2018年4月27日 (金)

お弁当

ここ最近職場にお弁当を持って行ってます。
今回は3ヶ月続いてる!

以前から時々は作っていくことはあったんですが
ここ数年は回数が減ってコンビニになりがちでした。
職場近くはランチできるようなお店も少ないし。
でも毎日コンビニだと飽きるし不健康ですよね…
健康面と節約を兼ねて久しぶりにお弁当生活してみていますが
たいしたものが入っていなくてもやっぱり自分で作ったものの方が美味しい。
冷凍食品も不経済だし、基本的には買いません。
おかずを多めに作って冷凍しておいたり、前の日の晩御飯の残りだったり。

夫も今月から弁当生活。
自分だけのお弁当なら適当でもいいんだけど、やっぱり多少気を使って
飽きないようにとか、味付けを変えたり彩りとか見栄えも気にします。
お弁当グッズも色んなものが出てるんですねー可愛いピックとか、カップとか。
お弁当箱もプラスチック製の物を使っていますが、曲げわっぱもやっぱり良さそうだなーと気になります。


目下の心配ごとはこれからの季節、暖かくなってくると衛生面。
保冷バッグとか、色々対策しなきゃなーと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

Sachiko会@鎌倉

NYからさちこさんとアンドリューが来日していて
いつも東京観光なので、たまには神奈川もいいかなぁーと案内することに。

Tamamiさんは仕事で来られなかったのとchocolatmさんも約束があって
さちこさん、アンドリュー、Mさん、私の4人で鎌倉へ行く事にしました。
私は実家も神奈川寄りの東京だったり、学生時代から鎌倉・湘南あたりは馴染みがあって
個人的にもとても好きな街で思い入れもある場所なので定期的に行きます。
さちこさんは出身が石川県で鎌倉は初めて、勿論アンドリューも。
Mさんも関東でも内陸出身なので鎌倉はあまり馴染みがなくて江ノ電も未体験。

横須賀線で鎌倉まで。
途中大船で乗り換える時にホームから大船観音が見えて
さちこさんが「なんだあれは!」と写真を撮っていました。
普段当たり前に見る大船観音だけど、確かに初めて見ると異様な感じですよね(笑)

鎌倉についたら週末だったのもあり、駅のホームからして大混雑。
まだ午前中でも小町通りも人でいっぱいでした。
行きつけのお店はあったんですが
最近の週末の鎌倉はどこも人気店は行列覚悟で諦めてました。

とりあえずお茶したいとの事で、イワタコーヒーの前を通ったら並んでない!
すぐに入れてラッキーでした。しかも奥のお庭が見える席でした。

もちろんホットケーキは頼む。




小町通りをぶらぶらしながら鶴岡八幡宮まで。
来るたび大イチョウが倒れてしまったことが本当に残念な気持ちになります。
でも快晴で本当に良い天気。
鶴岡八幡宮は階段になっているので上ると見晴らしが良くて気持ちいい。
神社に来たらやっぱりおみくじ。



みんな大丈夫だっけど、凶をひいてしまった人用の箱が置いてあって、初めて見ました。

境内にしめ縄で作ったような物があったんですが、多分季節行事で使うものでしょうが、なんだろう?




源平池にはオナガガモとヒドリガモが来てました。




鶴岡八幡宮の特徴だと思うんだけど、白い鳩が沢山いる。
普通街中によくいる灰色の鳩はカワラバトという外来種なんだけど
この鶴岡八幡宮の白鳩もカワラバトの白色型なのか?




牡丹園は見なかったけど、外に置いてあった鉢をパチリ。綺麗。




その後、お昼ご飯をどこかで食べようと思って
本当はおざわで卵焼きもいいな~と思ったけど行列必須だろうから
小町通りで適当にあれこれ買い食いをすることにしました。

だんご食べたり、焼き立て煎餅食べたり、天むす食べたり、はんなりいなり食べたり。

ちょっと休憩で久しぶりにミルクホールに行ったら喫煙室なら入れたので
スモーカーはいないけど、仕方なく喫煙席へ。
チーズケーキのワインソースっていうのを頼んでみたら意外なものが出てきた。
とろっとしたソースがかかっているものと思い込んでたら
ワインの汁にチーズケーキが浸ってるタイプだった。




お次は江ノ電に乗って長谷まで。
江ノ電も久しぶりに乗る。狭い路地を走る電車がいつ乗ってもちょっと楽しい。
昔は木の床の車両があった覚えがある。
長谷で降りて大仏様を見に行く。
高徳院に大仏を見に行くのは小学校以来な気がする・・・




胎内拝観できるとの事で、清水寺みたいな真っ暗闇を行く胎内めぐりかと思ったら
普通に大仏様の空洞になってる内部を見られるというものでした。

また江ノ電に乗って今度は江の島方面へ。
ちょうど夕方だったので途中で車窓から海が見えてきたら夕陽がばっちり見えて
さちこさんも動画を撮ったりできたのでよかった~

江の島についたら、もう日が暮れそう!
いそげ~って皆で海までの道を走る(笑)

そしたらちょうどバッチリ!真鶴方面に落ちていく夕陽と素晴らしく綺麗に富士山が見えました。
アンドリューとさちこさんもこの風景にはすごく喜んでくれて良かったです。




東京・神奈川住みだと富士山は身近で、でも富士山が見えると無条件で嬉しくなる。
この日は快晴だったので、本当に綺麗に富士山が見えました。

みんなでこの素晴らしい風景を眺めていたら、堤防で釣りをしていた人が何か釣れた模様。
にょろにょろしていたので穴子かも!?と見せて貰いにいったら
釣り人さん達がなにやら慌ててる。
「何が釣れたんですか?」って聞いたら、なんとウミヘビでした。

ウミヘビの方も必死なので網に絡み付いてなかなか外れない。
釣り人さんも噛まれないように口をペンチのようなもので抑えて網から外すのが大変そうでした。
ウミヘビって蛇?でも蛇っていうよりウツボっぽい感じ?
と思って調べてみたら、ウミヘビ科の生き物は二種類あって
爬虫類のウミヘビと、魚類ウナギ目のウミヘビがいるそうで、釣れたのは魚類のウミヘビでした。

すっかり日も暮れてしまったので江の島までは渡らず引き返して
横浜方面に夕飯を食べに行く事にしました。

長くなったのでつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

川崎競馬

お正月に駅を通りかかった時に見かけたポスター。
1/1から1/5まで川崎競馬場でレースがやっているらしい。

競馬は職場に競馬ファンが多くて、毎週のように話は聞いていたし、
勝った人がお昼を奢ってくれたりする時もあって話題的には身近でした。
でも私自身1回も競馬場に行った事もないし、馬券を買った事もない。
テレビ放送もちゃんと見た事もないし全くの初心者。

夫も初心者でしたが、お正月休みの後半予定が空いていたのもあって初めて川崎競馬に行ってみる事に。

川崎駅から無料送迎バスも出ていますが、並んでいたのもあって歩いて行ってきました。
途中堀之内あたりを抜けていったので、
やはり風俗とギャンブルはセットだな…と感じました。
勿論堀之内を抜けて行かなくても市役所通りとか国道沿いにすんなり行けますよ(笑)

川崎競馬場に到着






私全く知らなかったんですが、川崎競馬場でレースってしょっちゅうやってる訳じゃないんですね⁉︎
職場の競馬ファンにその後色々教えて貰いましたが、
競馬には中央競馬と地方競馬があって、中央競馬は主に週末にやっている大きなレース、東京だと府中競馬場。
地方競馬は主に平日に開催されていて、浦和とか船橋とか、川崎も地方競馬に含まれます。
規模が違うらしく、馬のランクなんかも中央競馬と地方競馬は違うらしい。
だから川崎競馬場は月に何日か平日に開催されているみたい。
お正月は恒例行事のようです。

競馬場ってタダで入れるんだと思っていたら違うんですね。入場券100円かかります。
でも後で気がついたら川崎競馬のWebサイトから無料入場券のクーポン見せればタダでした。

いざ入場してみて、馬券を買ってみようとしたんだけど、馬券のマークシートの書き方も、機械で買う買い方もちんぷんかんぷん。
馬券の種類もいっぱいあって何が何だかわからない。
しかもマークシートのペンも持参するものらしく置いてない。
兎に角ペンを買わなきゃいけないしと思って競馬新聞売り場?にペンも売ってたので買って、
そこのおじさんに「初心者なのですが、馬券の買い方がわからない」って聞いたら
すごーく親切に教えてくれました。
初めてならこの買い方がいいとか、マークシートの付け方とか何から何まで教えてくれて無事馬券を買うことができました。

でもどの馬が良いとかそんなのはわからないのでパドックに行って何となく良さそうだと思った馬や、目があった馬(笑)を買ってみたり。



競馬ファンがいっぱい。
主にきたない感じのおじさんが多いですが、若者のグループとか女性も結構いるし、子連れのお客さんも多いです。
中央が芝生広場になってて遊具なんかもありました。




1日に12レースあるようなんですが、10レースから12レースまで3レースやってみました。
結果的には私も夫も撃沈(笑)
馬券も単勝とかワイドで買ったんですが、惜しい!って言うのはあったんだけど外れました〜

でも馬の走る姿はカッコよくてキレイで、レースは見ると興奮しました。
最後の直線でわーッと歓声が起こって私もつい身を乗り出して○番行けー‼︎と声を張り上げてしまいました。
会場の一体感とか何かに似ていると思ったらサッカー観戦に近いものを感じましたね。




思いがけず楽しかったので、なんと翌日も行ってきました。
今度は馬券の種類もちょっと勉強して、データも見てみたり。
でも私は相変わらず目があった馬とか(笑)人気のある馬でも冒険出来ずにワイドで買ったりしたら当たっても配当低かったりして結果負けました(笑)
夫はちゃんと研究して(男の人の方がむいてるのかな)馬連とかで買っていたのでこの日は数百円ですが勝ちました。

競馬初体験だけど、かなり楽しかった。
熱中する事はないけどレジャーの一環として楽しむのはアリだなーと思いました。
お正月の恒例行事にしてもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

花園神社酉の市

この間、新宿・花園神社の酉の市に初めて行ってきた。お目当は今や他では見れない見世物小屋。
蛇を飲み込むとか、生きた鶏を食べるとか聞いてたから、怖いけど期待して行ってみた。

花園神社は靖国通りの入口からは入れなくて、明治通りの入口から。
境内は沢山の屋台が出ていて、見世物小屋は入ってすぐ左手の奥にありました。

見世物小屋は昭和‼︎な雰囲気でおばさんが入口で口上をしてる。




中に入ると、部屋が分かれてたりはしなくて一つのステージをみんなで見る感じ。
ある演目をずっとループでやっているらしく、入口から出口方面にどんどんずれて行って、ここからここまで一通り見たら出口から出て行くシステム。
だから時間とか決まってるわけじゃなくていつ入ってもOK。

演目はほぼ今は人間な人魚のお姉さんの鱗プレゼントとか、
お姉さん達の箱抜け芸とか、生首少女とか。
ここでも口上の話術が巧みで面白いです。
1番の見せ場は火炎放射器女。蝋を口の中に垂らしてそれを火に一気に吹きかけて火炎放射器状態。これはなかなか凄かったです。
全体的に見世物小屋というより、演芸的な要素の強いステージという感じでした。
期待した蛇女さんとかは引退されたらしく見れなかった。想像したよりだいぶライトな演目でした。


そしたらなんと職場の姐さんが新宿出身なので、子供の頃毎年酉の市に家族で行っていて、
その時代の見世物小屋はもっとおどろおどろしい横溝正史みたいな世界観で妖しげで、何故か家族の中でお母さんだけが入りたがって、お父さんと娘で止めるという構図だったらしい(笑)
入口もこんな可愛らしい感じではなくて、字も絵も怖いし、中もいかがわしそうな雰囲気だったとか。

それこそ昔の見世物小屋って、特殊な体質だったりそういう人達を見せたりしてたんだもんね。今や人権侵害になっちゃう。

でも演目はライトだったけど、あの昭和感満載なステージとか音楽とかああいうのは文化として無くなってほしくないなぁ。




酉の市といえば熊手ですよね。
お商売をしてる人達なのか、大きな熊手を買って行っている方々も。
上記の姐さんのご実家もお商売をしていたので毎年買っていたようです。
毎年大きさを大きくしなきゃいけないと聞いたので姐さんに聞いたらそんな事はしてなくて毎年同じ大きさだったけど、飾りをその場で増やして貰ったりするらしい。



週末だったので参拝客も沢山で、食べ物の屋台も沢山出ていました。場所柄外国人も多いですね。
でもやっぱりお祭りはいくつになっても楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

穴八幡宮一陽来復

Tamamiさんに誘われて早稲田にある穴八幡宮に行ってきました。
なんでも、冬至から節分の間にしか配られないお札を貰うと金運の御利益があるんだとか。

冬至の日は大混雑だよーと聞いていたけど、その後の三連休の日もついたら境内の外まで列ができていました。
でもお喋りしながら待っていたし、お天気がよくて暖かい日だったので辛くはなかったです。
境内の中はロープで仕切ってあって誘導されるようになっています。

売り場も大混雑。



壁に貼る用のお札と、お財布に入れる懐中お守りを買いました。
この壁に貼る用のお札は普通の板状のものではなく筒状のちょっと変わった形をしています。
冬至の日と、大晦日、節分の日の夜中12時にその年の恵方に貼るのがいいんだとか。







境内には沢山の露店がでていました。
干し芋とか、金柑とか売っている物のラインナップが普通の縁日よりもちょっと古めかしいお店が多くて逆に面白かった。

なんだかこのお好み焼きの卵がつやつやでやたらに美味しそう。



ちょうどこの数日後に行きつけのイタリアンレストランに行ったら一陽来復のお札が貼ってありました。
いつも行ってるのに初めて気がついた。
シェフに聞いたら穴八幡宮に貰いに行ってるそうです。

穴八幡宮、初めて来たけど楽しかったです。
金運の御利益あるといいなー



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

深夜寄席

新宿で買い物をして三丁目の焼き鳥屋で夕飯を食べ終わり
辺りをブラブラしていて新宿末廣亭の前を通りかかったら列ができていた。
看板を見たらあと数十分で寄席が始まる様子。
21時半から23時までの深夜寄席で木戸銭はなんと500円。
面白そうなので見てみることに。








実は以前から落語に興味はありました。
新宿末廣亭の前は何度も通りかかった事はあっていつか来てみたいと思っていたし、
前にテレビで「夢金」という演目をたまたま見てすごく面白くて引き込まれて、噺を聞いているだけでも情景が浮かぶのがすごいなぁと。
でもなかなか自分でチケットを買って行く機会もなくて。

列にしばらく並んでから入場。
初めてなのでワクワク。中は撮影禁止なので写真はないですが、ミニシアターぐらいの大きさです。
最初のほうに並んでいたので、一番前の席に座れました!
ぞくぞくとお客さんが入ってきて桟敷席までいっぱいで満席の様子でした。

深夜寄席は真打ではない二つ目の方達が出演。だからこその金額設定なのもあるんでしょうね。

この日の出演者は
橘ノ円満さん、瀧川鯉斗さん、神田蘭さん、春風亭昇也さんの4名でした。

橘ノ円満さんは来年真打になるそうで、流石に上手でした〜
恰幅の良い着物姿も落語家さん!という感じで聞いていても情景がみえる落語でした。
瀧川鯉斗さんはこんな落語家さんがいるんだとビックリしたんですが今風の長身イケメンさんでした。ちょっと噺を急ぎすぎてる感はありましたが、きっと修業を重ねていくんでしょうね。
神田蘭さんは唯一の女性で講談師さん。
面白かった!観客との掛け合いも見事で終始笑いがとまりませんでした。
春風亭昇也さんは春風亭昇太さんのお弟子さん。師弟ってなんとなく雰囲気も似るんですね。
マクラも面白くて、落語も上手だった。
演目「寄合酒」で味噌ととあるものを確認する所で本当じゃないのについ顔をしかめてしまって、それだけ臨場感があって本当ぽいからなんだと自分でもびっくりしました。

それと驚いたのが列の整理をしていてチケットを売っていた女性は神田蘭さんだったこと。
落語家さんたちが直接チケットもぎりから受付、運営まで自分達でやっていました。

これだけ楽しめてワンコインなんて凄い!
もうちょっと高くてもいいような気が。
また機会があったらきっと行くと思う。
名人と呼ばれるような方達の落語はもっとすごいのか見にも行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

Sachiko会2015@東京ドーム

NY在住のさちこさん&アンドリューが里帰りで東京にも数日滞在するのでまた皆で集まりました。

さちこさん達に会うのは去年の秋に会って以来だから9ヶ月ぶり。
でも帰国の際には必ず会ってるのでなんだかんだ1年に1回か2回は会ってる!

去年の春アンドリューだけ来日した時にも一緒に野球を見にいったけど
今回もアンドリューの希望で野球を見に行くことに。
アンドリューはヤクルトファンなのだけど(NYでもヤンキースではなくメッツファンなので、大きい球団つまり巨人はアンチらしい笑)
今回はスケジュール的に東京ドームで巨人VS中日戦を見に行く事になりました。

水道橋で待ち合わせ。
久しぶりの2人とハグハグ。
アンドリュー、アンチ巨人なのにちゃんとジャイアンツカラーのオレンジのポロシャツ着てた!(笑)
巨人ファンのMさんはジャイアンツTシャツ。
あれ?私だけ中日カラーのブルーのTシャツだ(笑)
サッカーほど関係ないのかと思ったけど結構みんなチームカラー着てるんですね。

野球の前にベースボールカフェで休憩。
MLBの物が沢山飾ってあって野球好きにはたまらないでしょうね。

東京ドームで野球見るなんて小学生の頃一回来たきり。昔はビッグエッグって言いましたよね?
長嶋ゲート



ドームはこの猛暑でも涼しくて良いですねー
途中から仕事帰りのたまみさんも合流。



試合は結構淡々としてなかなか点数が入らない。
と思ったら中日にホームランを打たれ失点。
でも巨人も阿部のホームランも出て追いついた。



と思ったらまた失点。Mさん曰くあんまり調子よくないんだそう。
この分だとそうそうと負けて試合が終わっちゃうなーと思っていたところで
9回裏、巨人の攻撃でフォアボールやヒットを繋いでワンアウト満塁のチャンス!
続けざまにヒットが出てなんと逆転サヨナラ勝ちでしたー!
あんまり野球は見ないけどちょっと鳥肌たつぐらい興奮して面白かった!
個人的にはスピード感のあるサッカーの方がやっぱり好きなのだけどスポーツは何でも面白いですね^_^

試合後にchocolatmさんも合流して皆で居酒屋さんへ。
とにかく皆よく喋るなー(笑)もうほんと皆を見てるだけで面白い。
さちこさんが気が合いそうだと集めた仲間達なんですが個性的な面々が集まったもんだ(笑)
でも気があう仲間と集まる時間は本当に楽しい!
アンドリューからは英語のスラングや慣用句を教えてもらったり。
アンドリューと会話できるように英語話せるようにならなきゃなぁ。
中学生英語から勉強しなきゃsweat02

時間を忘れて喋っていたら終電ギリギリに!
皆で駅まで猛ダッシュ>_<なんとか間に合いました。

皆から貰ったお土産沢山。



さちこさんから超BIGでアメリカンなクッキーとマシュマロ。
chocolatmさんからは台湾のお茶とグミ、沖縄のコンビーフハッシュ。
コンビーフハッシュ便利で好き♫
オランダ、ベルギー、パリに2週間いってたたまみさんからは美味しいと噂で食べてみたかったフロランタンや、メダイユ、エコバッグ(鳥柄♫)香水にドレッシングと沢山頂いちゃいました。
皆さんありがとうheart04

本当に楽しい1日でした🎵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

アンズ茸

銀座三越の催事場でイタリアフェアがやっていました。
催事場とかデパ地下って楽しいですよねー
Img_2806

キノコを売っているお店があったので覗いたら
ずっと食べたいと思っていたアンズ茸を発見!!!
Img_2805

アンズ茸は夫が前にドイツに行った時に食べて
その美味しさに感動して何度も話に聞いていたので
一昨年ミュンヘンに行った時食べたかったのですがいかんせん季節のものなのでなくて、
乾燥の物はマーケットで買ったのですが、ちょっとクセもあって好みではありませんでした。
今回フレッシュのアンズ茸(イタリア産)を見つけて嬉しい!
ちょっとお高めですがせっかくなので200g買う事にしました。

Img_2808
生のアンズ茸の香りを嗅いでみたら、金木犀のような香りがしました!
一般的にはアプリコットのような香りからアンズ茸と呼ばれているようです。

お肉や卵との相性が良いようなので、ポークソテーに添えてみました。
Img_2809
美味しい!!
生の時香ったような花の香りはしませんでしたが
兎に角コクがあって味はとっても美味しかったです。

日本でもアンズ茸(小型で香りは薄いらしい)は沢山採れるらしいのですが
日本の調味料(醤油や味噌)とあまり味が合わない為か普及していないらしいです。
あと放射線物質をとりこみやすい性質があるのも理由かもしれません。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

Breaking Bad

ちょっと前にハマリにハマって短期間で一気に全シーズン見てしまった海外ドラマ。

Breaking Bad
Breakingbad

ブレキング・バッドとはスラングで「道を踏み外す」とかそういう意味。

主人公ははニューメキシコ州・アルバカーキで化学の高校教師をしているウォルター・ホワイト。
もともとは研究所を立ち上げた程の優秀な科学者。
身重の妻と、脳性まひで障害のある高校生の長男と三人暮らし。
地味に真面目に生きてきたウォルターが50歳で末期の肺がんに侵される。
アメリカの医療制度はよく言われるように自己負担ですごくお金がかかってしまうし、
高校の先生といえども給料は安く、洗車場でアルバイトしないといけないほど。
息子とこれから生まれてくる子供の為にお金を残したい。
そこでウォルターが始めたのが、麻薬の密造。

ウォルターの妻スカイラーには妹マリーがいて、その夫であるハンクは麻薬捜査官。
ハンクらが押収した麻薬がらみの大金の映像を見て驚くウォルター。
ウォルターはハンクの捜査現場に同行させてもらい、そこで自分の元生徒である
ジェシー・ピンクマンが麻薬製造にかかわっているのを偶然目撃する。

そこでウォルターは大金を稼ぐ為に、ジェシーを誘い覚せい剤の一種であるメタンフェタミンを製造する。
結晶学が優秀だったウォルターのつくるメタンフェタミンは青色からブルーメスと呼ばれ
他の者では作ることができない純度の高いもの。
当初の思惑とは裏腹に麻薬カルテルが関わってきたりどんどんと深みにはまっていく。


ウォルターがどんどんと別人になっていく様子がすごいドラマ。

以下ネタバレあり

続きを読む "Breaking Bad"

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

pizzaを焼く

大雪に見舞われた週末、家に引き蘢っていたので夫と2人でピザ作り。

生地をこねこね。
Img_9248


発酵したらふくらんだ!赤ちゃんの肌みたいで気持ちいい〜
Img_9255


トマトソース作成。
Img_9252


トッピングはチーズ、ソーセージ、ブラウンマッシュルーム、ピーマン。
Img_9265


焼けたー!
Img_9270


フレッシュバジルを乗っけていただきます!
Img_9272


美味しく出来ました!
宅配ピザは儲かるってよく言うけど、確かに原価は安くすむなぁと思いました。
自分で作った方が格段に安くできる。
強力粉だけでつくったらふんわりして美味しかったけどもう少しクリスピーでもいいなと思ったので次は薄力粉も混ぜてみよう。
他のパンにも色々チャレンジしてみたくなりました。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧