美味しかったですが、スタッフがかなり不慣れでしたねー
そしてあせる日本人スタッフさんと、マイペースな白人さんのスタッフさんの温度差(笑)
まだ開店したばかりで仕方ないのでしょうね、落ち着いた頃にまた行ってもいいかな。

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

東京ディズニーシー

急に思い立ってディズニーシーに行ってきました。
ディズニーシーに行くのは初めてです。

夫とは15年前にディズニーランドに行ったきり。
その次は5年ほど前に友達と一回ディズニーランドへ行っただけなので
十代の頃はたびたび行っていましたが大人になってからはすっかり御無沙汰です。

このリゾートラインっていう電車も初めて乗りました。
Img_0746

ちょうど夏祭りとハロウィンのイベントの間で何もイベントがない時期だったので
土曜日だけど、異常なほどの混雑という感じではなかったのかな?
でもついた十時半の時点でトイストーリーマニアのみファストパスが締め切り。
トイストーリーマニアは平均2時間待ちだったので断念しました。

センターオブジアースのファストパスを取って、
50分待ちだったタワーオブテラーに並びました。
Img_0753

Img_0751

ディズニーランドってこういう細部の装飾を見るのが楽しいですよね。
大人になってしまうと、どんな建材で作られているのとか、そういう夢のない所に目がいってしまうんですが(笑)

そして、タワーオブテラーの感想ですが・・・
怖かった~(TωT)
予備知識があまりなく乗ったので、窓がぱかっと空いてから落ちるのは知ってたんですが
フリーフォールのように落ちるのは一回だけだと思っていたので
何回も上下するのに驚き、正直ギャーっとなるほど怖かった・・・
私結構、ジェットコースターとか平気なタイプだと思ってたし、
ディズニーランドの絶叫系アトラクションはどれも楽しめるので甘く見てました。

ディズニーシーは初めて行きましたが、ランドともまた雰囲気が違いますね。
ターゲットが大人向けなんでしょうね。

ハロウィンイベントはまだ始まっていませんでしたが、装飾や食べ物なんかはすでに
ハロウィン仕様になってました。
Img_0747

Img_0779

Img_0775

Img_0781

Img_0760

メンテナンス中だった海底2万マイルとトイストーリーマニア以外の
ファストパスが使えるアトラクションと、大多数のアトラクションには乗れました。
ファストパスが使えるものは効率よく使ったのでほぼ待ち時間なしですいすいでした。

みんなそれなりに楽しかったは楽しかったのですが、全体的に物足りない感が(タワテラ除く)
何かどれも「あれ?もう終わっちゃったの?」という感じで時間が短く感じました。
演出面ももう少し工夫が欲しいなーって物が多くて、
とくに映画のインディージョーンズが好きだった夫は
「演出がしょぼい!」と憤慨してました。確かにもうちょっと工夫できそうですよね。
こんなにアトラクションの時間が短く感じたのは自分が大人になったから?
でもランドの方はもうちょっと満足感があったはず・・・と調べてみたら

似たようなアトラクションで比較すると
(ランド)ビックサンダーマウンテン4分 (シー)レイジングスピリッツ1分30秒
これだけでも大分差がありますよね。
他でも比べてみるとシーは3~4分で終わってしまうものが多い感じがします。
ランドの方はホーンテッドマンションにしてももうちょっと長めのライドを楽しめるアトラクションが多いですよね。

でもやはり大人向けなのか、船で周遊したりするのはのんびり気持ちよかったですよ。

昼食はヴォルケイニアレストランで中華、夜はあまりお腹がすいてなかたので
マゼランズラウンジで軽くカクテルと、ハムやチーズの盛り合わせをつまみました。
シーはお酒が飲めるのも大人向けですよね。
マゼランズはお酒の値段もそんなに高くなかったし、
子供もいなくてゆったりできてすごく良かったです。

結局閉園時間の22時すぎまでがっつり遊び倒しました。
日曜の方が空いているらしいのですが、土曜日でもそこまででもなかったので
次の日の事を考えると土曜日にいって正解でした。
イベントにこだわらなければイベントの間の期間はいいかもしれませんね。
そうはいっても、もう結構ハロウィンの飾りもされてましたし。

またディズニーランドにも行きたいな~

Img_0774

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

多摩川花火大会

毎年、川崎市側と世田谷区側、二カ所同時に開催される多摩川花火大会。
一昨年まで毎年、川崎側の河川敷まで見に行ってました。
電車でいかなければ行けない花火大会は混雑にうんざりするので行きませんが
多摩川はうちからだと自転車でぴゅぴゅっと行けるので楽なんです。

一昨年の暮れに姉一家が我が家と同じ川崎市に引っ越してきて(区は違うけど)
姉のマンションのテラスからばっちり川崎・世田谷の両方の花火が見えるので
去年は姉の家から家族でテラスで焼き肉しながら見ました。
花火はやっぱり近くで見た方が音も迫力があって個人的には好きなんですが
今年は暑いし、各地の花火大会でゲリラ豪雨で大変な事になってるのもふまえ
また姉の家で見る事にしました。

Img_2000

父が特等席。
Img_2006

上のお家でもマンション内の子供達が集まって見ていて(時々姪も参加してた)
どちらかというと世田谷側が距離的に近いので大きく見えて迫力があるのですが
若干遠くに見えて迫力に欠ける川崎側を
皆住んでいるのが川崎市なので「川崎がんばれー!」と子供達が応援してるのが可愛かった(笑)
川崎に住んでて結構感じるんだけど、意外にみんな「川崎愛」があるんですよね〜
私もLOVE♡川崎です♪

そして驚いた事に、川崎、世田谷だけでなく遠くに神宮球場の花火大会まで見えました!

夜風にあたりながらのテラス焼き肉
Img_2016
今回はうちの実家の家族と、姉のお友達夫婦も参加でした。
食べ物持ちよりなのでまたまた豪華でした。
実家のラインナップはある程度予想できるのですが、よそのお家の味が食べられるのも楽しいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧