2017年4月 6日 (木)

台南の旅〜林百貨

自転車で台南の街を走り、有名スポットである林百貨へ。
Hh2a9071

林百貨は戦前、台湾を日本が統治していた時代に百貨店としてオープン。
太平洋戦争で米軍の爆撃を受け敗戦で廃業した後、事務所になったりしばらく空きビルになったりして
その後修理が行われ、2014年に再び「林百貨」として生まれ変わりました。

林百貨はMIT(メイドインタイワン)の商品を主に扱っていて
お菓子などの食品や、雑貨、ファッショングッズなどのお店です。
台南で台湾のものが買いたい!と思ったらまずここへ行けば良いと思います。

戦前の建物を改修しているので、作りがノスタルジックで素敵です。
行った日も階段のところで何かの撮影が行われていました。

Hh2a8824

Hh2a8825

お菓子などパッケージのお洒落な物も多いですし、雑貨や石鹸なども売っていました。
日本統治時代の台南の地図を使った文房具などもあり面白かったです。
日本と同じようなお店があり、地名も日本名で。
あと思いがけず日差しが強くて、自転車移動だったのもあり
私もかいこさんもmade in台南の帽子を購入しました。

エレベーターや階段を使って屋上へ登ることができます。
Hh2a8834

鳥居のあと。

Hh2a8833

太平洋戦争で爆撃された跡がそのまま残されています。
Hh2a8838

Hh2a8836

建物好きにも、お買い物好きにも楽しめる林百貨でした。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

Jean Dubost Laguiole

Jean Dubost Laguioleジャンデュボ ライヨールのナイフとフォークを買いました。
1920年創業のフランスのメーカーで、
カラフルなカラーのカトラリー。

以前雑貨屋さんの期間限定で販売されていて、欲しい!と思ったんですが
その時はカラーが選べず買わずにいて、でもずっと欲しいと思っていたら同じお店でまた期間限定で販売されていました。
またカラーを悩みました。フランスっぽいパリスレッドやパリスブルーもいいなぁ。
渋いキャビアも捨てがたい…と散々悩んで
どの食器とも合わせやすいミルクにしました。
夫はシンプルなステンレス。
ステーキナイフが以前から欲しかったので使うのが楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

道東の旅~知床窯

ちょっと前から和食器に凝っているので、旅先でも自分へのお土産に食器を買えたらと思っていたら
泊った民宿の目の前が「知床窯」という窯元さんで直営のお店も隣接していました。
Img_3787

知床窯さんは親子二代でやっている窯元さんで、現在お父様の方は益子で作陶されているそう。
現在は息子さんが知床で作陶されているそう。

お店は沢山の器があって迷ってしまいましたが、展示しているもの以外に在庫が色々あるので
欲しいタイプの器を聞くとあれこれ出してくれました。

悩んで結局5点購入しました。自宅まで配送もしてくれます。
Hh2a4735

煮物なんか入れるのによさそうな鉢。
Hh2a4746

陶器かと思ったら磁器(厳密には半磁器らしい)の花型のお皿。
軽いし使い心地良いです。
Hh2a4747

ピンクにグレーがかった銘々皿。
Hh2a4742

旅先でお買い物も楽しいし思い出になって良いですよね。

続きを読む "道東の旅~知床窯"

| | コメント (0)

2015年5月18日 (月)

蒸篭

器も凝ってるのですが、もうひとつマイブームなのが蒸篭。
以前から蒸し器は欲しくてルクルーゼのスチーマーも気になってはいたんですが
蒸し器は持っていなくて、無水鍋で代用したりする程度で。

知り合いの料理の先生をしている方から勧められて中華蒸篭を購入しました。
その方は電子レンジは持たず、御飯の温め直しも全て蒸篭でしているそう。
野菜とかすごく美味しくなると聞いて横浜中華街に買いに行きました。

中華街の調理器具の老舗、照宝。
休日なので混んでいましたが、お店のおばちゃんが色々と相談に乗ってくれました。
2人分の料理を作るのに二段は必要だし、大きすぎてもと21cmを購入。
木材は桧、杉など色々と材質があってそれに応じてお値段もまちまちなんですが
材質が変わっても蒸し上がりや強度に変わりはないと言われ、
もった時の素材感が好きな竹の高いラインの方にしました。
Hh2a3882
安い物は中板が針金でとまっていないのですが、しっかりとまっている方にしました。

蒸篭用の鍋は買わず、手持ちのルクルーゼに蒸し板を挟んでつかっています。
Hh2a3890

使い心地ですが、蒸篭すっごく良いです!
簡単だし、野菜がとにかく美味しくなる!!
野菜だけ蒸しても甘みがでて、塩とか何も付けないで食べても美味しい。
お肉やお魚と野菜を蒸して一品できるし、上下段で別の物を蒸して二品もできる。

照宝のおばちゃんに言われたように使っているのですが
蒸篭に直接食材は入れず必ず器にいれて使っています。
よく蒸篭料理で下にキャベツをひいたり直接食材が乗って出てきますが
基本的には器を使ってほしいそう。そしてなるべく蒸篭そのものも洗わないでぬれ布巾で拭く程度。洗剤を使って洗ったりしてはいけないんだそう。
なので汚れたなという時は洗っていますが、基本的には洗わず拭いてからこうやって干してます。
Hh2a3893

食卓に蒸篭そのままで出す事もできるし、簡単で美味しい料理がつくれて大満足。

| | コメント (2)

2015年5月17日 (日)

器いろいろ

最近マイブームなのが食器。特に和食器。
民芸を扱うお店や、作家ものが置いてあるお店で主に買っています。

信楽焼の作家さん、岡崎勉さんの器たち。
Hh2a3867
おおらかな器でとても使いやすいです。
左上の黒い平鉢(16cm)は大きさもちょうど良くて大活躍。
小さい片口はちょっとしたおかずをいれたり。大きい方口は姿だけでも様になりますねー

こちらはちょっと前に長年使っていた磁器の御飯茶碗を割ってしまって
同じく磁器の物を探していたんだけどピンとくるものがなくて
陶器だけどしっくりきたので選んだ飯椀。
鹿児島の龍門司焼です。
Hh2a3870

飯椀と同じお店で最近買ったのが小石原焼の小鉢。
Hh2a3873
刷毛目が小石原焼らしいです。

こちらのガラスでできた空豆の箸置き。
もう10年位前に雑貨屋さんで見かけて心惹かれたのに買わず、ずっと後悔して
やっと取り扱いのあるお店を見つけて通販したもの。
みずのみささんというガラス作家さんのものです。
Hh2a3876

うちの食器棚をみると丸い器ばかりで四角い器が少ない。
逆に姉の家ではすごく四角い器が多いんです。
食卓に並べた時四角い器も入るとアクセントになって良いなーと思って
目下四角い器を探し中。これから夏になるので磁器の砥部焼とかいいなーと探してます。

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

小田原ショートトリップ

酒匂川で探鳥した後、小田急線に数分乗って小田原まで。
小田原って今まで通り過ぎるだけで下車するのは初めてかも。

新しい駅ビルがあったりするんですね。
小田原城を横目にみつつ(わざわざ行ったりはしない)
街をちょっとぶらぶら。

その後早めに晩御飯。
小田原ではお鮨が食べたい‼︎と調べておいたお店に電話してみたら
なんせ当日なのでちょうど良い時間がいっぱいで
開店間際なら大丈夫だったので予約を入れて貰いました。

西口からすぐ近くの天史朗寿司さん。

カメラの機材の大荷物だったのですが
通されたのがカウンターでなくテーブル席だったので助かりました。

とりあえずせっかく小田原まできたので
地魚の握りを頼みました。

突き出しのめかぶ

地魚の握り
わらさ、するめ烏賊、黒鯛、鱸、鰆、しめ鯖、鯵
巻物はしらすと、烏賊と酒盗。

シャリも大きすぎず小さすぎずちょうど良い大きさで
一口で食べやすい大きさでよかった。
ネタもみんなどれも美味しい〜
ネタに合わせて塩がしてあるものや、炙ってあるものもありました。

大好物の雲丹も。幸せ。

写真には撮らなかったけど、その他に穴子と中トロも頼みました。
中トロがもう美味しくって‼︎
やっぱり回転寿しとは違うなぁ(笑)

中トロが美味しかったので、きっとネギトロも美味しいだろうと〆にネギトロ巻きを頼みましたがやっぱり美味しかった!
ネギが白ネギなんだけど辛味もないし。

私はお茶、夫は冷酒でしたがお勘定も安かったです。

美味しいお鮨を食べて上機嫌で電車の時刻まで駅周辺でお買い物。
実家に地ビールと蒲鉾を送ったりしました。

地下街のHaRuNe小田原はショップとかカフェとかがあってなかなかオシャレなお店もあります。
小田原の名産品なども買えます。

小田原・箱根の木工製品を扱っているTAKUMI館で
以前東京で見つけてお味噌汁用のお椀に買おうと思ったんだけど種類がなくて諦めた
小田原の薗部産業の「銘木椀」が沢山ありました。
銘木椀は日本の色々な木のお椀で、木の種類ごとに重みや木肌の感じが違います。
実際触ってみてどの木が良いか選びたかったので
小田原のお土産にもなるし、ちょうどよかった!
夫は重みのある楢、私はブナの葉がきれいで好きな木なので橅にしました。

翌日の朝ごはん。
銘木椀にミネストローネと、箱根ベーカリーのパン。

日帰りでも美味しい物食べて、お買い物もできて楽しい一日でした。

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水)

+の器

こちらも銀座三越の食器売り場の企画展示で見つけて気に入って買ったもの。



酒井美華さんという作家さんの器。
Img_2293




練り込みという技法で作られた陶器。
色の違う粘土を組み合わせて模様を作る技法だそうです。
カラフルな物も可愛かったのですがシックな白黒の+模様をチョイス。



作家さんの経歴を見たらもともとファッションデザインを勉強されていた方で納得。
オシャレでカワイイ器でした。



お食事というより、お菓子とかナッツとかを入れるのに使いたいです。


| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

ZARA HOME

久しぶりに青山に行ったら、表参道交差点ちかくにZARA HOMEができてた!








ららぽーと横浜に出来てたのは知っていたけど行ったことはなくて、
ドイツでは買い物したことがあったのですが
今年の4月に青山店がオープンしたようです。
ちょっと行かないだけで東京はお店が変わってるのでびっくり。

店内は結構広いです。品揃えも豊富。
値段をチェックしてみたら、やはり割高ですねー。
ドイツで買い物した物と比べてみても同じアイテムでも3倍くらいの価格でした。
セールになっているアイテムもあるのでそういうのをうまく利用するといいかもしれませんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

谷根千散歩

本駒込から谷中へ用事があったので谷根千散歩してきました。

まず本駒込で下車し、養源寺で開催されている手作り市へ。
今回はお友達のコウリンカさんが出店。
Img_1287

コウリンカさんはレース編みでアクセサリーや小物を作っています。
シルバーの糸を使ったピアスを買わせてもらいました。
Img_1289
レース網なのでとっても軽くてつけていて楽です。

雑貨だけでなく食べ物屋さんも。こちらはバケット屋さん。
Img_1288
珍しいココナッツを練り込んだバケットを買い、ベンダーのアップルジンジャーで境内でちょっと休憩。

Img_1286
こちらのお寺さん、敷地内にギャラリーが併設されてました。

団子坂を歩いて谷中方面へ。
千駄木駅までくると食べ物屋さんも増えてくるので、お昼にしました。
何となく見つけて入ったのがカウンターだけのうどん屋さん汐満。
うどん屋さんだけど、おつまみ的なメニューも結構あります。
唐揚げ。クリスピーで美味しい。
Img_1291

一番人気らしい豚カレーうどん900円。
汁はね用に紙エプロンをくれる心遣いが嬉しい。
Img_1292
うどんもしっかりコシがあって、おつゆはクリーミーなんだけどしつこくなくて美味しかった!
自分で作るカレーうどんは好きだけど、あまり蕎麦屋のは好みじゃないんだけど
こちらのカレーうどんはまた食べたくなる美味しさでした。

こちらは明治8年(1875年)創業の菊見せんべい。
Img_1293

この渋いお煎餅を入れるケースは100年物なんですって。神棚は120年と仰ってました。
Img_1294

このあたりは散歩するのは楽しいですねー
後からマップを見たら高村光太郎・智恵子邸跡もあるようなので是非行ってみたい。

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

和朗フラット

近代の洋風の古い建物が好きなんですが、
ここもすごく可愛い建物でした。

麻布台にある和朗フラット。
1936年前後に集合住宅として建てられた建物です。コロニアル風。

Img_8345

青い扉なんですが、部屋によってデザインが違います。
Img_8351

屋根のデザインも変わってます。
Img_8347

ミモザの木が植えてあるので、春になると花の黄色とドアの水色の色合わせがきっと可愛いでしょうね。

この和朗フラットは住居としても賃貸で貸し出ししていて、
ギャラリーや雑貨屋さんなどのお店も入居しています。
私は、雑貨屋さんのUGUiSU the little shoppeさんにお買い物に行ったんですが
可愛いお店でした。
以前から店主さんの個人でなさっている方ブログを拝見していて
そのセンスが好きだったので、お店に行けてよかったです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧